FC2ブログ

Category

2020.06

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

10/09のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/HCl6ehqRLB 左の面頬には可也赤い髭が付くが 赤熊的な色の物迄は無いと言う事なのかだが
10-09 08:46

https://t.co/brqam1EdCt 左の松平忠直の赤熊程は 髭は赤くは無いと言う事なのかだが
10-09 08:49

⑤ 時代鐔 大珍品 小田原城 鯱鉾に富士山 https://t.co/pegRtOvOFP こうした構図が入る物は 他には無いと言う事なのかだが
10-09 09:33

【火縄銃研究】「松本城 鉄砲蔵」1996●武具 火縄銃 鉄砲 銃 家紋 十手鉄砲 脇差鉄砲 ピン打式銃 洋銃 古式銃 国友筒 指火式銃 図録掲載! https://t.co/dmCm3Uqb8p 雑賀衆等が近接戦用に 脇差鉄砲や短刀に鉄砲を装備した物を利用していた可能性は無いと言う事なのかだが
10-09 09:58

兜割 刀剣 鎧 https://t.co/Dkjor87FEs こうした物を短刀の代わりに利用した例は 有るのかどうかだが
10-09 10:02

t1210 竹弓 龍紋 ● 武具 和弓 https://t.co/6IhluhTodK こうした蒔絵が入る弓も有るが 戦国期には実戦用の物は有ったのかだが
10-09 10:15

https://t.co/FLaT8szUIa トルコ弓だとこうした紋の入る物も有るが 実戦用なのかどうかだが
10-09 10:46

https://t.co/g7fItDUnhi 満州弓の場合乾隆帝以前には 派手な物は無いと言う事なのかだが 派手な弓は中国の弓を参考としたと言う訳でも無いのかだが
10-09 10:57

戦国期の弓でも槍同様に螺鈿が入ったり 刀の鞘同様に蛭巻的な紋が入る例が有った可能性も有るのかだが 家紋が入る例等は有るのかだが
10-09 11:08

https://t.co/VTxH88AJOj こうした蒔絵の入る鞘が戦国期にも有るなら 同様の蒔絵が弓や槍に入る例も有るのかだが
10-09 11:22

https://t.co/Nw0NqJoLVv 前田利政の家紋が連続する蒔絵の入る鞘も有るが 同様の蒔絵が弓や槍に入る例も有るのかだが
10-09 11:30

https://t.co/R0WHlNnKDS フスの戦車も周囲に杭が有る絵も有るが 騎士の突入を防ぐのに戦車だけでは十分では無かったと言う事なのかだが ランスを上から突き込まれる危険等も有ったのかだが
10-09 11:48

https://t.co/R0WHlNnKDS 1420年に男装していたフスの女兵士が156人捕らえられたと有るが フスの女兵士は基本的に男装していたと言う事なのかだが 男の服が回らない様な者も居たのかだが
10-09 11:59

そうしたフスの女兵士も戦時以外で男装すると ジャンヌダルクの様に異端視されると言う事なのかだが
10-09 12:02

https://t.co/5ciHq1lGXf フスの戦車には弾薬が尽きた際に使う石も積まれると有るが 騎士の板金鎧には通用したのかだが https://t.co/p1QmvoTK6a スリングは左を見る限り利用は無いのかだが
10-09 12:21

https://t.co/Q8Q0TdvZVN 14世紀後期から有る 張力442kgの鉄製クロスボウでも 板金胴は貫通出来ないと言う事かも知れぬが ジャンヌダルクが脚をクロスボウで負傷しているし 体とのスペースの無い手足なら 近距離では可也ダメージを与え得るのかだが
10-09 12:50

https://t.co/M09AGsoZNn この板金の厚みは不明だが ハンドガンでは近距離ではクロスボウ以上のダメージは与え得ると言う事なのかだが
10-09 13:07

https://t.co/rOy7B9hxJb フス戦車兵も先ず馬を狙撃して 生き残った騎士を次に射撃と言う事なのかだが https://t.co/fXxxAjZWJd ウィンドラスクロスボウなら12秒でリロード可能だが ハンドガンはどうなのかだが
10-09 13:51

https://t.co/cSmIFCBmg8 騎馬武者の場合はこうしたランスチャージ的な威力を増す槍の構えは無いと言う事なのかだが https://t.co/hTbSXeOGKk ペルシャ騎兵の様に両手持ち槍で片手持ちランスを叩き落とし馬等を突く事は出来るのかだが
10-09 14:54

https://t.co/2it6hnYxUj 騎馬武者の場合でもこうした脇に抱えないが 馬の速度を生かした片手突きは有ると言う事なのかだが
10-09 14:56

騎士相手の場合騎馬武者は 槍の両手打ちでランスを叩き落とした直後に片手持ちとして 馬を突くと言う様な方向が良いのかどうかだが
10-09 14:58

津軽屏風には槍で互いに騎乗線をする直前に見える騎馬武者達が描かれるが 双方共両手持ちだが この儘馬の速度を生かして突撃するとすれば 両手で相手の槍を払った後 馬等を片手で突くと言う事を狙っているのかだが https://t.co/Zdk3l0Nc0T
10-09 15:19

双方槍を払って一撃で勝負が付かぬ例も多いのかだが 薙刀や両鎬槍なら両手持ちで馬の速度を利用しての斬撃も有り得るのかだが 両鎬槍は大身では無い物ではどうなのかだが
10-09 15:24

大阪冬の陣図の騎兵同士の戦いでは 薙刀が妙に目立つが 両手持ちで相手の薙刀を払った後その儘両手持ちで斬撃するか 片手突きも行うと言う事なのかだが https://t.co/mVDlXYQVaF
10-09 15:47

西国だと騎馬武者同士の戦闘は こうした形の追撃戦しか基本的に無いと言う事なのかだが https://t.co/tCN9viN6uB
10-09 15:52

騎馬武者も逃げる際或いは逃げる相手に対しては槍の両手突きも 多いと言う事なのかだが
10-09 16:01

西国騎兵でもこうした形で 崩れた歩兵を追撃する事も有るだろうが 相対速度が高く成っている状態なら 槍は片手突きを行うと言う事なのかだが https://t.co/EfJi0Rqc33
10-09 16:32

朝鮮軍陣図屏風でも 槍は両手利用だが 薙刀や刀を持つ騎馬武者も目立つが 弓での反撃を考えると馬鎧の無い騎馬武者は何処迄近接戦をしていたのかだが 日本の騎乗弓兵や銃兵の射撃で落後した明・朝鮮騎兵が基本的にやられていたのかだが https://t.co/Zz3rGBvGbj
10-09 16:45

馬鎧が無い場合弓をアウトレンジ出来る銃を持つ騎馬武者が 明・朝鮮の弓騎兵を主に追撃していた可能性も有るのかだが https://t.co/sBER3VuxgF 馬上筒でも馬に対しては 可也遠距離から当てられたと言う事なのかだが
10-09 17:12

https://t.co/dfAOO33ekb >森重流の砲術伝書(短筒打放心得)は,鉄砲に紐を結んで固定し,射撃時に鉄砲が暴れないようにして撃つことを教えている。   こうした紐を付けての馬上筒の射撃は 戦国期には有るのかだが
10-09 17:22

https://t.co/C5pFuPPPt9 >朝鮮出兵の加藤清正隊や関ヶ原の島津隊では、騎馬隊のほとんどが銃を装備しており、藩によっては騎馬隊が鉄砲を持つことを定めているものもあるようです。
10-09 17:36

島津軍の腰筒は移動しながらの騎乗射撃は考慮していない可能性も有るだろうが 明・朝鮮騎兵に対しては弓の射程外迄騎乗して接近し 下馬して腰筒を放った可能性も有るのかだが 清正の騎馬武者の銃も同様の可能性も有るのかだが
10-09 17:38

https://t.co/1Zzhxb5uAH >騎馬武者の馬首に鉄砲袋を備え、弾薬の袋を馬尻に掛けさせて「火車懸」の戦術を繰り出した  立花宗茂の軍も肥後国人一揆では 騎馬鉄砲を利用していたのかだが 乗馬しての射撃は無い可能性も有るのかだが
10-09 17:51

火車懸も馬の首に鉄砲袋と有るから 馬上筒利用の可能性も有るだろうが 弾薬は馬の後部に大量に装備していたと言う事なのかだが
10-09 17:53

https://t.co/hNtayQPwwL https://t.co/ND6dDgxTb5 こうしたホルスターの有る位置に長い銃は 装備出来ないと言う事なのかだが
10-09 17:58

清正が女真騎兵に対し 銃を54mから二段射撃していたと有るが 銃を持つ騎馬武者は 少く共上手い者は更に遠距離から主に指揮官を狙っていた可能性も有るのかだが 騎馬武者全員等が放っていたのかだが 銃撃後は足軽の前に出て 長物で騎兵を阻止していたのかだが
10-09 18:55

銃が余り上手く無い騎馬武者は二弾射撃の前列に配置して 射撃後速やかに長物を取って 生き残った女真騎兵を迎撃した可能性も有るのかだが
10-09 19:06

銃を持つ騎馬武者は 銃の名手である黒田長政や浅野幸長の軍には多かったのかどうかだが
10-09 19:56

島津軍の場合腰筒では無い長い筒を持つ 銃の上手い騎馬武者は多かったのかどうかだが
10-09 19:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10942-fb9810d1