FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

10/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @papocchio: そのままサッカーに当てはまる話。戦術が洗練されればされるほど不確実性が排除され拮抗した状況になる。そうなると打開できる手立てはクリエイティビティのある選手たちの存在。 https://t.co/H7ORUMVDkj
10-21 11:04

https://t.co/8KsFSP6p13 崖を登る熊も居るが 忍者が熊に化けて崖を登った例等は有るのかだが
10-21 11:44

https://t.co/SLEhKrizoJ 雪が有る崖を登る熊も居るが 可也滑っているが 忍者が熊に化けて雪の有る崖を登る場合は 手甲鈎等が利用されたのかどうかだが
10-21 11:55

【喜】時代物すんばらしい桜蒔絵漆塗り金家紋拵 鉄石突三角槍 101711 https://t.co/oPmclWuRTC こうした桜の蒔絵の入る柄と言うのは 戦国期には家紋でさえ無いと言う事なのかだが
10-21 12:57

武具 16間当世小札錣脇立て付き兜 https://t.co/mXHgGxFq2l 竹と兎耳が融合した様な脇立だが
10-21 13:04

◎ 曙前立 紺絲威二枚胴具足 1020◎ 刀剣/鍔/鞘/甲冑/武具/具足/兜/鎧/武将/骨董/美術/鑑賞 https://t.co/SpbmRPYXe9 家地に桜紋が入る様に見えるが 戦国期には家紋でさえ桜紋は入らないと言う事なのかだが
10-21 13:14

武具 カラス面頬 https://t.co/yqUOb7pFqK 蝶形の丁番が入る面頬も有るが 古い物なのかどうかだが
10-21 13:25

無類の名作!!特別注文刀!!短刀にして反り2.8cm!!十二支彫物あり!ピシッとおさまる瓢箪形若狭風塗鞘拵え付属 https://t.co/Uu2QD4d5mf #ヤフオク
10-21 13:40

https://t.co/gbo8ERQfbE 忍者も12分程度は 静止状態なら息を止められる例も有るのかだが 海女の場合は5分程度潜った者も居ると言う事だっただろうか
10-21 13:57

https://t.co/PM5PtlLTtU 息をせず244m泳いだ例と言うのも有るが 鯱等に乗れば更に距離は伸びると言う事なのかだが
10-21 13:59

https://t.co/c966Oc6ucw 忍者的に垂直の壁を横に走ると言うのは 3.49m以上は今の所困難と言う事なのかだが
10-21 14:06

https://t.co/nqO5FHO0ZV こうした壁間の跳躍と言うのは 忍者は利用したのかどうかだが
10-21 14:14

https://t.co/qD7DSl86Qw こうした手を離す回避は両手持ち刀では割に有るが 片手剣では剣を失うから 最大限離さず回避と言う事なのかだが 雑魚兵はこうした回避は無いと言う事なのかだが 手貫緒装備の片手打ち刀でこうした手を離す回避をした後 刀を再度構えた例は有るのかだが
10-21 15:42

https://t.co/raHCR4abyF 突きは兎も角高速で連続カットする攻撃は腕を掴み難いと言う事は無いのかだが アシェラッドもトルフィンを逆上させて大振りの殺傷力の高い突きを出させて 掴み易くしたと言う事なのかだが
10-21 15:48

https://t.co/9B4Kmi5saC 低い位置の急所である腿の血管を切らず共 脚の腱等を切断して動けなくした後 死角から止めを差すと言う様な方向も有る訳だろうか
10-21 15:56

https://t.co/xGuSOP3W2p トールズはアシェラッドが油断をする様な相手では無いだろうが 剣が折れた直後しかチャンスが無いと見て攻撃を焦り 動きを読まれてやられると言う可能性は有るのかどうかだが
10-21 16:13

技量が有れば強度の有る根本付近で先端を斬撃して一方的に剣を折ったり 柔らかいと言うバイキングソードの側面を打つ等して曲げる事は可能と言う事なのかだが
10-21 16:16

バイキングソードも盾の縁に食い込んだ際に捻られても 折れない様に柔らかい作りだったと言う事かも知れぬが 側面を打って曲げる事は容易なのかどうかだが
10-21 16:23

https://t.co/4n7Bk90KTr https://t.co/HHMn1MMrN6 手貫緒的な物でバイキングソードを手首に掛けた儘槍を持ち 剣を後で同時に利用と言う例もサガには有るが 実戦での利用例は果たして有るのかだが
10-21 16:45

https://t.co/HhpYkGQIqA >A short video demonstration of the sword and shield swap is available here  瞬間的に剣と盾を左右入れ替える例もサガでは有るが 整列した集団戦では味方の盾の無い右側のカバーを考えれば こうした入れ替えは無いと言う事なのかだが
10-21 17:18

https://t.co/QTJ4Z7Bj11 柄の短いバイキング剣のサガでの両手打ちは 左の様に手首を押さえるタイプの物なのかだが 手首では無くリカッソを持っている可能性も有るのかどうかだが
10-21 17:28

柔らかいとされるバイキングソードも サガでは折れている例も多いが 現実的な描写では無い可能性も有るのかだが
10-21 17:45

バイキングもバイユーのタペストリに有る様に 槍・盾で整列して戦い 剣・片手斧は乱戦で利用と言う事だっただろうか 騎兵には両手斧が利用されると言う事なのかだが
10-21 18:06

https://t.co/W5sV2pfnBX 左のブルーナンブルフの戦いの絵の様に バイキング・サクソン兵共に整列時は槍+盾で戦い 乱戦時には剣或いは両片手斧を利用したと言う事なのかだが
10-21 18:23

槍も乱戦では両手持ち共成り 剣も同様と言う事なのかだが
10-21 18:24

https://t.co/H4wKk90xPd 左でも槍の両手持ち運用が書かれるが 乱戦時だけなのかだが 槍の投げは余り無いと言う事なのかだが
10-21 18:28

バイユーのタペストリーではノルマン騎兵・サクソン歩兵共に槍を投げている様に見えるが 数は無いと言う事なのかだが https://t.co/YMWYUeUMYD
10-21 18:40

バイユーのタペストリーにはノルマンの騎馬弓兵が描かれるのかだが 他の場面には居ない様に見えるが 強化弓は利用していたのかどうかだが https://t.co/EF6L90YJqV
10-21 18:47

サガでもトルフィンの様な短剣二刀流は無いと言う事なのかだが 中世西欧には戦場での二刀流は無いと言う事だろうが 日本の場合は二刀小太刀術は有るだろうが 短刀の二刀流は有るのかだが 短刀は逆手持ちが多いが 二刀逆手持ちと言うのは小太刀でも有るのかだが
10-21 18:56

https://t.co/1yGV9hOWuU 二丁十手術で片側が逆手と言う物なら 有ると言う事なのかだが 通常の短刀と馬手差の短刀の二刀流で片側が逆手持ちと言うのが 有った可能性も有るのかだが
10-21 19:09

https://t.co/JuPjcPy30R サガでは槍の上に着地して折ると言う技も出て来るが 日本でも槍の上に乗って拘束する技は有る様だが 折った例迄は有るのかだが 打柄的な柔軟な柄は折れるのかどうかだが 茎や刀身が曲がる或いは折れると言う様な例は有るのかどうかだが
10-21 19:25

RT @chilime: た、盾だ…!!大持盾だ…!!和の盾、鎧みたいで超格好いい!! https://t.co/X9HlJcj4bQ
10-21 20:09

センゴク一統記11巻の引田の戦い(1583年)に出て来る 仙石秀久のこの9kgの持盾の実物が https://t.co/8meYQBM5yw 上田市立博物館 武士の魂―上田ゆかりの武具と刀剣で公開されていると言う事なのかだが 第二次上田合戦以前にも使われていたのかだが https://t.co/jywAYmhuqn
10-21 20:37

博物館には第二次上田城の戦いで仙石忠政が利用と有るが 類似の物が多数有った可能性も有るのかだが
10-21 20:39

9kgとすると西欧甲冑の胸甲(7kg程度)より重い訳だろうし 西欧甲冑の胸甲が近距離でも防げるマスケット銃と同程度のサイズの 上田城内からの10匁狭間筒の射撃は考慮していたと言う事なのかだが 20匁迄はどうなのかだが
10-21 20:51

こうした盾は胸甲と異なり 板札が動く事で衝撃を逃せるだろうが 20匁筒の防御迄は考慮しているのかだが
10-21 20:54

こうした動く9kgの装甲が 恐らく通常より厚いであろう指揮官の具足の胴や兜鉢と合わされば 20匁弾程度は止まる可能性も有るのかだが
10-21 20:58

バイキングの革貼りの盾は 張力が200kgも無い様な10世紀の非鉄製のクロスボウでは 貫いて後方の人を倒すのは0距離でも恐らく無理だろうが https://t.co/uUw48cVzXb 兜は劣化した古い物が多く それさえ無い者が多いと言うし 劣化した兜がクロスボウや弓で貫通していた例も多いのかだが https://t.co/TEhp37hXSD
10-21 21:44

https://t.co/wLzpISZU95 バイユーのタペストリーだと兜を被るサクソン歩兵が多いが 鎖帷子も含め前衛の兵以外は実際は余り無いと言う事なのかだが 小型の円盾はヘイスティングス時点では 後列に有るのかどうかだが
10-21 21:51

手持ちの盾に袖的な上の折返し部分は無意味と言う意見も有るが 上に顔を出した際上部に銃弾や矢が当たって跳弾し 顔に飛び込むのを防ぐ為に付いている可能性も有るのかだが
10-21 22:19

https://t.co/WHs5gpb9GT https://t.co/Qs7EFmsubU サガにマントで剣を落としている様な描写も有るが ナイフ相手に服でこうした事は出来るのかだが
10-21 22:25

ヴィンランドサガでクヌートがトールギルにマントを掛け 逃げている描写も有るが https://t.co/WHs5gpb9GT >Video demonstrationthrowing a cloak on a sword この下に有る動画との関連はどうなのかだが サガに有る技とは書かれていない様に見えるが https://t.co/yxcLOo1QNY
10-21 23:04

トールギルの場合マントが掛かる前に切断している様に見えるし 足止め効果は余り無かったと言う事かも知れぬが ナイフでこうした切断は困難と言う事なのかだが
10-21 23:06

その直後ウルフが剣を投げている場面も有るが  https://t.co/HhpYkGQIqA サガでも剣は投げられていると言う事だろうか https://t.co/TFjKp6zmwh
10-21 23:25

この直後ウルフが片目をやられているが 両目を同時に潰されてクヌートがやられた危険も有ると言う事なのかだが ウルフも自分が先に目を潰して顔の位置を通常とはずらしつつ 首を絞める或いは喉を潰せば勝てていたのかだが https://t.co/4aAbpNP9gc
10-21 23:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10953-92cc3db3