FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

12/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

マンチラ *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/sngJGerJGb 小札の入る 満智羅等も有るのかだが 肩部の動作性はどうなのかだが
12-29 08:52

RT @kerpanen: 平均的な射手による弓の有効射程は50-60m。だが弓足軽は恐怖心から敵が見えた途端、とんでもない遠矢を放ち、高価な矢を無駄にする。そこで弓足軽には、まず矢が数本しか入らない靭(うつぼ)を持たせておき、矢頃になったら組頭の判断で矢箱を背負った足軽が其々…
12-29 09:10

RT @ww2doitugun: ツイートとは趣旨が異なるけど半首の紐を後ろで結んだあとに前に回して顎も留めてるな激しい動きをするからだろうか喉輪も着けてるし草摺も長めな胴だし中々装備が整っててカッコ良い https://t.co/pwS9uUXLLI
12-29 09:11

RT @kokutenkyou: @kerpanen @ww2doitugun 横からすみません。中世の絵画には半首の紐を頬の上から縛る用法は1例も見られず著名な甲冑研究家の復元も同様なので、挿絵の半首は考証の誤りと考えられます。画像について、文章は『大日本史』由来と思います…
12-29 09:13

RT @ww2doitugun: このイラスト、よく見ると空穂の取り出し口に矢羽が見えてるこれは江戸期の大名道具の絵にある矢の入れ方だろうか?だがイラストでは鏃側から引き抜いている、恐らくこれが正解このイラストが何時代のものか分からないけど、後期の矢の入れ方と本来の引き抜…
12-29 09:15

RT @kerpanen: @ww2doitugun この絵は幕末に作られた「前賢故実」のものです。「貞丈雑記」には、靭への矢のさし様として、「後三年の絵」と、「法然上人行状の絵」に、図の様な例があるとされています。色々なさし方があったんでしょうか。 https://t.c
12-29 09:15

弓・鉄砲足軽も接近戦では手持ちの矢や弾薬を恐怖心故に直ぐに連発して消費し 白兵戦に早期に移行していた可能性も有るのかだが
12-29 09:17

士鉄砲・士弓組は割にそうした事は無く 足軽が弾薬・矢を消費した後も側面から射撃を続けていた可能性も有るのかだが
12-29 09:30

半首的な鉢金は有るだろうし 幕末辺りならこうした物の紐を顎で結ぶ事は 行われていた可能性も有るのかだが
12-29 09:38

RT @kerpanen: @ww2doitugun 矢羽が下だと、かなり番えにくそうですね。その方が足軽の無駄矢を防ぐには良かったのかも。第一次大戦後、各国の陸軍が兵隊が小銃弾を浪費するのを警戒して、半自動小銃の配備に反対したようなもんですかね。
12-29 09:42

RT @ww2doitugun: @kerpanen アメリカ軍もm16をバーストに変更したりしてますもんねあと憶測ですが、矢羽がすべて上になると嵩張るから、矢羽を上下交互に入れてより多く矢を空穂内に携行する為の工夫という可能性もあるかも?
12-29 09:42

鎧 侍 ガラスケース入り 熊 耳付き 変わり兜 珍品 ケースは神奈川直接引取り限定 https://t.co/wg9NP1wz1y 此れは明確に 熊の耳が模されていると言う事なのかだが 江戸期の物なのかどうかだが
12-29 09:58

飢えた群狼に襲われた場合は 人間も少数では助からないのかだが 狼は基本的に人を襲わないとは有るが https://t.co/NFec4SvLt8 やられている例も相当数有るのかだが https://t.co/bIsssOEXY0
12-29 10:15

https://t.co/Esu4TiTJXJ >狼が凶暴というのは1匹狼の場合は確かにそうです。生きる為には凶暴にならざるを得ないのです。群れの狼は比較的穏やかな狼が多いです。   群れが飢えた状態なら 其の限りでは無いと言う事なのかだが
12-29 10:16

https://t.co/ZpsUC5ibT9 >オオカミの群れに遭遇した場合は、走ってはいけません。走ればオオカミは追いかけます。ただ立っていれば、大体オオカミは立ち去ります。それでもオオカミが立ち去らない時は、Starrは次のようなことを勧めています。
12-29 10:18

>オオカミを睨みつけない。目を合わせると敵意があると思われます。オオカミに背を向けない。追いかけられたり、横から攻撃されたりします。腕や上着やシャツを頭の上に上げて、自分を大きく見せる。オオカミに向かって、できるだけ大きな声で叫ぶ。可能であれば、石や岩をオオカミに投げつける。
12-29 10:19

>上記のことをすべてやりながら、転ばないように細心の注意を払いながら、ゆっくりと後ずさりをする。転ぶとオオカミに攻撃されます。   飢えた狼にはこうした牽制は 通用しない可能性も有るのかだが 木等を背後として 石や土を投げ 突入して来た狼は素手なら目を突くと言う様な方向なのかだが
12-29 10:24

脚で土を狼の目に飛ばしつつ 突入して来た狼の目を手で突くと言う様な方法も有るのかだが
12-29 10:26

狼の延髄や喉・頸動脈を打てば 人間同様に倒せるのかどうかだが
12-29 10:32

木の上に逃げても 狼からは果たして逃げられるのかだが  https://t.co/VuM12RkvmN 木に登っているのは狼では無いと言う意見も有るが 登れる可能性も有るのかだが
12-29 10:46

https://t.co/Zt1DIMpX8q 犬が木に登る動画は多数有るが 狼サイズの犬はどうなのかだが
12-29 10:47

https://t.co/xUmchs76yA 大型犬であるベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアも此処迄木に登れているから 同様のサイズの狼なら木の上に逃げても逃れられぬ可能性も高いのかだが 木の上の枝の上に逃げても 上方や側方の枝等から飛び付かれて包囲される危険も有るのかだが
12-29 10:58

https://t.co/62tkD8taJo 一方でこうした垂直の木の 高い所迄は登れない可能性も有るのかだが
12-29 11:08

https://t.co/JroGeJZH1f こうした垂直的な木の 熊の居る高さ迄は 狼も登れない可能性も有るのかだが
12-29 11:19

https://t.co/dsywOuiKhE 狼は泳げるが 水上の獲物は追わないと言う意見も有るが https://t.co/aaJlVw6Ke6 カナダには魚も食べる狼が居るが 通常の狼では無いと言う事なのかだが
12-29 11:33

そうした狼でさえ急な流れの場所に飛び込めば 追跡は無い可能性も有るのかだが
12-29 11:35

https://t.co/UA8r6LpfT3 狼も火が通用しない可能性も有るのかだが https://t.co/ufqzIPYrvB >色麻のあたりではな、人が亡くなって埋葬したら、埋葬したその日に墓地の手前に縄を置いて、火をつける。この縄の火はな、今は知っている人も少なくなったが、狼除けなんだよ。
12-29 12:01

松明等では無く火縄で狼が撃退出来る可能性も 有ると言う事なのかだが
12-29 12:01

https://t.co/NK5ct46yNm >クマの駆除にはたとえ銃を持っていたとしても常に危険を伴う。非常に頭のいい動物で、ハンターを待ち伏せして後ろから襲うこともあるのだそうだ。   此れは偶然後方から攻撃された訳では 無いと言う事なのかだが https://t.co/FqxPi6KLO1
12-29 15:10

https://t.co/dmWe8bYwlz こう言う傾斜の木も 猪は果たして登れないのかどうかだが 人が上に乗って目を潰したり 延髄を素手で打って倒すと言う事は出来るのかどうかだが https://t.co/P8FIY1Loh9
12-29 17:08

https://t.co/7q9nLhfWzh 体重60kg程度の猪が人に蹴られて弱った例は有るが 体重100kg超の個体相手ではどうなのかだが
12-29 17:16

https://t.co/Jr9DxFEQY7 >「イノシシを丸太でぶっ叩いて退治する農家」―そんな噂を耳にしたのですが、風岡さん、本当ですか?本当さ。捕獲したイノシシは通算10頭。去年は4頭だね。目の下あたりをねらって、丸太をフルスイング。かっ飛ばすんだ。
12-29 17:30

>ワイヤーにかみついた口は、怪物のように血だらけ。鼻で掘り上げた土埃があたりを包む。細心の注意を払って近づいてく。万一、ワイヤーが外れたらお陀仏さ。ギリギリまで来て、拾った竹で渾身の一撃をかます!・・・ビクともしない。すぐに打撃じゃ無理だと判断したね。
12-29 17:32

竹では無く金砕棒的な物なら 100kg超の猪も倒せるのかどうかだが
12-29 17:32

https://t.co/WNsB6Blpdm >猪の急所は頭と心臓と喉。じっとしてれば難しくもないが猪は素早く動き回る。硬い頭は銃以外は難しく、喉はガードが固く上から抱きついて仕留めるのも難しい。猪首は太く短く、簡単に振り落とされる。掴みどころのない鎧をまとったサイのようなものだ。
12-29 17:37

>猪と素手で挌闘せざるを得なくなった時の戦い方は・・レスリングのように「バックをとる」事であり、両後ろ脚を掴んで一輪車のように持ち上げれば勝負あり、どんな巨大な猪もどうにも動きがとれなくなる。頭に入れておけばいつか役立つかもしれないな。
12-29 17:39

>あとは、下から蹴りあげるか、ハンマー投げのように振って頭を木にぶつけて失神させるかだな。>重くてそれが出来なければ、両足を持ち上げたままシシタマ叫びに・・噛みつくメラメラしかないだろうな。タマがなければ・・ メスだったらその時はあきらめて木の上に逃げなさい。
12-29 17:41

猪も熊同様に下方向からの攻撃への防御力は低く 心臓が骨で保護されていない可能性も有るなら 持ち上げて此処を蹴るか上から手を回して打撃と言う様な方向も有るのかだが
12-29 17:42

https://t.co/DmgAIHcbLX 猪も左の様な位置に心臓が有るなら 斜め下方から打撃しても心臓はダメージを受けるのかどうかだが
12-29 17:46

https://t.co/LQ281QZCmF 猪の心臓は下端部に有るのかだが 下方から蹴ればダメージは与えられるのかどうかだが 延髄も鉄槌程度では破壊出来ない可能性も有るのかだが
12-29 17:51

小型の個体なら上に乗って最強レベルの肘打ちを延髄に連発すれば 動きは鈍る可能性は有るのかどうかだが
12-29 17:53

https://t.co/hMvBcDWhSl >猪突猛進といわれるほど運動能力が高いイノシシですが、弱点があります。それは「雪」です。イノシシは足が短いことから、雪深いところを歩くのが苦手と言われているそうです。  砂地での機動性も 高くは無いと言う事なのかだが
12-29 18:22

https://t.co/CDe9823bUX 猪は唐辛子の匂いを嫌うと有るから 唐辛子の入る戦国後期の目潰しなら効果が有ると言う事なのかだが
12-29 18:26

https://t.co/B5h3mEfXdf >イノシシが嫌がる匂いを調べてみました。すると、唐辛子、ショウガ、シソ、白ネギ、ミント、ニンニク などになり特に唐辛子は、嫌がるみたいです。
12-29 18:38

https://t.co/bjlhk51Wjx 三島村上水軍の目潰しには生姜が入るだろうし 唐辛子が入る前の目潰しも猪を撃退出来たと言う事なのかだが
12-29 18:38

技術の有る忍者なら目潰し等消費せず共 首等の動脈を刀で斬るか 重い飛び道具で切断して猪を倒せると言う事なのかだが
12-29 18:40

https://t.co/RfIqVnIUFq >仁田忠常 >《曾我物語》巻八〈富士野の狩場への事〉によって,頼朝の面前で猪に逆さまに乗ってしとめたという忠常の勇猛ぶりは知られているが,この猪は実は山神であり,そのたたりで忠常はいくほどもなく謀反の疑いをかけられ,討たれたとある。
12-29 19:11

曽我物語は鎌倉後期ー室町頃成立と有るが この間実際に猪を乗って倒した者が居た可能性も有るのかだが
12-29 19:22

https://t.co/qXvx0p4vbs https://t.co/vqR2W8o81j 鮫を現実に絞めて倒した例も有る様だが 1m以上の物では出来るのかどうかだが
12-29 19:48

https://t.co/lJYjALcQ6K >これに怒ったアレクサンドロスによってリュシマコスはライオンの檻に投げ込まれたが、リュシマコスはライオンを素手で倒し、感嘆した王に許された。このようにリュシマコスは勇猛な戦士であった[18]。  此れも事実とすれば 上に乗って延髄を打つ等したのかだが
12-29 20:26

此れは柄部分に火薬が仕込まれる クナイ型の火車剣を猪に使用したと言う事なのかだが 此処迄の爆発力は無いかも知れぬが 猪の無力化は可能と言う事なのかだが 対人用だと投げた者が爆風を避けられる遠距離では命中し難いと言う事なら 火を付けるのに使われるのが基本なのかだが https://t.co/WQs1pJT4YG
12-29 21:18

爆風を回避出来る地形の影から 焙烙玉を近い場所に投げ込み短時間で爆発させて敵を倒す様な例は 果たして有るのかだが 竹筒に詰めた散弾を大量に放つ方が 効率的な可能性も有るのかだが
12-29 22:33

“落合博満伝説”本人が真相告白 エースの決め球狙い打ち?バット0・1ミリの違いに気づいた?(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://t.co/swx1418Zop
12-29 23:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11021-3251fd1a