FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

【坂田正彰の目】南ア戦へ1次ディフェンスの精度高く保て(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース https://t.co/hOCP9N7LMy
10-20 09:35

日本よかく戦え!南ア出身、TLクボタのルディケHCが語った/ラグビーW杯 - SANSPO.COM https://t.co/LTte0aabsi @sanspocomさんから
10-20 10:24

【砂村光信のMust See】個々が大きく強い南ア 迷わず前へ出てつぶすこと(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://t.co/iJJWIegtOC
10-20 11:03

「下町ロケット2」モデルの会社、強靱な桜ジャージーの生地開発(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース https://t.co/VWBLCOF4ll
10-20 12:17

https://t.co/unhyRHS8VO 左のヴラスタの様にハーフソードをしていた剣を捨てて短剣を抜く技は タールフォファー教本に有るが 相手が転倒した後と言う事なのかだが 短剣を使う必然は無い様にも見えるが https://t.co/0qNzsAUD9M
10-20 13:57

敵が強く引いているハルバードを離して 転倒させる技が狼の口・ヴォルフスムントに出て来るが 類似の技が1440年代のリングエックの伝書のハーフソード戦で出て来るが ポールアームや体を掴んだ際も行われたのかどうかだが https://t.co/WDWKRzx9uz
10-20 14:16

鍔迫り合いから突然引いて 相手の体勢を崩すと言うのも剣道等で有ったかも知れぬが 此れで勝利した例は有るのかどうかだが
10-20 14:25

https://t.co/kWhVSKg37l >しかし剣道のようにそのまま押し合いを続けることはありえない。 なぜなら柔道と同じく相手が強く押せば体を斜めに軸をはずし、側面に回れば簡単にいなすことができる。  西欧剣術の場合は 鍔迫り合いは横に回避と言う事なのかだが
10-20 14:28

>ドイツ剣術には「バインドしたとき先に剣をはずしたほうが死ぬ」といわれている。これはバインドし、相手を切ろうとバインドから剣をはずせば間髪射れず、相手は突きを入れるからだ。   とは言え甲冑の隙間を狙った突き等が読まれて 掴まれる等する例も有るのかどうかだが
10-20 14:31

>また、鍔もとには当然相手の腕、手が手に届く位置にあるので、即座に相手の腕、手をとらえ関節を決めたり投げ飛ばすことができる。相手の剣のポンメルを掴んでひねれば簡単にディスアームも出来る。剣刃で接触している点を軸に自分のポンメルで相手の顔面を突き上げることも出来る。
10-20 14:33

>相手の腕の間に自分のポンメルを入れ、そのまま前に引き倒し反動をつけてキヨンでみぞおちを、あるいは裏刃で相手の顔を突き上げることも出来る。このようにさまざまな攻撃ができるので鍔元まで相手の剣が重なったらもたもたする暇は無い。
10-20 14:33

https://t.co/jq0ig7oytA ハーフソード戦でも鍔競り合い的な時間は少ないが 互いの手は近接しているだろうが 左の様な組討は試合では割に無いだろうか
10-20 14:43

https://t.co/UftcRK1UJM ポールアックスでも長時間の鍔迫り合いは基本的に無い様に見えるが 左では割に長いが アックスを落とされているだろうか
10-20 14:49

https://t.co/0QtHECUypi 集団戦でも鍔迫り合いは少ないが 縦深が有り余り後退出来ず スペースが無く組討も出来ない様な状況ではどうなのかだが 組まず共敵の武器を奪う或いは落とす動きが多く成る可能性も有るのかだが
10-20 15:03

下の様に片手用ハンマーや斧が両手持ちハルバードのパワーで落とされた例と言うのは 何処迄有るのかだが アルベドではそうした事はほぼ無かった可能性も有るのかだが https://t.co/me6WzrVgd0
10-20 15:07

クォータースタッフでも相手の力が強い際に 掴んでいたスタッフを離す技が有るが 相手のバランスを崩す意図は無いと言う事なのかだが https://t.co/hhHJRKMKaT
10-20 15:14

ヴォルフスムントの下の場面の様にバイキングシールドと片手斧で 敵の剣を落とすと言う技も有っただろうが 両手持ち武器迄落とせるのかどうかだが https://t.co/sfKE1KKtSh
10-20 15:56

https://t.co/AKofE6IhYh 左の技だろうが 両手持ち武器迄は落とせるのかどうかだが
10-20 15:57

https://t.co/AnlP92KAyz 1415年頃には片手斧は未だ有ると言う事なのかだが https://t.co/g8YE5WXLm0 片手用ハンマーなら1440年頃のサンロマーノの戦いの絵にも有るだろうが 同時期に片手斧も未だ有るのかだが
10-20 16:21

https://t.co/w7Kwjm31VR 左の場面ではハルバードをロックした後 盾を滑らせて腕を打撃し ハルバードを落としている様にも見えるが 果たしてどうなのかだが
10-20 16:30

河出書房新社・戦国忍者列伝に 二代目唐沢玄蕃が12mから音を立てずに着地した等と有るが 此れは非現実的なのかだが https://t.co/FJaK1TPF5a 左では7.5m以上から恐らく土の上に着地しているが 音は消せるのかだが 10m程度でも無傷で着地出来る可能性は有るのかだが https://t.co/ebu41Fl1qb
10-20 17:40

https://t.co/FrTGIvUSS1 左は7mからの着地だが 着地時に何処迄音がしているかは不明だろうか
10-20 17:45

二代目唐沢玄蕃は助走無しで1.8m飛び上がったと有るが https://t.co/FkSVlsA2un 助走無しで1.61m飛んだ例は有るが 1.8は厳しいと言う事なのかだが
10-20 17:53

二代目唐沢玄蕃の 利き足から踏み出す3.6mの幅飛びと言うのは 助走無しの物なのかだが https://t.co/zsRHAf6iAS 左では助走無しで 3.73m跳んでいるだろうか
10-20 17:59

https://t.co/NmaHreYndr >忍術書『水鏡』には、刀の小尻に小さな穴をあけ、鯉口をくわえて息をすることが書かれていたり、『正忍記』には竹筒を用いて息をし、潜水すると書かれている。  刀の鞘での呼吸も伝書に有る様だが 此れは困難と言うし 飽く迄竹筒が無い時に利用する物なのかだが
10-20 18:40

https://t.co/zr5rmGhnN6 >しかし物理的にみて、鞘はシュノーケル代わりに使うには長すぎて、よほどの肺活量をもつ者でなければ呼吸が難しくなるため、現在ではその方法は実際には用いられなかったのではないかと考えられている(分解できた可能性はあるが現存しない)。
10-20 18:41

分解式の鞘だと武器としては使い難いかも知れぬが 脇差の鞘や竹筒が呼吸用に利用されていた可能性も有るのかだが
10-20 18:42

万川集海だと忍者は脇差を利用と有るから 脇差の鞘での呼吸が基本なのかだが 鞘での二刀流と言うのは有るのかだが 脇差・苦無の二刀流が基本と言う事は無いのかだが
10-20 19:09

https://t.co/GftnNInHV8 >『忍秘伝』「忍入大極意」には「猿子入ノ事」として、猫のように軒伝いに入るとか、猿を真似てその皮を身にまとって木を伝うとされており、さらに場所によって狸・狐・犬にも姿を変えるとする。実際『和漢三才図会』にはその様子が描かれている。
10-20 21:48

人間が狸・狐等に化けたとしても サイズの問題で近距離では識別され得るのかだが 熊なら可也近距離でも識別されないのかだが 猿・大舘犬でも小柄な者や子供が化ければどうなのかだが
10-20 22:01

木や屋根の上に犬に化けた人間が登っていると言うのも 不自然に見られぬのかだが https://t.co/EGFagXchtG 狐は木や屋根に上る様だが 体重は最大14kg程度だろうし 子供か可也小柄な者しか化けれられぬのかどうかだが https://t.co/9BxanszmX0 熊も木には登る様だが
10-20 22:26

https://t.co/YX2FL142oo 犬が左の様に木に登る例と言うのは 果たして何処迄有るのかだが
10-20 22:30

https://t.co/0fjQy2tBHd 狸も木に登るが 体重は4kg程度と言う事だろうか
10-20 22:33

審判さえ欺いた南アの出足、経験差に泣いた/今泉清(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/2z6SR8NU0Z
10-20 22:45

RT @orthoinoue: このスポーツのゲーム構造を理解できれば、南アに対して何をすれば良いのかは明確でした。状況判断できるスペースはありません。スペースを作るためにBDにプレッシャーをかからないようにフェイズを重ねてスペースを作ってから崩さないといけません。ラグビー…
10-20 22:47

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10952-244cf14f