FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

バスケ代表 “悪夢”W杯5戦全敗 渡辺34得点奮闘虚し 18歳天才シューター招集プラン浮上https://t.co/PurfjzUANY 最終戦で米やトルコ相手でさえ入っていた3ポイントが 1本も入らなかったと言うのは不可解だろうか
09-10 08:21

>3ptが1本も入らなかったのは、シュート以前に4試合での疲弊、フィジカルコンタクトによる体力の消耗など富永君では対応不可能な事も要因だと思う。初戦のトルコ戦なんて結構入った。   疲労蓄積が 果たして原因なのかどうかだが
09-10 08:38

>オーストラリアのミルズみたいに、一人でも20点以上取れるPGがいるだけで全く別チームになるし、ニュージーランドのウェブスターのように3Pバンバン入れてくれる存在がいるだけでトルコにさえ勝ててしまう。   日本にそうした選手が一人と 八村が組み合わさっていたら 最終戦には勝てたのかだが
09-10 08:41

https://t.co/HvSleXY8Ko バシネットが5.75-6.25kg等と言うのは 果たして事実なのかだが グレートバシネットは更に重いだろうか
09-10 08:50

https://t.co/HxxTh7bYGG 左のイタリア式鎧のtoraxは胸上部の鎧 corseletは腹部分の鎧なのかだが こうした重量ならマスケットより小型のアルケブス銃程度なら近距離なら防げるのかだが ゴシック鎧は此れは防げないと言う事なのかだが
09-10 08:56

これぞ虎徹!超傑作の最上大業物仁王額彫見事在銘『長曽祢興正』本阿弥日洲鞘書特別貴重刀剣 https://t.co/aONFFblBZv 仁王の彫物も有ると言う事なのかだが 江戸期以前には有るのかどうかだが
09-10 09:06

https://t.co/IIoRhijwsZ 刀は長曽祢興正作なら 延宝期には仁王の彫物は有る可能性も有ると言う事なのかだが
09-10 09:11

分散した騎馬武者と銃・弓歩兵の組み合わせで 敵を側面攻撃したとしても川中島合戦図では士大将の側面にも銃・弓兵は居るだろうから 反撃は可也受けるだろうが 地形を利用しつつ前面で戦闘している敵を集中射撃すれば 正面から敵を崩せる可能性も有るのかだが
09-10 09:57

敵にも同様の分散した騎馬武者と銃・弓歩兵の組み合わせは存在しているなら 此れで側面攻撃が迎撃される例も多いのかだが
09-10 09:58

そうした側面攻撃やこれの防御もする様な遊撃部隊の足軽は機動性を重視して 装甲は陣笠程度しか無い可能性も有るのかだが 士大将の周囲に配置される護衛の足軽は胴鎧は有る例も多いのかだが 関東ではそうした遊撃部隊の足軽は騎乗する例も有るのかだが
09-10 10:04

士弓組や士鉄砲組はそうした遊撃部隊には随伴せず 士大将の周囲に配置されていた可能性も有るのかだが
09-10 10:06

そうした遊撃部隊の騎馬武者は 長物だけでは無く飛び道具を持つ者が多い可能性は有るのかだが
09-10 10:12

騎馬武者の側面からの高精度の銃撃で 此れを迎撃する部隊や本隊迄も混乱し 正面からの攻撃を支えられず壊滅したと言う様な例は 流石に有るのかどうかだが
09-10 10:20

モンゴル騎兵に鎌倉期の日本の歩兵は対処し得ないと言う意見も有るが 関東の歩兵なら騎兵の全周攻撃にも対処出来る可能性は有るのかだが 雑兵物語では関東の騎兵の側面への乗馬突撃に 東国の歩兵なら対処出来ると言う様に見える記述も有るが 鎌倉期ではどうなのかだが
09-10 10:51

https://t.co/ndi9BzJ2OV この面頬は 顎部は二重構造なのかどうかだが
09-10 11:56

講談社・戦国の陣形には 散兵を利用する蝦夷に対抗する為に日本の密集陣が廃れて 騎兵主体の軍と成ったと有るが 末期のローマが重装備の騎兵で 散兵的なゲルマン人に対抗したのと類似しているのかだが https://t.co/94nABefEnI
09-10 14:56

末期ローマは重装騎兵だけでは無く 軽装歩兵も居ただろうが 蝦夷と対抗していた際の日本にも軽装歩兵は居たのかどうかだが
09-10 14:58

元寇時はモンゴル軍の宋や高麗の密集陣が 日本の地形を利用した散兵に 包囲されてやられていたと言う事なのかだが
09-10 15:12

関東では地形を利用して騎兵突撃を防ぐのは困難な場合も多いだろうが 円陣的な物は利用されていたのかだが
09-10 15:15

https://t.co/12FM7Qy3B3 一方で垣盾が集中して配置されている絵も有るだろうし 散兵的では無い配置も有ったと言う事なのかだが 騎兵も蒙古襲来絵詞や平治物語絵巻では 可也の数纏まって騎射戦をしているだろうか
09-10 15:30

平安ー戦国時代初期迄は散開した布陣が基本だが 兵を集中しての攻撃も行われていると言う事なのかだが
09-10 15:33

1400年の大塔合戦の 小笠原長秀の馬廻は 曼荼羅を母衣としていたのかだが 戦国期にそうした母衣は利用されたのかだが https://t.co/YZp5L7FUVh
09-10 17:08

大塔合戦では小笠原長秀の足軽が 盾を20-30枚重ねて布陣していると言う事なのかだが 後方には150-60名の弓兵が配置されているが こうした17世紀のスウェーデン軍の中隊程度の人数の部隊が 多数配置された例も1400年には有るのかだが https://t.co/7PI4LBUObq
09-10 17:22

1346年の四條畷の合戦の 高師直の本隊の騎馬武者は前後左右に居ると有るが 円陣的な物を組んでいたのかだが 歩兵は外周に居るのかどうかだが 佐々木道誉の部隊も外側に盾500を並べたと有るから 円陣的な配置がされていた可能性も有るのかだが https://t.co/Zp8coVgXqX
09-10 17:32

佐々木道誉の弓足軽800名が下馬したと有るが この時点で馬足軽的な兵が居たのかどうかだが
09-10 17:34

https://t.co/b8NZzhWm9x 末期ローマ軍やアテルイと戦った朝廷軍は 騎兵で迂回攻撃出来ない様な地形に籠もる敵は 歩兵や下馬騎兵で排除していると言う事なのかだが
09-10 18:34

馬廻は大将中心に円陣を組んでいたと言う事なのかだが 備では前方を空けて半円に配置されているだろうか 蓮池合戦では盾兵が盾を捨てて槍を利用と有るが 全ての盾兵がそうした事が出来た訳では無いと言う事なのかだが https://t.co/uCvIBlnRR0
09-10 20:29

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10913-5c057869