FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

合武三島流船戦要法の鉄砲賦には 大筒が6門有るが 此れは関船の物なのかだが 20匁の最小サイズのみなのか 砲のアウトレンジを考えて100匁筒が混じる可能性も有るのかだが 短筒は近接戦用に欧の様に散弾が入る可能性は有るのかだが https://t.co/1JJKxCgcnE
08-29 10:19

三島村上水軍のこうした島陰を利用しての奇襲攻撃は 強い水軍には通用するのかどうかだが https://t.co/Tq5IstrawX
08-29 10:33

漆川梁海戦で停泊中の元均の艦隊に こうした攻撃は果たして行われていたのかだが 脱出は完全には阻止出来ていない様に見えるが 火船は投入されたのかだが 捕獲された160隻もの板屋船は 日本軍は全て運用したのかどうかだが https://t.co/QCJ1EhPUV2
08-29 10:46

敵を障害物で足止めしなく共アルマダ海戦では 火船でスペイン艦隊が分断されたと言う事だろうし 漆川梁海戦でも敵の分断の為に火船が投入された可能性は有るのかだが
08-29 10:49

https://t.co/GCNBAFqOgX >高虎の身体は弾傷や槍傷で隙間なく、右手の薬指と小指はちぎれ、左手の中指も短く爪は無かった。左足の親指も爪が無く、満身創痍の身体であり、75歳で高虎が死去した際に若い近習が遺骸を清めて驚いたと言われている[16][2]。
08-29 11:05

指がやられていると言う藤堂高虎も 管槍を手貫緒利用で右前で使えば それなりに戦闘出来たのかだが 組討には対応し難いだろうから 余り戦闘はしていないと言う事なのかだが
08-29 11:06

https://t.co/Yd5OkDq49p  >其真前に前みける武田五郎は、京都の合戦に切れたりし右の指未痊ずして、太刀のつかを拳るべき様も無りければ、杉の板を以て木太刀を作て、右の腕にぞ結付たりける。   指を負傷している者が刀を利用する際は 太平記の様に結び付けている可能性も有るのかだが
08-29 11:14

https://t.co/Fsyfm9oLn0 ヴィンランド・サガのトルケルも右手の薬指と小指を一部飛ばされていただろうが こうした大型の斧を持つのは紐等で固定しないと現実には困難と言う事なのかだが
08-29 11:19

右手の指がやられているなら右手に刀を固定して 出来る限り両手打ちで使い 組討は左手主体やハーフソードでやると言う様な方向が良いのかだが
08-29 11:30

大谷、第1打席で左中間二塁打 161キロカットボールとらえる  https://t.co/GfXg9Ln6Ku 161km/hのカットボール等もMLBでは有るのかだが ストレートは同程度の速度しか出ないのかだが
08-29 11:47

https://t.co/qHIKQUt3L8 >海戦の当初、潮流は東から西に向かい、朝鮮水軍にとっては逆流で苦しい戦闘を強いられました。しかし潮流が西から東に代わると、潮の流れに乗った朝鮮水軍の大逆襲。   鳴梁海戦でこうした事は双方共 予見していたのかどうかだが
08-29 12:12

鳴梁海峡は幅300mであり鶴翼的な包囲陣形は使い難いと言う事なのかだが 地形を把握していれば背後からも回り込めたのかだが 狭いなら前後から挟撃した上で 火船を味方に命中しない角度で飛び込ませれば 回避も困難かも知れぬし 混乱した所を攻めればだろうか
08-29 12:34

鳴梁海戦序盤では追潮に強い魚鱗的な陣が使われた可能性は有るのかだが 向かい潮に変化した際はこれに適した左右中段等への陣形転換は有ったのかどうかだが https://t.co/SiATO6ega4
08-29 12:39

https://t.co/1Le50I6O0k 類似のサラミス海戦では ペルシャ側は背後からの攻撃は困難かも知れぬが 正面から火船を大量に飛び込ませればギリシャ側は此れで混乱し勝利出来たのかだが 高波等は有るが 同時大量に火船を放てば幾らかはギリシャ艦隊に到達出来た可能性は有るのかだが
08-29 12:54

三島村上水軍の火船は停泊している敵以外にも 順潮・順風時なら利用されるのかだが 同時に数隻以上の利用は無いなら 鳴梁海戦で狭い場所に布陣する敵に使用しても何処迄混乱させられたのかだが 板屋船を奪う事を目的としたならこうした火は使い難かったと言う事なのかだが https://t.co/zp8hopLrud
08-29 13:41

【魁】蔵出し品 時代武具 槍拵一式 十字槍 槍鞘黒漆 全長253㎝ 槍 武具 外装 https://t.co/GtmPmTfK1B こう言う穂の直下に鈎の有る槍は 戦国期に有るのかどうかだが
08-29 14:58

https://t.co/dBvPD3Thx1 >朝鮮の板屋船の船底はなだらかなU字、日本水軍の船はV字型になっているのを利用し、海底に大きな鎖をはり巡らせ、タイミングを計って引くのです。この作戦は「乱中日記」には記述されていないそうすが、
08-29 15:27

こうした鎖が実際存在したかは不明だろうが 関船クラスの火船を投入していれば 判明していたと言う事なのかだが 三島村上水軍も海底の障害物は利用しているだろうが 事前に捜索は何処迄しているのかだが
08-29 15:29

三島村上水軍が海底に配置する障害物は 乱杭・逆茂木・捨て綱・捨て石・沈船が有るが 鎖利用の物は無いが類似の捨て綱は有るが こうした物は突入前に捜索はしていたのかだが https://t.co/2HJIFaryZC
08-29 15:52

https://t.co/8tE7wLg3l4 三島村上水軍の斥候船も 海底の障害物は探索していないと言う事なのかだが 一方で暗礁は探索していると言う事なのかだが
08-29 16:10

沈網の術で火船を阻止する例も有るのかだが 敵船が此れを捜索切断をしに来る危険が有ると書かれるし 鳴梁海戦で使われた可能性が有るとされる鎖が 把握されていた可能性は有るのかだが https://t.co/niJf8YzVn5
08-29 16:53

https://t.co/1vNwW4QDGU 三島村上水軍の火船も 中型或いは小型の船を使うのかだが 関船的な500石(75トン)以上の重量の火船は基本的に無いと言う事なのかだが https://t.co/xwzsz2d95x
08-29 17:33

https://t.co/coo1oSlBO1 アルマダ海戦の英の火船は 90-200トン程度と 安宅船クラス以上の物が使われたと言う事なのかだが
08-29 17:34

スペイン艦隊も北に逃げず強行突破し英の砲弾が尽きるのを待てば 損害は半分も無くスペインに帰還出来た可能性も有るのかどうかだが
08-29 17:43

#4936  六十二間 鉄錆地筋兜 https://t.co/PLor23LplF 荒れた毛が付くシコロが有るが 最初から荒れていたのかどうかだが
08-29 18:27

https://t.co/L19uol2z77  鳴梁海峡の西側に兵を回すのは 距離を考えれば可也時間が掛かると言う事だろうし この様な長距離を移動しての挟撃は行われた例は有るのかだが https://t.co/oMFRNj1Tji
08-29 18:58

漆川梁海戦の様に殲滅も考えていれば 正面から火船を突入させ混乱させた後 攻撃する事も出来たと言う事なのかだが 安宅船クラスの投入を考えると大将もやられ難く成っていると言う事だろうか
08-29 19:00

https://t.co/HKe21Rva2W 208年の赤壁の戦い以前は火船の使用例は確認出来ないと言うが 紀元前480年のサラミス海戦時点では無いと言う事なのかだが
08-29 19:45

https://t.co/SaBJ3pmD4Q 釜山浦海戦では日本側は港湾に障害物は構築していたのかだが 朝鮮艦隊は火船は利用したのかどうかだが
08-29 20:52

体の疲労「脳が原因」 交感神経酷使、細胞にダメージ https://t.co/mcOLtaNRI6 >最も効果が高かったのは「イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)」という成分。脳の中で作用しやすいのが特徴だ。   交感神経以外の酸化は 疲労とは関連は薄いと言う事なのかだが
08-29 21:27

三島村上水軍の場合は 忍者が見張り船に加わっていると言う事なのかだが 忍者が夜間水中を泳いで来る者を迎撃していた可能性も有るのかだが https://t.co/84JRWHidif
08-29 22:05

逆に忍者が夜泳ぎの得意な盗賊や他の者も引き連れて 泳いで敵船を襲撃と言う様な例も有るのかどうかだが
08-29 22:20

RT @sakone_shogen: ちょいと前に「柄を黒漆で塗り固めた刀は手汗で滑る」という旨のツイートをしたけど、だったら弽着けたらどうだろうと思い実践。さすが鹿革、手の内に「キュッ」っと固定される様なグリップの良さ。汗も染みないし、多分血とかも吸い込んだんじゃないかな…
08-29 23:07

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10901-eb11b684