FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

最高傑作 龍図欄間彫見事在銘『一専斎固山宗次造之』『天保二年三月日』寒山鞘書豪壮体配松平家御抱工 https://t.co/DrSB7l6Ft5  こうした透かし彫りが入る刀は 実戦使用は想定しているのかだが
08-27 11:04

三島村上水軍の場合は 別間の様な水密隔壁の利用率は高いのかだが 関船以下の船には何処迄有るのかだが https://t.co/57azHrvbCw
08-27 13:18

三島村上水軍では厚さ9cmの 硬度の高い樫の板(刎盾)が盾板に使われる例も有るのかだが こうした物が全面に施される例は少数と言う事なのかだが https://t.co/Z8WsHGeGud
08-27 13:20

https://t.co/evSNpm2wid >北条の船は櫓が50もある巨大な船で、艫と舳を堅い椋材で作ってあり、30m先から鉄砲を撃ってもびくともしないものだった。船底に水夫が50名、上の櫓に侍が50名いて、矢狭間から弓・鉄砲を撃てるようになっており、またへさきに大鉄砲が取り付けられていた。
08-27 13:37

1580年の駿河湾海戦の北条軍の安宅船の椋の装甲は 船の前面及び背部のみと言う事なのかだが https://t.co/gtx3WjGpr5 椋は硬度が有る物も有ると言う事だろうが 樫程は無いと言う事なのかだが
08-27 13:40

https://t.co/nYVzLf6FoB  >材の比重は変化が多く0.65~0.9くらいまであり、時にかなり硬質のものがある。強さはほぼ 中庸であるが敵性があl)剤裂しに(い。俗にアオムクというのは壮齢木からのものが多く硬質 であl)、アカムクは毛木のものである。
08-27 13:42

椋の硬度もばらつきが有るのかだが 硬度の高い物が盾板として何処迄選ばれていたのかだが
08-27 13:42

https://t.co/d46o0azR2t >木材の硬さは、概ね木材の比重と正比例しています。比重の高いものほど硬く、作業に技術と時間を要します。  https://t.co/vC54cz9cPz シラカシの平均比重は0.83なら 椋の0.9の物よりは 平均的な物では硬度が無いと言う事なのかだが
08-27 13:51

https://t.co/7HOGfMrfeF アカガシだと平均比重0.87であるから 最高レベルの椋と同程度なのかだが 1.05等と言う物も有るが 盾板に選ばれて利用されていたのかどうかだが
08-27 13:54

https://t.co/rZLpUTWVEq >英仏海峡での小競り合いによって、イングランド人は無敵艦隊の戦力と弱点を学び、スペイン船のオーク材の船体を貫通するには近距離に近づく必要があると結論づけていた。
08-27 14:00

https://t.co/vdYlhz5ejN アルマダ海戦のスペイン軍船に使われているかも知れぬヨーロピアンオークの比重は0.67であるし 硬度は樫には及ばないと言う事なのかだが
08-27 14:01

https://t.co/LRRljv8AAS ニレの盾板等も有るが 比重は最大0.71と余り重くは無いが
08-27 14:18

https://t.co/H8pjoQp67o ツゲの盾板も有るが 比重は最大1.14有るが こうした物が盾板に選ばれていたのかだが
08-27 14:21

荷船改造の関船の場合は 9cm厚の刎盾が前面に有ると言う事なのかだが 通常の関船も同様の可能性も有るのかだが https://t.co/isXvo7OR4k
08-27 14:32

関船の側面部の盾板(鉄盤)は6cm厚と言う事なのかだが ツゲの物なら硬度は可也高いだろうが 盾板が無い関船も有っただろうか https://t.co/eEmtlvFHol
08-27 14:41

小早には後部に9cm厚の刎盾が有るのかだが 正面の誤りの可能性も有るのかだが 機動力で逃げながらの攻撃を狙うなら後部に厚い盾が有ると言う事なのかだが 側面は竹の板が装備されると言う事なのかだが https://t.co/eRaCEDcBCs
08-27 14:52

https://t.co/yJ1Ybdk54V 朝鮮軍陣図屏風の恐らく小早の側面や上面には竹杷が有るのかだが 正面に垣盾や竹束・竹杷らしき物も有るが 後部に刎盾は有るのかどうかだが 上部の竹杷には人が乗っているから それなりの厚みは有ると言う事なのかだが
08-27 15:04

竹杷も人が乗れると言う事は 細い竹を割らずに横に並べていると言う事なのかだが 近距離の矢は止まるのかどうかだが https://t.co/NBBhtsnQDi
08-27 16:13

https://t.co/IduywMtX0y 一方で大きな竹を割って束にする例も 有ると言う事だろうか
08-27 16:17

https://t.co/mguxbRu36N https://t.co/lzVs2NbggP こうした一部の盾板に竹杷らしき物が使われている 関船の雛形等も有るが 1596年の物なのかだが 前部や上部の盾板は木製だが 漕ぎ手は近接戦時には防御力の低い竹杷は盾とせず伏せていたのかだが
08-27 16:25

海藻を利用しての防火と言うのも行われて居たのかだが 棒火矢が貫通して炎上する事迄は 止められたのかだが 火矢は海藻で防ぎ 棒火矢は網で落としていたと言う事なのかだが https://t.co/7ocVEfD5s5
08-27 17:29

牛皮製の盾も有るが 水を掛けているが此れは防火の為も有るのかだが 船の棚(垣盾の下部の船体)に装備すると有るが 垣盾の表面にも此れは貼られたのかどうかだが 棚には牛皮・垣盾には海藻が付けられた可能性も有るのかだが https://t.co/U0FBHr9CVV
08-27 17:35

棚部分に装備される鎖製の鉄幕等も有るが 防弾と言うより防火用なのかだが 重量やコストの問題が有るだろうから 果たして何処迄利用されたのかだが 船体下部に鉄板の無い鉄甲船に此れが装備されていた可能性も有るのかだが https://t.co/KHjygpgwm6
08-27 17:42

兵の着替えを水に浸して利用する簡易盾も有るが 砲撃等で盾板が破壊され落下している例も有る様だし そうした部分の補強に利用された例も有るのかだが https://t.co/vxrOSo9Uc6
08-27 17:50

海藻が手に入る状況では 着替えでは無く海藻が簡易盾として使われると言う事なのかだが
08-27 17:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10899-78ba609b