FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

こうした戸や畳等で 農民が矢を防いでいたのかだが 西南戦争では銃を止める為に濡れた畳が利用されたが 江戸期にも同様の物が利用されたのかだが https://t.co/t3mn0Td7g0
11-18 11:27

竹槍でも打撃は 行われていたと言う事なのかだが https://t.co/7H0y6RfpoP
11-18 11:30

こうした形で木の上から奇襲する例も良く見るが 昼間では葉の有る木の上で目立たない服を着ていないと 困難と言う事は無いのかだが https://t.co/ntv2397i7b
11-18 11:37

鞘を付けた儘戦闘する例と言うのは 現実に果たして有るのかだが 峰打ちや平打ちの強打をしても刃が割れない可能性は有るのかだが ハーフソードも行い易く 鞘を利用しての2刀での奇襲攻撃も出来ると言う事なのかだが https://t.co/008NfuACzT
11-18 14:21

此れは竜之進が羽織を投げて視界を塞ごうとしたが 一馬の手裏剣で減速され 羽織を突然貫通して来た手裏剣で逆に奇襲を受けたと言う事なのかだが https://t.co/atSNtWir0x
11-18 14:23

竜之進側も手裏剣或いは小柄を投げている様にも見えるし 羽織を貫通しての奇襲を狙っていたのかだが 羽織を被せて視界を奪う事は考えなかった可能性も有るのかだが
11-18 14:35

鞘を付けた刀で戦い 鯉口を切っておいて刀を降り出して鞘を奇襲的に飛ばすと言う様な事は行われたのかどうかだが 飛ばした鞘が紐で即座に回収される様な例は有るのかだが 紐は鞘が刀から外れない様な長さ迄しか伸びない様にされている例も有るのかだが
11-18 14:44

RT @kerpanen: この絵の再現を試みたことがあります。手綱で速度を調整している間は集団を保てたが、矢を放つため手綱を放すと速い馬が前に飛び出してしまい失敗。この絵を見ると前方の武者が騎射を試み、後方の武者は馬を抑えている。こうして順に、馬を抑えては矢を放ち、集団を崩さ…
11-18 14:47

平治物語絵巻・六波羅合戦巻では後列の騎馬武者も両手で弓を利用している様に書かれているが 前が詰まった状態なら馬は前に出ないなら行われていた可能性も有るのかだが 多少隊列が崩れても連射が必要なら 後列の者も放っていた可能性は有るのかだが https://t.co/JiKCNY4kOK
11-18 14:59

https://t.co/blqUtIoKXI 左のクレシーの戦いの絵でも 右の仏軍のクロスボウ騎兵は後方に居るが 騎士は密集陣形で戦うなら 前は詰まって馬は勝手に前に出ないと言う事なのかだが
11-18 15:02

https://t.co/n6GkyNQE2Z 左の様に横一列に開いての騎射戦と言うのも 多かったのかどうかだが
11-18 15:06

こうした刃を逆にしての下方からの斬撃と言うのは 行われたのかどうかだが イタリア的な裏刃での突然の切り上げと比べれば 奇襲効果は低いと言う事なのかだが 下方から峰で柔らかい部分を打つと言う例は有るのかだが https://t.co/jcPReKLUCZ
11-18 15:14

RT @kerpanen: 11月17日の午後「武士コン」に行って来ました。そこでの実験結果。この条件下では近距離でも盾を持っている敵に弓はほぼ無効でした。使った弓は引尺88cmで弓力16.5kg。距離は10メートルほど。矢は安全のためスポンジ鏑(対人専用)付き、普通の征矢に矢…
11-18 16:16

雑兵物語だと槍の間合いぎりぎりでの至近距離での弓の射撃も有るが 板金鎧の隙間を抜くのは正面からでは困難だろうが 包囲して四方から放てば脚等がやられ得るのかだが
11-18 16:19

RT @kerpanen: 密集突撃、弓を一斉射するシーンを撮影したかったんですが、手綱を放したら、馬の速度がまちまちで、こんな具合になっちゃいました。もっとも、これはぶっつけ本番だったので、日頃から訓練を積んでいたはずの本物の騎馬武者たちはもっとうまくやっていたはずです。元の…
11-18 17:23

https://t.co/GogYO7aorR 馬も手綱無しで方向はコントロール出来 停止迄出来るが スピードはコントロール出来るのかどうかだが
11-18 17:46

https://t.co/oHnyCh7L1d 左では速度は加速出来ている様に見えるが 何処迄自由度は有るのかだが
11-18 17:52

https://t.co/1Xad7n2tbT 180cmからの射撃等も有るが 雑魚的な長柄足軽相手以外は 弓足軽でこうした事をするのは困難と言う事なのかだが
11-18 18:20

こうした備の30名等の整列する弓兵を手裏剣で瞬時に一掃する場合は 斜め横から同時大量に投擲する以外無いのかだが 正面からでは両手を利用しても同時に4名程度倒すのが限界と言う事なのかだが https://t.co/DMzVBXbOZs
11-18 19:12

こう言う状況で撃たれる側がランダム機動しても 西欧的な弾幕射撃ではやられる可能性も有るのかだが https://t.co/G2wBivRd3Q
11-18 19:19

https://t.co/L7zWhKRfsB カルラエではパルティア軍の矢の物量の前に テストゥドがやられているが 熱い場所で無ければパルティア軍の矢が尽きる迄テストゥドは維持出来たのかだが
11-18 19:38

https://t.co/3XJcUkxQoK >ノルマン側の弓兵がハロルド軍の前衛の盾の列の後方に攻撃を集中した結果、イングランド軍の陣形が綻んだとの説や、  テストゥド的では無い陣形なら 盾の後方に攻撃を集中されやられ得るのかだが こうした事が成功した例は何処迄有るのかだが
11-18 19:44

https://t.co/ItLa1vDumL マラトンではギリシャのファランクスは  テストゥド程の防御力は無いからから 弓の射程に入った後は撃たれる時間を減らす為に 走って突撃したと言う可能性も有るのかだが
11-18 20:03

RT @noitarepootra: 追い込まれたロシア軍だったが高台にこだわってしまったオスマン軍陣地東側にはスペースがあることを確認すると攻撃を決心する。左翼に陽動をかけて、右翼側から一挙に移動し敵側面へ移動した。オスマン軍が気づき阻止しようとするが既に遅く、ロシア軍主…
11-18 20:59

RT @noitarepootra: 1739年スタヴチャヌィの戦いロシアとオスマン両軍が6万以上を揃えた会戦。オスマン軍は高台に塹壕を掘り強固な陣地を構築し、特に後方要衝へ続く道のある西側に砲を集めた。討って出ることはせず慎重に野戦築城陣地で迎撃しようと考え、ロシア軍…
11-18 20:59

マラトン以外でもギリシャ兵は ペルシャ兵に対しては走って突撃していた可能性も有るのかだが ローマ兵はパルティア相手には敵の矢が尽きる迄テストゥドで粘った後 反撃に転じたと言う事なのかだが
11-18 21:20

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10980-8cfc3174