FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

11/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/N3IFt1jXS3 騎士の馬には鎖製の馬鎧が13世紀で既に装備されるが イスラム兵の弓は止まったのかだが 下に綿入れは有るのかどうかだが
11-15 12:39

https://t.co/cN7BM6owJP 1284年にはプレート製の馬面も使われるのかだが https://t.co/mo5zVkGJbD プレート製の胸甲は14世紀前期には有るのかだが
11-15 12:44

https://t.co/OmiDcgWgJc 15世紀でも依然鎖製の馬鎧は有るが この時点では下に綿入れが有れ 鉄製クロスボウのニードルボドキンで可也ダメージは受けると言う事なのかだが
11-15 12:53

https://t.co/J46mI8n44Q 16世紀でも首が鎖の物が有るが パイクや銃には無効と言う事なのかだが
11-15 12:58

太平記には鎖の馬冑が有るが この時点で胸部の装甲程度は有る可能性は有るのかだが 只の鎖では無く佩楯に使われる様なカルタ金の物も有るのかだが 伊予札製等の物は有るのかだが
11-15 13:09

戦国期関東の騎兵も 周辺国は騎兵対策を講じているなら 雑兵物語に有る様な西国兵を戦闘序盤から側面への突撃で敗走させる様な事は出来なかったと言う事なのかだが 槍歩兵を射撃や騎馬武者の下馬戦闘で崩したり 障害物を排除した後は小幡信貞の騎兵の様に乗馬突撃していたのかだが
11-15 14:04

RT @kerpanen: 自分自身の限られた経験と牧場での見聞による推察では、騎射戦闘は大戦中の戦闘機の空戦のようなものだったのではないかと思います。まず互いに正面から相手の内兜を狙って追物射(正面射)。すれ違うと互いに急旋回、相手の死角である右後方に回り込もうとする。追物射…
11-15 14:14

騎射戦で右後方に回り込まれた騎馬武者が 弓を即座に逆にスイッチして反撃したと言う様な例は有るのかどうかだが 精度・威力は低下するかも知れぬが 何も出来ないよりはましと言う事なのかだが
11-15 14:16

https://t.co/uaTnAIDSJz 打根が弓に紐で固定されたと言う例も有ったかも知れぬが 平安期等にこうした事は行われたのかだが 刀がこれでアウトレンジされた例は有るのかどうかだが
11-15 14:35

RT @kerpanen: 旋回が苦手で速い馬はそのまま直進、間合いを大きくとって再び有利な角度から接敵を試みる。急旋回した馬の武者は押捩り(後方射)で遠ざかり行く敵の背後に矢を放とうとするかも。双方とも兜の吹返しが視界を極限してるので、急機動する敵はたちまち見失ってしまう。大…
11-15 15:08

平治物語絵巻・六波羅合戦巻に有る様に 兵力が少ない側は逃げながら後方に射撃していた例も多いのかどうかだが https://t.co/FQF0vGxNXC
11-15 15:15

https://t.co/i5lYwYdVVY こう言う打物戦は 平安・鎌倉期では矢が減ってから行われたと言う事なのかだが
11-15 15:33

Check out YP37 Japanese Antique 2 Kusazuri iron & cloth # samurai ninja yoroi kabuto https://t.co/9ifc9v7jtc 戦国期にはこうした 伊予札的な外観の鉄板製草摺と言うのは 無いと言う事なのかだが
11-15 15:56

https://t.co/Vf2uvjRJV1  https://t.co/3AoClJaon0 別の動画だと右手は柄を滑らせて端を持っているが 柄巻が有る状態では此れは行われたのかだが
11-15 16:18

下の月の輪と言うのは 夜間火を回して視界を奪った後 手裏剣を投げると言う物なのかだが https://t.co/CytVSqLUNP
11-15 16:46

毒クナイを受けた後も忍者は反撃しているが https://t.co/CE9Nn1XfRY トリカブトなら数十秒でやられると有るから まともに動けるのは極短時間の可能性も有るのかだが https://t.co/6AXWJA6KfD
11-15 17:02

頭蓋骨を投げナイフでは貫通出来ないと言う意見も多いが https://t.co/awfySg5yWV 手で持ったナイフでは貫通していると言う事だろうか https://t.co/08TJDuvOm5
11-15 17:21

https://t.co/uaWHe7NmHS 投げられた工作用ナイフが 頭蓋骨に5mm刺さったと有るが 似た様な重量の手裏剣では貫通出来ないと言う事なのかだが 重い釘型手裏剣ならどうなのかだが
11-15 17:28

鎖帷子の上に斬撃を受けても衝撃は可也受けるだろうが 筋肉が厚い部分なら打撃は吸収され得るのかだが 鉄製撒菱に毒が付けられる例等は有るのかだが 竹筒に入れて大量に投げても 刺さる物は余り多く無い可能性も有るのかだが https://t.co/aw35AkMzeF
11-15 19:26

馬上の槍を右後方の相手を攻撃する為に 左右スイッチと言う例も有るから 弓も左右のスイッチは有った可能性も有るのかだが 槍は石突側で即座に攻撃と言う例も多いのかだが https://t.co/6V3Zn7wRUr
11-15 23:34

指物が有ると2の様な旋回は困難な可能性も有るだろうが 石突側で対処しつつ馬を旋回させ敵を槍先で攻撃可能な範囲に入れていた可能性も有るのかだが
11-15 23:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10977-658aea1e