FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

12/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

スリングを2つ持つと言うのは 最初の投擲時以外は意味は有るのかどうかだが 二回目以降は左の様に1つのスリングに2つ石を入れる方が威力は兎も角 高速には連射出来ると言う事だろうか https://t.co/WYgnABBGy8
12-12 14:17

https://t.co/OdLMCtjR7x 此れは天狗の持つ 羽団扇を模した軍配なのかだが
12-12 14:41

https://t.co/o8eVYifzYu この八文字と言うのも見ないが 左の二刀とは関連は有るのかどうかだが https://t.co/hlbFcV8OLX
12-12 15:09

実際存在するかは不明だが 離して構えたニ刀の 互いの刀から遠い場所を同時攻撃すると言う様な物なのかだが
12-12 15:12

そうした形で刀から遠い場所を攻撃する途中で 左右にフェイントが入ると言う様な物の可能性も有るのかだが
12-12 15:24

此れは鉄砲足軽に 目潰しを同時大量に命中させていると言う事なのかだが 煙玉では持続性に欠けるが 同時大量に目潰しを命中させるのは困難かも知れぬし 煙が出ると同時に 目潰し成分が拡散する焙烙の様な物を投げると言う方向も有るのかだが 遠距離では自分の付近に煙玉を放ると言う事なのかだが https://t.co/SprnKTRLwX
12-12 16:13

https://t.co/bjlhk51Wjx 三島村上水軍の目潰しには焔硝が入るが 炸裂式では無いと言う事なのかだが
12-12 16:42

https://t.co/L9Quepa6FC 明の燒賊迷目神火毬は目潰し成分が入る 焙烙的な物なのかだが カルトロップ的な蒺藜迄入るが 爆発後に相手の足止め迄出来ると言う事なのかだが 棒火矢に詰めて日本の銃兵を攻撃し 射撃及び移動を封じると言う様な事は行われたのかだが
12-12 16:57

RT @ekkiwamaje1: こういった突撃の際、馬は怖いので待ち構えられているところに突っ込まず、ビミョーにコースを外しにきます。そのまま外されると刀が届かなくなるので、演技をしながら手綱と脚で調整してます^_^野太刀くらいの長い刀が欲しいです。 https://t.c
12-12 17:20

南北朝期等の軍事訓練された馬なら 人にぶつける事は基本だったのかだが 人に噛み付く或いは前脚で殴る等も有るのかだが
12-12 17:24

そうした軍馬も金の馬鎧や螺鈿の槍の柄で驚くと言う事は 何処迄有るのかだが 光を刃で反射されて混乱した例は有るのかだが
12-12 17:25

https://t.co/rMSPH6e7Js >元弘3年(1333)、新田義貞の鎌倉攻めで戦没した人々556体とともに、128の馬骨、若干の牛や犬の骨が発見された。林田重幸・小内忠平両氏は、脛骨・中手骨などから、材木座の馬の体高は109~140センチ、平均129センチであると推定している。
12-12 17:32

体高109cmの馬は騎馬武者用では恐らく無く 乗用馬でさえ無い可能性も有るのかだが 騎馬武者用馬の平均体高は129cmよりは大型と言う事なのかだが
12-12 17:34

RT @ninja_yakata: 【更新情報】新規ページ「諸藩の忍者」を設置!!伊賀・甲賀だけでない、江戸時代の全国各地には忍者がいた!近年特に注目を集め、研究も進みつつある、諸藩の忍者について紹介しています。今後さらに充実させていく予定ですので、ご期待ください。htt…
12-12 19:17

RT @noitarepootra: 1304年スカフィダの戦い渡河のリスクを示す東ローマと第2次ブルガリア帝国の戦例ブルガリア軍は橋を渡った先に前衛を、主力を川の後ろに置いた。東ローマ軍は敵前衛を粉砕し優勢のまま渡河したがその際に乱れて起き勢いが落ちる。敵の逆襲を受け更…
12-12 19:32

馬に人が乗っていると見せて単体で走らせると言うのも 遠距離で無いと人が乗っていない事が判別される可能性は無いのかだが 逆に風魔忍者的に馬の横に乗って 遠距離では人が乗っていない様に見せる例も有るのかだが https://t.co/zFHvxSpICN
12-12 20:13

https://t.co/rdgpajuXvG >はじめの二、三度は、馬に藁人形を乗せて武田の陣に追い込み、また藁人形かと思ったとき、本当に夜討ちをかける。敵の馬を盗んでいくときは、馬の横腹に貼り付き、馬上に人が居ない状態で疾駆させる。
12-12 20:17

藁人形は携行等出来ないだろうが 竹等の骨組みに服を着せる様な物なら可能なのかどうかだが
12-12 20:24

二刀流も基本的に1対多数の際に使う技と有るが 1対1で使う一人に剣を2本向ける様な技も多いと言う事だろうが こちらは何処迄使われたのかだが
12-12 21:39

弓は弾性が有るなら スリングの直撃でも折れるのかどうかだが https://t.co/xRxOEPZJhA
12-12 21:58

https://t.co/8UzDBXf01d 鉄礫利用としても 弓は破壊可能なのかだが ギリシャのスリング弾に有る様な鉛は日本では利用されたのかだが
12-12 22:03

https://t.co/iAtuntDsWZ カムイ伝だと円盤状の左の分銅つぶてがスリングから放られている例が有る様に様に見えるが 現実には行われたのかだが
12-12 22:09

此れならエネルギーは狭い範囲に集中するが 鉄製でも弓を折る事は可能なのかどうかだが
12-12 22:10

冬木道無が手で分銅つぶてを投げている様に見える場面も有るが 相手が多数でスリングより連射速度が必要だった故なのかだが https://t.co/5UYWJHZ6Ej
12-12 22:28

https://t.co/reWOBqSRWU 漫画的に九尾狐に似せた毛皮を被った忍者や盗賊等は 現実には居ないと言う事なのかどうかだが
12-12 22:38

https://t.co/AknEyZCFtB 分銅つぶて的に平たいスリング用の石弾は 英には有るだろうか
12-12 22:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/11004-ddfc7fc5