FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/3Rih5VjDnk 赤い髭の付く面頬等も有るのかだが 裾板に赤い毛が付いている例は有るのかだが
11-27 11:21

https://t.co/SM4eHDjYvK 栴檀板が2つ有る様な 江戸期の具足も有るが こうした物は古い大鎧では無いと言う事なのかだが
11-27 11:24

この耳の下の位置は15世紀初期迄の板金鎧なら鎖だろうが 14世紀のスパイクの有る籠手はギリシャのボクシング同様に 首をこうした形で殴っていたと言う事なのかだが https://t.co/fx8YxiHSy6
11-27 12:56

以後もサレット等を装備する雑魚歩兵はこの部分は保護されぬ者も多く 騎士でも頬当ての無いサレット装備ならこの部分を殴られてやられていた例も有るのかだが
11-27 12:57

14世紀だと騎士でも革製や篠が入る籠手も多いだろうし こうした部分もスパイク付きの籠手や通常の籠手で殴られていたのかどうかだが
11-27 13:03

ギリシャのボクシングでは低い構えをすると 上から鉄槌を打たれてやられる危険も有るのかだが 重いヒマンテスやカエストスがガードで防ぎ難いと言うのも有るのかだが https://t.co/lZbKjGQjUC
11-27 13:09

パンクラチオンの構えは https://t.co/yXhoaWfZ7p 左の総合格闘の構えよりは 打撃を重視してかやや高いと言う事なのかだが https://t.co/rhuzKZxwLZ
11-27 13:23

https://t.co/b8o8r3HMxt UFCはボクシング的な高い構えが多い様に見えるが 組む時は突然低く成る例も有ると言う事なのかだが
11-27 13:30

「甲子園での夏の大会は無理だと思う」 萩生田文科相、国会で発言  https://t.co/GsxrydIuK1 ドームなら夏でも試合は可能と言う事かも知れぬが 果たして利用出来る場所は有るのかだが ハムが居ない札幌ドームが余ると言う事は無いのかだが
11-27 13:43

https://t.co/b6Ho1mbBBu >次は、キックボクシングの構えを説明します。ボクシングとは違って、体重は前足に2、後ろ足に8くらいの割合で構えます。背筋は伸ばした構えで、グローブはこめかみまで上げて、ボクシングとは違い、程良い距離を置いて戦います。
11-27 13:56

>前足に体重を掛けないのは、前足を蹴られた際にガードをすることも、避けたりすることも出来ないからです。また、前足に体重を掛けていると、相手の蹴りを受け易くなりますし、ダメージが大きいです。
11-27 13:57

>パンチよりも蹴りの威力の方が強く、キックボクシングでは、どうしても蹴りを警戒しての戦い方になります。ですから、程良い距離を取って戦うのは、それが蹴りの当たる距離間だからです。ガードをこめかみまで上げる構え方は、相手のハイキックを警戒してのことです。
11-27 13:59

https://t.co/If54omFvbo キックボクシングでも前に体重を掛けた構えは有る様だが ローキックのディフェンスには問題が出ると言う事なのかだが
11-27 14:04

https://t.co/b8o8r3HMxt UFCだとガードはハイキックを防ぐ程高くは無い例が多い様に見えるが 体重はローキックを警戒してか前に乗らない例も多いだろうか
11-27 14:08

https://t.co/0CaFo9RQ0a UFCだとガードが低い者が多いなら 左の様にハイキックでKOされる例はどの程度有るのかだが ハイキックが上手い相手にはガードを高くしている例も有るのかだが
11-27 14:30

https://t.co/8bw3COJo4z 一方でハイキックをガードした腕がやられている様に見える例も有るが こうした事は多いのかどうかだが スピンが入る高威力のハイキックは 何処迄ガード出来るのかだが
11-27 14:42

https://t.co/OFHp5uIPw9 試合中にこう言う形でハイキックを取った例は見ないが ガードの低い状態から取れるのかどうかだが スピンが入るハイキックは取れるのかどうかだが
11-27 14:59

RT @kerpanen: 武士の弓箭はサイズが現代の弓道と少々違う。基本は、弓ほこ(長さ)が徒立(かちだち)七尺五寸(227cm)、馬上弓はその五寸詰り(212cm)、矢束(長さ)は12束(90cm)。えっ? 同じでしょ? いえ、なんと弓の長さを測る単位(五寸)と、矢の長…
11-27 15:41

RT @kerpanen: 「安齋随筆」では武士の弓、七尺五寸(本来なら227cm)は、親指と人差し指を強からず、弱からず自然に開いた長さを五寸(本来なら15cm)と定めて測る「七尺五寸(五寸×15」だとしている。個人の手を単位にして測れば、その体格にあった弓の長さを定めら…
11-27 15:41

https://t.co/mS3ge6ZS1M >大井五郎満安 >五郎は大力無双、身長六尺九寸、四尺八寸の大太刀を指三本で扱うことができたと伝えられ、その愛馬も陣貝の音を聞くと勇み立って大豆八升を食うので、八升栗毛と名付けられた駿馬であった。
11-27 15:57

矢島満安は 刃長1.45mの大太刀を片手の指3本で使えると言う事なのかだが トルケルの様に大鉞を片手の3本の指で扱える者迄は居たのかだが
11-27 15:59

https://t.co/Nd1mN7oRu8 >太田康資 樫の木で出来た六角棒を振り回して無双する太郎左衛門と対峙した康資だったが、激戦の中で太刀を太郎左衛門の六角棒に叩き折られてしまって敗れた。  金砕棒や木刀で刀が折られる例も目立つが 槍の柄が折られた例も有っただろうか
11-27 17:14

>太郎左衛門との再戦を期した太田康資は、八尺の鉄の金棒を作らせて戦場にて振り回し、目に入る者は人であろうと、馬であろうとかまわず叩き殺していった。  此れは総鉄製の金砕棒なのかだが 八尺(242cm)以上の長さの物は有るのかどうかだが
11-27 17:19

https://t.co/e04pJjxEX3 240cmの鉄製少林棍が存在していたと言うなら 同程度の長さの総鉄製金砕棒も実在していた可能性は有ると言う事なのかだが
11-27 17:23

総鉄製の金砕棒と言うのも殆ど見ないし 樫の棒や此れを鉄板で補強した物が大半と言う事なのかだが
11-27 17:25

https://t.co/LL44bWWPxj 浮世絵では先端等が部分的に鉄で補強された金砕棒も有るが 古い例は有るのかどうかだが
11-27 17:33

https://t.co/L9Quepa6FC 恐らく左の火毬と言う事だろうが 刃や毒迄が仕込まれた焙烙玉的な炸裂弾と言う事なのかだが https://t.co/1I8WLjfdx7
11-27 20:08

日本軍は来島村上以外は 焙烙玉は無いのかだが 通常の火矢での火炎攻撃は有ったのかだが 松浦党には1560年代に棒火矢が有ると言うから 彼等は棒火矢・焙烙玉も利用したのかだが
11-27 20:22

来島村上水軍も鳴梁海戦では敵船の鹵獲を重視して 焙烙玉は鹵獲を断念した段階以前では利用していない可能性も有るのかだが 鹵獲した朝鮮船や城等に有った火器は何処迄利用されたのかだが
11-27 20:26

九鬼水軍の場合は鉄甲船は無いかも知れぬが 信長の鉄甲船の影響で大鉄砲装備の大型船は多数有った可能性も有るのかだが 焙烙は村上水軍から取り入れては無いと言う事なのかだが
11-27 20:30

https://t.co/sRsq0GBnGc 1594年に有る新造された鉄甲船は 漆川梁海戦に幾らか投入されていた可能性も有るだろうし 九鬼水軍のみに集中配備された訳でも無いと言う事なのかだが
11-27 20:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10989-439a8a1f