FC2ブログ

Category

2020.05

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

狼の口・ヴォルフスムントで足を掛けようとしたルツェルンハンマーが 踏み付けられ拘束される場面も有るが ポールアームの鈎で足を掛ける位置は膝部分だろうが この高さのポールアームが足を上げて踏み付けられたり 掴まれた例も有るのかだが https://t.co/CXZQZSYpEQ
10-03 09:42

https://t.co/Fl2geCVqkm タールフォファー教本でも 膝裏にハンマーを掛けているし ハルバードやポールアックス・短剣等も同様の様だが
10-03 09:45

【TAKIYA】時代武具『 三十二間鉄地筋兜 ・ 紺糸縅漆胴具足 』 面頬 采配 鎧櫃付 全揃 平井筒に稲穂紋 家紋入 大名 武家 甲冑 鎧兜一式 https://t.co/pEBcREUJM0 蝶形の丁番が多数入る籠手も有るが 脛当で類似の物は有るのかだが
10-03 10:42

【 保存刀装具 】 法安兼信 大珍品 十二支文字真鍮象嵌 九曜紋 鐔 大刀用 81.8mm 細川家 注文品 象嵌のある法安兼信はこの一品だけ 鍔 本物 https://t.co/cDEK2No9IX 十二支の文字が入る鍔等も 有ると言う事だろうか
10-03 10:46

https://t.co/f6airy834H 透かしで十二支の文字が入る例や https://t.co/KvelY5xMdI https://t.co/tQXAZrPwl2 十二支の動物が入る鍔等も有ると言う事だろうか
10-03 10:55

異風南蛮胴 白檀塗金具廻り *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/zhlvXaWuhE 完全に南蛮的な胴で無く共 南蛮的な仕付襟が付く例も有るのかだが
10-03 11:12

膝に鈎を掛けようとしたポールアックスを払って 直後に逆に膝を掛けると言う様な技も有るのかだが これを回避して首に鈎を掛ける例も有るのかだが https://t.co/HRNAsXssFX
10-03 12:56

足でポールアックスを蹴って鈎を回避と言う例も有るが 蹴った後に踏み付ける例は有るのかどうかだが https://t.co/GH1hz500Bz
10-03 13:00

膝に鈎を掛けたポールアックスを 相手を押し倒して回避と言う様な技も有るのかだが https://t.co/XpygD5klWD
10-03 13:14

首に鈎を掛けられた場合は 組討で対処すると言う事なのかだが https://t.co/YXH0mx7Dle
10-03 13:21

ハルバードの鈎を首に掛けた相手に対し 同様に首に鈎を掛け先に倒すと言う様な技が有ると言う事なのかだが 十文字槍の様に鈎に刃が付いていたら 首に装甲の無いハルバード兵は 少し鈎が掛かってもやられる危険は有るのかだが https://t.co/M71DfgsaqG
10-03 13:51

https://t.co/rRONlKeBYc スイスのハルバードだと鈎に刃は無い様に見えるが 尖った斧の下端部で掛けられてダメージを受けた例も多いのかだが
10-03 13:59

https://t.co/cfWiCTlCiw 払って首に掛けようと言う鈎或いは斧を回避する技も有るだろうし こちらが使える場合は此れを使うと言う事なのかだが
10-03 14:02

https://t.co/6tzlHKsybf 1350年迄鎖を貫ける先端の細い剣は出ていないと言う事なら 狼の口・ヴォルフスムントに有る様に1315年のモルガルテンの戦い辺りの剣では 鎖を貫通するのは困難と言う事なのかだが https://t.co/CU2zFYdtLh
10-03 14:20

1350年に先の細い剣が登場したと言うのは 1350年頃と言う事だろうが 手足の装甲の板金化が一定以上進んだ後で出て来たと言う事なのかだが
10-03 14:23

1315年では未だグレートヘルムが主体かも知れぬし 側頭部は剣では打撃は与え難いと言う事なのかだが
10-03 14:25

https://t.co/OzfMplLkKi 1310年或いは1275年に 先の細い剣が作られている可能性も有る様だが モルガルテン時点で数は有ったのかだが 此れはコートオブプレートの脇の隙間等を狙うのに作られたのかだが
10-03 14:32

https://t.co/8o5A8b2i3R 先が一番鋭くは無い 斬る事も考慮したタイプXVIII系統の剣が1410-1510年では最も多用されたと有るが 騎士は更に尖った物を利用していた可能性も有るのかだが 絵では必ずしもそうでは無い様だが
10-03 14:39

https://t.co/GbeI9uSV3D 14世紀でも切っ先が一番鋭くは無い  タイプXVIの様な剣が主流と言う事なのかだが
10-03 14:44

クルトがブルクトーの側頭部を突いた剣は 歩兵から奪った物だから 先は余り尖っていない可能性が高いのかだが
10-03 14:48

ヴォルフスムントの下の場面に有る様に 脇を狙う剣を上腕部でブロックして防ぐ様な例は 試合では有るのかだが 板金鎧装備のブルクトーが軽装のクルトに追随する為に剣を離して素手で対処しているが 現実にこうした例は有るのかどうかだが https://t.co/LlvgYr6rjG
10-03 14:55

こう言う下に飛び込む技も 西欧式レスリングでは多いだろうが コートオブプレート相手なら首や背上部は鎖だけだろうから 盾で打撃される例も有ったのかどうかだが こうした部分が板金化された後は盾は可也廃れていたのかだが https://t.co/fbhqbKpNAi
10-03 15:04

ウェルシュフックの下の左片手突きは 右片手突きの間違いと言う事なのかだが 他のポールアームでも右片手突きは有ると言う事なのかだが 日本の長物では有るのかどうかだが https://t.co/6PrJ0tvG3S
10-03 15:27

https://t.co/6HZlbj7T4q >槍術ならば後手である右手の片手突き自由攻防をすると恐怖心からか、遠くから届くこの奥手での片手突きは自然と使いだす人がわりといるやっぱり似たような発想がでるのか、銃剣術でも後手である右手の片手突きばかりつかっている動画がある。
10-03 15:40

銃剣の片手突きと言うのは 実戦では多用されたのかどうかだが パイクのリーチを伸ばす為の 右片手突き等は有るのかどうかだが
10-03 15:41

https://t.co/6HZlbj7T4q >・両手打ち:パワー&コントロール・片手打ち:リーチ&スピード・両方使いこなせるのも理想形♪   片手持ち剣だと左右のスイッチは容易では無いだろうし 片手打ち主体でも両手持ちの剣を使い 左右スイッチを素早くやると言う方向も有るのかだが
10-03 15:52

https://t.co/qEOrgwMqim >徳川四天王の1人、本多平八郎忠勝の残した手記に女性兵士に関する記述がある攻め込まれた時は陣場を守るだけでなく、剃った眉を炭で太くかき、口はビンロウジュやザクロを噛んで赤黒く染め、ワァーッと真っ先に突進して行く。当今の武者よりよほど勇ましかったものだ
10-03 15:55

本多忠勝の言う女兵士と言うのは 鉄砲足軽以外も含まれるのかだが
10-03 15:56

https://t.co/eAFpG4jzXm 左の中国の槍術に描かれる兵には クロスボウの矢に付ける毒が装備されるが 碧蹄館で毒矢で戦死した騎馬武者が居ただろうが クロスボウでは無く通常の弓の毒でやられた可能性も有ると言う事なのかだが
10-03 17:13

https://t.co/7tp05dr8gH >十時連久、内田統続、安田国継(此時の名は天野源右衛門貞成と呼ぶ)らは槍を投げて数十騎を突落し、明・朝鮮軍の中央を回転突破。中陣の戸次統直は強弓を引いて20余りの敵兵を射落し援護した。しかし連久は李如梅の毒矢を受け、帰陣して間もなく戦死[13]。
10-03 17:15

碧蹄館で立花宗茂の部下・十時連久が李如梅の毒矢でやられたと有るが 李如梅自身が放ったのでは無く 付近の護衛兵が放った物の可能性も有るのかだが
10-03 17:18

https://t.co/515J0yGcTO泗川の戦い 泗川の戦いで川上忠実は36本もの矢を受けたが戦死していないが 精鋭護衛兵とは戦わなかったから毒矢は無かったと言う事なのかだが
10-03 17:19

https://t.co/RHl10Y1S9L 大同江の戦いで黒田長政は肘に朝鮮兵の矢を受けているが 精鋭護衛兵の矢では無いので毒は無かったと言う事なのかだが
10-03 17:22

https://t.co/eAFpG4jzXm 左の明の槍歩兵の絵では短刀が右腰に装備されるが 騎兵等も同様の位置に短刀が有るのかだが 右手で逆手抜刀が基本なのかだが
10-03 17:33

https://t.co/nIECi9zaLA モンゴル軍は日本で毒矢を使用していないと言う意見も有るが 矢を受けた武将は戦死していない例が多いが 果たしてどうなのかだが
10-03 17:54

木星に浮かぶ巨大な「黒い円」発見、直径3540キロ NASA https://t.co/XmdDnUQJSB
10-03 18:13

https://t.co/C1h1ADLn3S 黒田一成も明兵の矢を右肘に受けたと言うが 毒は無い矢だったのかだが https://t.co/BwfcT46xAG 槍を構えた正面から右の裏籠手に矢が命中していた可能性も有るのかだが
10-03 21:29

https://t.co/ZhrDOsaogK 根飛の場合万力鎖や鎖鎌と異なり 持った手で組討も可也出来ると言う事なのかだが 南北朝期には有ると言うが 戦場で利用はされたのかだが
10-03 23:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10936-b7297547