FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

12/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/dAAJc8sIWq >投石の話。「保元物語」には「三町礫」という名手が書かれているそうだが、投石帯を使っても射程距離は100m前後で、三町といえば約320mにもなるとか。     ギリシャの投石兵は 400m飛ばしていると言うから スリングを使えば300mは不可能でも無いだろうか
12-21 10:36

https://t.co/atql6kx4az 滝沢馬琴の椿説弓張月には 恐らく保元物語の三町礫紀平次が原型の 八町礫紀平治が出て来るが 870mは果たして飛ばせるのかだが https://t.co/XgzR9wB87i 左に800mスリングで飛ばしている例は有るが 腕力が有れば870mも飛ばせると言う事なのかだが
12-21 10:56

>琉球人の子孫で,もと豊後(ぶんご)(大分県)の猟師。石つぶてが得意で,8町以内の的ならば百発百中するところから,この名がついた。  高精度の投擲をするには 弾が整形される必要が有るかも知れぬが 小型の鉄弾が利用された例も有るだろうか
12-21 11:00

https://t.co/HNHUsYw4Sm >三方原における投石隊に関して、『信長公記』諸本では武田氏では「水役之者」と呼ばれた200 - 300人の投石部隊が礫(つぶて)を打ったと記している[7]。一方、『三河物語』でも武田氏では「郷人原(ごうにんばら)」と呼ばれた投石隊が率いられていたとしている[7]。
12-21 11:10

こうした投石部隊も 遠距離ではスリングを利用し 近距離では振飄石で高威力の石を放っていた可能性は有るのかだが 近距離で石を手投げで高速に連射していた者等は居るのかだが 技能の高い者も八町礫紀平治同様に 武士では無いと言う事なのかだが
12-21 11:14

鉄弾も包丁鉄にする前の鋳物鉄なら 大量に製造出来る可能性も有るのかだが 一部の上手い者が鉄弾を利用したと言う事なのかだが
12-21 11:26

https://t.co/PFdutaPvnO >近世江戸期の『和漢三才図会』(上・寺島良安編 東京美術)の「兵器」の項には、飛礫は「豆布天」とも記すとし、長さ5尺(150センチメートルほど)の竹の先に縄をつないだ投石器(守城用)の説明と図が見られ、近世では禁令停止されているとする。
12-21 11:46

和漢三才図会の守城用投石機は 振飄石なのかだが 攻城用や野戦でも使われた可能性は有るのかどうかだが
12-21 11:48

https://t.co/k4bhfexGhi 中国のスタッフスリング・飃石も 守城用と言う事なのかだが 余り利用されていないと言う事なのかだが
12-21 11:56

https://t.co/PyCDlR6kf2 西欧ではスタッフスリングを攻城用に利用する絵も有るし 通常のスリングさえも攻城・守城用に利用されている絵も有るだろうから 他地域でも同様だった可能性も有るのかだが
12-21 12:06

https://t.co/2gbry2HmkJ 船上から城に向けて スタッフスリングを放っている西欧の絵も有るが 船から船に対しては利用されたのかだが
12-21 12:20

https://t.co/ElE0061vmw 船から船に向けて スタッフスリングで恐らく可燃物の入った壺を放つ13世紀の絵も有るだろうし 船に向けては石では無くこうした可燃物が投げられたと言う事なのかだが
12-21 12:23

https://t.co/QAFXQuWKvr 通常のスリングが船に向けて放たれる絵も有るが 可燃物を投げているのかどうかだが
12-21 12:26

https://t.co/odbhCcLQxs 左のサンドイッチの戦いの絵では 矢にも大型の可燃物の入る壺が付いている様に見えるが 着火迄は出来るのかだが
12-21 12:31

https://t.co/q0a4B1IY7S >サンドイッチの戦い(1217年) フランス艦隊を追い払うために、ウィリアム・ダルビニー男爵率いるイギリス海軍は生石灰を使用した。フランス艦隊の風上へと移動すると、生石灰を風に撒く。フランス軍の視界はあっという間に巨大な雲によって奪われた。
12-21 12:33

サンドイッチの戦いではイギリス海軍が石灰を風上から散布したと有るし こうした目くらましをした後で可燃物を放ったのかだが
12-21 12:35

https://t.co/9JzFPsHsHE >帝政ローマのセプティミウス・セウェルスがハトラに侵攻したとき、城壁をよじ登る兵士は見たこともない兵器に遭遇した。それはテラコッタ製の壺で、中に猛毒を持つサソリやハチがうじゃうじゃいたのだ。 毒虫の入る壺が スタッフスリング等で投げられる例は有るのかだが
12-21 12:48

https://t.co/BlDeC2Nqh1 >オランダ侵略戦争で、ミュンスターの司祭だったクリストフ・ベルンハルト・ファン・ガレンは、ベラドンナを爆薬や焼夷弾に仕込んで使用した。ベラドンナは猛毒の多年草で、実に含まれているアルカロイドを吸収すると、重度のせん妄と幻覚が引き起こされる。
12-21 12:58

フローニンゲン包囲戦(1672年)では 幻覚剤が戦場で利用されたと言う事なのかだが 忍者がチョウセンアサガオ等を利用した幻覚剤を 戦場で利用した例は有るのかどうかだが
12-21 13:01

https://t.co/OH60Elhj52 >ベラドンナのトロパンアルカロイドの成分は、ヒヨスチアミンやアトロピン(l-ヒヨスチアミン )、他にノルヒヨスチアミン、スコポラミン等が含まれる。  https://t.co/nTwBYXnCS0 チョウセンアサガオもアトロピン・スコポラミン・ヒヨスチアミンが含まれる訳だろうか
12-21 13:07

https://t.co/KWcl4sBQH9 1684年迄日本にチョウセンアサガオは無い可能性も有るだろうが 此れ以前にも忍者の幻術用等で 輸入栽培された可能性は有るのかだが
12-21 13:13

https://t.co/ZX84FI3F4d >包囲がオランダの勝利に終わった上、ミュンスター軍2万4千のうち半分が死亡するという壊滅的な損害を被ってしまったためミュンスター軍は大幅に弱体化、その後数週間のうちにミュンスター軍の占領地のほとんどがオランダ軍に回復された。
12-21 13:18

ミュンスター軍が12000等もやられたのは ベラドンナの幻覚効果故なのかだが
12-21 13:19

∇花∇明珍一派の大珍品発見! 江戸後期 【明珍宗賀】作 霰百発人殺火縄式短銃 「津軽住明珍記宗賀天保十二年吉日」銘 https://t.co/XDXSa6hBjT 此れは西欧のラッパ銃の様な 散弾を放つ短筒なのかだが 戦国期にこうした物は有るのかどうかだが 馬上から散弾を放つ大型の塵砲なら有るだろうか
12-21 13:53

https://t.co/DmePZ422jA 西欧のラッパ銃は16世紀後期登場で 主に騎兵用と言うから 馬上で使う塵砲はこの影響で出て来たと言う事なのかだが
12-21 13:57

https://t.co/RLqaTLgcLD 島津軍が関ヶ原で利用したと言う塵砲が現存するが こうした物は数は有ったのかどうかだが
12-21 14:03

スリング的に放られる焙烙玉も 三島村上水軍では3-4貫(11.25ー15kg)を上限とせよと有るが https://t.co/IHjev9TMB4 ハンマー投げの男用ハンマーは7.2kg有るが 重い焙烙玉も精度を考えると 50mは飛ばしていないと言う事なのかだが
12-21 15:38

https://t.co/hwwWLK6IRf てつはうも最大10kgと有るが 4kgの物もカタパルトから射出されていたのかだが
12-21 15:42

https://t.co/L9Quepa6FC 手或いはスリングで投げる 焙烙玉に似た火毬も有る訳だろうか
12-21 15:51

RT @sakone_shogen: 大鎧姿での歩射。太刀や腰刀、兜に袖、そして鳩尾の板があるので弓を引くのも中々難しい。特に太刀の柄に弦を引っ掛けない様にするのに結構難儀する。上手く引ける姿勢を求める内、やはり以前胴丸でした時と同じく絵巻物と同じ様な姿勢になった。やっぱ…
12-21 16:21

太刀の柄が弓の弦に掛かると言う意見も有るが https://t.co/4luYdgkEOO やぶさめだと太刀を装備して弓を引き切っているし 平家物語にも兜を外して弓を深く引く描写も有るだろうが 吹返が有る状態でも 弓を顔から離して引き切る例は有る様だが 精度は低下すると言う事なのかだが
12-21 16:36

https://t.co/8bAyXR0Ido 一方で日置流だと太刀は右側に可也回されているが 此処迄回さず共弦の干渉はするのかどうかだが 余り右に回すと刀が居合抜きし難く成るかも知れぬし 刀を右に回すとしても必要最小とすると言う可能性も有るのかだが
12-21 16:58

射撃戦後長物での打物戦をやるなら弦の干渉を考慮する必要は無いだろうし この時点では刀がより左に回される例も有るのかだが
12-21 17:01

https://t.co/gK8Sc3E6Fu 本多忠勝等の肖像画だと 太刀は可也右に回るかも知れぬが この程度でも居合に影響は無いと言う事なのかだが
12-21 17:05

https://t.co/JFDeanHg7o 居合では刀は可也右に向いているだろうし 弦が干渉しない程度太刀を右に回しても居合には影響しないと言う事なのかだが
12-21 17:10

https://t.co/FLFweDHcrX https://t.co/mxSZzLfpDO 打刀の天神差しや太刀の居合でも 刀は可也右に回っていると言う事なのかだが
12-21 17:17

https://t.co/XJo39PvGRw 清だと刀は大型の満州弓との干渉を嫌ってか 後方に柄が有るが 居合には向かないだろうがトルコ的に剣と矢を同時に持つ様な技法が使われた可能性も有るのかだが
12-21 17:46

https://t.co/PadBbPYkZf 金だと刀は前に有るが この位置でも満州弓の弦には干渉しない様に見えるが
12-21 17:54

https://t.co/AjNaaQXipq 左の弦の位置では 干渉はどうなのかだが
12-21 17:55

https://t.co/lVU8wBSFSK ロングボウ兵の場合は剣は後方に有るから 弦との干渉は無いと言う事なのかだが
12-21 18:50

https://t.co/jhhfRHNKt0 フロワサール年代記のロングボウ兵は 剣は後ろに有る様に見えるが 剣を装備しない者も多いと言う事なのかだが 左手で弦を引く者も多いだろうか
12-21 18:54

https://t.co/9kOqYObNRR ブリネの戦いではジャック1世と戦った元傭兵の山賊が 高所から大きな石を投げているが 投石機は利用されなかったと言う事なのかだが
12-21 20:02

絵を見る限り木やレンガ迄が 投擲されていると言う事なのかだが
12-21 20:04

https://t.co/8Qx80R6WGx >丁奉 承淵  孫呉に仕えた武将。赤壁の戦いで孫呉の陣を離れようとする諸葛亮の舟の帆を鉄礫で撃ち抜いたといわれる鉄礫の名手。呉を代表する将軍として長きにわたって活躍し、孫晧の即位後は右大司馬・左軍師に任じられた。
12-21 20:26

https://t.co/xNkpo7rsVD >民間伝説ではつぶての名手とされる。諸葛亮が丁奉らの元から逃げる際、腰に提げていた袋の中から鉄のつぶてを取り出して、諸葛亮の船の帆柱に照準を合わせて腕を振り上げると、空気を引き裂くような音がして、黒い塊が帆柱の先目掛けて飛んでいき、
12-21 20:27

>帆を引っ張る滑車に命中し、帆が落ちて諸葛亮の部屋の上に覆い被さった。  中国では武将が鉄礫を投げる例も有るのかだが 可也巨大な鉄礫で無いと こうした破壊力は無いと言う事なのかだが
12-21 20:30

https://t.co/mXFyEjegA4 >靖江王廟(丁奉廟) >丁奉はつぶての名手だったということもあり、丁奉塑像の手にはつぶてが握られている。  https://t.co/dajFGx0B9b 左の中央の像が丁奉なのかだが 鉄礫は手の中に有るのかだが
12-21 20:40

https://t.co/lj3SZPFqRx 矢張り中央が 丁奉の像の様だが
12-21 20:42

https://t.co/ONFxE4vJXa >●根岸流のベースとなった「上遠野(かどの)流」(流祖は上遠野高秀)の手裏剣のレプリカです。約100gで、剣身は6角で、切っ先が三角です。上遠野流の手裏剣が鬢に4本装備される例も有っただろうが 100gの物を4本装備したのかだが
12-21 21:23

https://t.co/tnpPjTEmUx >広秀はいつも両の鬢に4本ずつ、計8本の針を差しており、この針を指の脇にはさんで投げると百発百中といわれた。  上遠野広秀も 100gの手裏剣を8本鬢に装備していたのかだが 或いは軽量の笄型手裏剣や針型手裏剣を装備していた可能性も有るのかだが
12-21 21:29

江戸期の現存する針形手裏剣は https://t.co/sAnXLzpdVl 左の神道精武流の物は長さ20cm 太さ5mmだが https://t.co/e1x1SWwYSD 14cmで20gの現代製の物も有るだろうから 100gは無い物だろうか
12-21 21:58

https://t.co/A1I0PE2LwG 30cmの長大な江戸期の細い手裏剣も有るが カムイ伝だと両端が尖ったこうしたサイズの細い手裏剣が何故か多用されるだろうか
12-21 22:02

https://t.co/ONFxE4vJXa >つまり、80グラム以下の剣は、先端の形状をかなり工夫したとしても、ジーンズ2枚以上(しかもこのジーンズは、薄手の部類に入るものです)の障害物に対しては、極端に貫通力を削がれるということを、その剣友の彼にも、現実の事実として実感して戴いたわけです。
12-21 22:21

鎖帷子の家地はこうしたジーンズと同程度の強度は有るかも知れぬし 下に服も有るだろうから カムイ伝に出て来る様な巨大な針形手裏剣で無いと 毒無しでは致命傷とは成らぬ可能性も高いのかだが
12-21 22:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11013-8250a233