FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

突撃する清騎兵に対し 地形が無い場合は槍兵の側面から射撃等は出来ないだろうが 槍兵後方からの射撃も高台でも無ければ難しい可能性も有るだろうが 春日権現験記絵には騎乗した騎馬武者が盾の背後から射撃をしようとしている様に見える場面も有るが こうした事は戦国期には行われたのかだが https://t.co/xfHXiaQQOR
09-13 08:34

そうした状況では 乗馬した騎馬武者に銃を渡して槍兵の背後から連発していたと言う可能性も有るのかだが 騎馬武者の強弓なら綿襖甲を貫通するか 強弓で無く共装甲の無い顔等に当てる事は 近距離で白兵戦をしている状況なら 騎馬武者なら割に出来るのかどうかだが
09-13 08:40

足軽や徒武者が槍を持つ騎馬武者の余った馬に騎乗して 上から銃・弓を放つと言う様な例は有ったのかどうかだが 馬足軽的な兵が居る本多・北条以外では無い可能性も有るのかだが
09-13 08:54

https://t.co/ND6dDgxTb5 馬上から散弾を放つ塵砲を利用している例も江戸期の絵には有るが 槍兵の列の背後から放たれた例は有るのかどうかだが 50匁等の筒の散弾が放たれる例等は有るのかだが
09-13 09:34

馬が50匁筒等の轟音に耐えられるのかと言う事は有るだろうし 誤射時の危険を考えれば無い可能性も有るのかだが
09-13 09:37

https://t.co/n6tGIg8uwI 関ケ原で利用されたと言う島津軍の塵砲等も有るが 何匁程度の筒なのかだが 泗川や露梁海戦でも利用された可能性は有るのかだが
09-13 09:58

漫画・柳生兵庫助には 塵砲的なバラ銃が出て来るが 人が盾に成っても何処迄回避出来るのかだが 斜め下方に回避しつつ脇差等を投げ 戦闘可能なら接近して止めを差すと言う様な方向で対処するのは 困難と言う事なのかだが 装甲が有れば幾らかは跳弾し得るのかだが https://t.co/QWoeWvLaQi
09-13 10:31

塵砲も大砲に使われた様な鉄片では無く 切玉的な散弾や 通常の小型弾が入る例も有るのかどうかだが https://t.co/ZJd8rWxz0T
09-13 10:46

黎明書房・長篠・設楽原の戦いに有る散弾(切玉)は 3mm程度の物と 1.5cm程度の物が有るのかだが 大筒用だと三匁五分(13mm)程度の玉が使われると言う事なのかだが 1.5cmの物でも綿襖甲は果たして貫通出来るのかだが 装甲の無い所に食い込ませて牽制する物なのかだが https://t.co/nlNNGG1EVg
09-13 12:00

一寸(3cm)の玉を9込める地獄玉等と言うのも有るが 此れは30匁以上の筒で無いと放てないだろうが 塵砲から放たれたのかだが 近距離でも綿襖甲を貫通出来るのかどうかだが
09-13 12:05

射撃を最大限続ける為に銃・弓兵だけでも下の賤ヶ岳合戦図の様に 高台に移動させると言う事をしていたのかどうかだが https://t.co/2LNMOlJ17R
09-13 12:56

朝鮮軍陣図屏風の 右の黒田・鍋島隊は騎兵が突撃出来ない様な高台に布陣していると言う事なのかだが 立花宗茂の様に林を利用してで矢を防ぐ事はしていたのかだが https://t.co/MMnITBZWY2
09-13 13:02

外部に布の多い綿襖甲を松明や ファイアランス・棒火矢・焙烙玉の様な物で燃やす等と言う事は何処迄行われたのかだが https://t.co/3MemEH0TBC 綿が表面フラッシュを起こして 炎上していた可能性は有るのかだが
09-13 14:15

偉い者の綿襖甲は絹製の外装が有ると言う事だっただろうし 明の場合は小札が装備されるだろうか
09-13 14:17

https://t.co/uOrxo8r3oE 毛羽立っていない綿は 表面フラッシュは起きないと言う事の様だが
09-13 14:29

毛羽立っていない綿でも 使い込むと擦れて毛羽立って来る可能性は有る訳だろうから 外装が絹で無い物は早期に炎上していた例も有るのかどうかだが
09-13 14:38

https://t.co/KOQC0VP9eh 塵砲の散弾は 6mmと言う事なのかだが
09-13 15:43

研究に15年 世界初、細胞の老化を抑制する遺伝子を発見 岡山・吉備国際大学 https://t.co/ZbtlBe0Bqr https://t.co/1q5RJYgxpM 老化しない生物と言うのは実の所多いと言う事だろうが 老化する生物との遺伝子等の差異は把握出来ているのかだが
09-13 16:05

https://t.co/LzETdT811s 蔚山城では浅野幸長が 明軽騎兵の偽装退却に掛かっているが 清正は女真騎兵の偽装退却に乗った形跡は無いが 序盤の朝鮮軍との戦いでそうした戦術は把握していたと言う事なのかだが
09-13 18:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10916-08e3bc53