FC2ブログ

Category

2020.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

11/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

希少旧家蔵出し 時代武具 紺糸威大鎧 等身大甲冑 一式 鎧櫃付き https://t.co/C6YRUyiJks こう言う形状の鍬形は 結城合戦絵巻に描かれるが 剣が組み合わさった物も同時期に有ったのかだが
11-17 12:00

ガッツの様に腕力が有れば 軽いナイフを投げても頭蓋骨が貫通する可能性は有ると言う事なのかだが
11-17 13:46

投げられた脇差を 短銃で折るのは困難と言う事は無いのかだが 衝撃で脇差が回転するが軌道は逸れず 刃の硬い部分が割れる程度と言う可能性も有るのかだが 重心付近に当てて軌道を逸らす等と言うのは 果たして可能なのかどうかだが https://t.co/nwrqlFPSBA
11-17 13:51

https://t.co/SYGGaIxV86 古代ボクシングだと 首や後頭部を打撃しても問題は無いと言う事なのかだが こうした急所をやられてKOされた者は多いと言う事なのかだが
11-17 14:45

https://t.co/gWlM8inha0 >手を使ってどのような殴り方をしてもよいが、指で相手の目をえぐってはならない   とは言えヒマンテスのスパイクが目に入った例と言うのは 有るのかどうかだが
11-17 14:47

https://t.co/XYVRq3EzbR >そして、体の動きがすばやい選手は、ガードを上げたまま逃げ回り、相手の消耗を狙って勝つ、ということもしていたみたいです。時間制限がないからできる技ですが、   腕力の無い剣闘士も 同様の事をしていた可能性は有るのかだが
11-17 14:51

セスタスの様に腕力が無く共 首等の急所を打てば一撃で相手をKO出来たと言う事なのかだが 急所はどの程度迄認識されていたのかだが
11-17 14:53

こうした焦って大振りをすると見せたフェイントが入り カウンターでやられた例等は果たして有るのかどうかだが 剣術では有るのかどうかだが https://t.co/jvjWtMKcki
11-17 15:03

上手い者はそうしたフェイントには果たして掛かるのかだが 相手が追い詰められて焦っていると見たら 掛かる可能性も有るのかだが
11-17 15:05

https://t.co/gWlM8inha0 >アルカイック時代のギリシア人は身体の鍛錬と音楽を不可分のものと考えていたため、トレーニングの際にはアウロス奏者による伴奏にあわせて運動した[5]。  此れは同様に体を鍛錬していた剣闘士や兵士・スポーツ選手等も同様なのかだが ローマではどうなのかだが
11-17 15:07

セスタスには中国人の武術家も出て来るが https://t.co/tMtarNLO2W 左を見る限り1世紀には果たして居たのかだが https://t.co/sjobhAaol8 ロンドンのローマ時代の遺跡から中国人らしき骨が出て来たと有るが 1世紀以前の物なのかだが
11-17 15:40

奴隷貿易で運ばれて来た中国人の中に 武術が使える者が居た可能性は有るのかだが ローマ迄絹を運んだ商人は 中国人では無いと言う事なのかだが
11-17 15:44

浅いフェイントを多数入れて そろそろ本物の攻撃が来ると思わせた後やや深いフェイントを入れ カウンターを出すと言う様な例も漫画等で有ったかも知れぬが 現実に此れが決まった例は有るのかどうかだが
11-17 16:14

ルスカの言う東洋武術の不動の姿勢を保つ鍛錬法と言うのは https://t.co/ouTBHCRut4 左の立禅と言う事なのかだが https://t.co/nxMPNG3rQY 手を動かす物も有ると言う事だろうか https://t.co/vhnVIVvYXS
11-17 16:42

https://t.co/ouTBHCRut4 >人間の内的な力を強力にし、瞬間的な爆発力(気の力)を養成することを目的とする。 すなわち、火事場の馬鹿力と呼ばれる潜在能力を、意識的に出せることを最終目標として修練する。  大気拳以外ではこうした事は 考慮していないと言う事なのかだが
11-17 16:46

https://t.co/r1DmMHS8oy >またカリアのメランコマスは相手の体にほとんど傷を与えず、自分の体にも一点の傷もなかった防御の天才だった。メランコマスは打つことや打たれることを勇敢な行為とは認めず、相手が全精力を使い果たし、自ら地上に崩れ落ちるまで、蝶のように舞い続け、
11-17 18:32

>拳闘を哲学的領域にまで高めた偉大な人物として、ギリシア人から熱狂的に歓迎された名ボクサーであった。  セスタスだとメランコマスは攻撃もしているが 後で行わなく成ったと言う事なのかだが
11-17 18:34

>似たタイプの選手としては体にひとつの傷ももたない男と呼ばれ、生涯ただ一度のクリーンヒットも許さなかったアレキサンドリアのクレオクセネスや相手に一切の反撃を許さず、常に自分が好きなときに試合を終らせることのできたロードスのエウクレスなどがいる。
11-17 18:35

ロードスのエウクレスも 好きな時に試合を終わらせる等と言うが 最初の一撃で終わらせる事等は何処迄出来たのかだが
11-17 18:37

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10979-de9327a6