FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/wNYDoszOpN 藻獅子紋の入る陣羽織等も 有ると言う事だろうか
01-02 10:40

【銀閣】時代武具甲冑 高級 弓道具 鉄矢尻 朱塗 矢 四筋 青貝貼 弓 揃 旧家蔵出(MD240) https://t.co/bUTMeT8nO9 螺鈿の上に藤が巻かれる弓も 有ると言う事なのかだが
01-02 11:00

全開大珍品! 超稀少! 兜割形鎧通! 大名登録! 妖刀村正!【鎧通】 『天正元 村正作』 朱塗海老鞘巻拵え https://t.co/EOZfJ47Yd2 刃が前部しか無いのは 此れは基本的に兜割であり 裏の全体に刃を付けると 打撃した際に刃が圧縮され折れ易く成る故と言う事なのかだが
01-02 11:09

https://t.co/XNypKmEgVG 此れは三代目村正の作とすると 文亀或いは天正から大阪陣迄の実戦用兜割の可能性も有るのかだが 同様の構造で鈎が付いた物は有るのかどうかだが
01-02 11:27

Check out DEC058 JAPANESE ANTIQUE TESSEN IRON FOLDING FAN SAMURAI ARMOR YOROI https://t.co/WrYlEBmItB 原材料は鉄・シルクと有るが 骨も鉄である鉄扇と言う事なのかだが
01-02 13:29

☆調略☆佩楯    検/武具・甲冑・兜・鎧部品 https://t.co/Bo40nTHTWX 家地に鎖の有る佩楯と言うのは 戦国期には有るのかだが
01-02 13:46

17 84-238515-27 [S] 兜 武具 時代武具 重量 約1.7Kg 台座付き 甲冑 鎧 コレクション 古美術品 鹿84 https://t.co/ZvRFC7RvIf https://t.co/2wYo8kn64g 此れは左の西欧のフルール・ド・リスの頭立が有る兜と言う事なのかだが 江戸期の物では無いのかどうかだが
01-02 13:59

RT @kerpanen: 名馬に乗る戦国武者のバランス。写真の木曽馬は体高140数cm。人は身長157cm。ちょうど戦国時代の名馬と武者のバランスだ。当時の馬は体高四尺が基準で、それより一寸(ひとき)高くなるごとに「一寸の馬、二寸の馬」と呼び、140cm超の馬(五寸から六寸)…
01-02 16:10

RT @kokutenkyou: 面具の使用時期が良く分からなかったので時代別にざっくりメモ。絵巻を見ると面具を付けていない武者の割合の方が中世を通して多い。 https://t.co/LLx33fmtXA
01-02 16:15

半首が廃れた時代には 額当は此れの代用として既に出ているのかだが 後三年合戦絵の時代には未だ 半首は描かれないとしても未だ有る可能性も有るのかだが 以後の時代にも存在した可能性は有るのかだが
01-02 16:17

半首の簡易的な物として 額当が平安期にも有る可能性も有るのかだが
01-02 16:18

半首が南北朝期に突然 顎付きの鼻無し総面に代替されたのかだろうし 消えたとしても時間を掛けて消えた可能性も有るのかだが
01-02 16:21

南北朝期に絵や文献から半首が消えたとしても 頬当や総面より用いられなく成っただけで存在はしていた可能性も有るのかだが
01-02 16:24

漫画の様に半首を装備した足軽が 戦国期に大量に居る共思えないだろうが 鎌倉期の兜鉢が再利用されているなら 古い半首が少数新造はされぬ迄も再利用されていた可能性も有るだろうが 騎馬武者の装備迄は有るのかどうかだが
01-02 16:31

面頬も戦国期の北条では完備されていたかも知れぬが 下馬戦闘の多い西国では室町期には装備率は低いのかだが 太平記では乗馬戦闘が多いとしても余り装備例は無いと言う事だっただろうか
01-02 16:36

一方で応仁乱では足軽が頬当を装備している例も有るが 甲冑全体としては軽いと言う事だろうか
01-02 16:38

雑賀的な鋲や切金の入る江戸期の鉢金も有っただろうが 此れを雑賀忍者が利用していた例は有るのかどうかだが
01-02 16:56

https://t.co/sYHeUKQaSj https://t.co/cZe2jdNO1k 左の鉢金は切金や鋲は有るが 余り雑賀的では無いだろうか
01-02 17:04

109th KOGIRE-KAI Auction Catalog https://t.co/sgHV6tjAdu @issuuさんから 左は逸見義隆作と言う事は 江戸末期或いは明治期の大刀を模した薙刀と言う事なのかだが
01-02 18:12

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11025-210d9d95