FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/maOOpLPSBn 有料では有るがポーズ変更可能な 血管や筋の位置等が分かる3Dモデルが有るが こうした物迄使って武術を研究している例は有るのかだが 力を入れた際の筋肉の動き迄は今の所再現は無いと言う事なのかだが
08-26 12:23

https://t.co/1t4bwScexX 内蔵や脳は無いと有るが 此れは余り動く物では無いと言う事だろうか
08-26 12:25

https://t.co/MqFJIxG06k 通常の采配より長い 船上用の船采配等と言うのも有る様だが 戦国期には有るのかだが
08-26 12:52

三島村上水軍では帆を火矢で炎上させているのかだが 棒火矢も此れに利用される例が有るのかだが 西欧帆船が砲の射程外から火矢で帆を炎上させられて行動不能と成り アウトレンジ攻撃を受け続けたり砲の死角の前面等から乗り込まれた例等は有るのかだが https://t.co/6i0x5L5kc8
08-26 15:04

雁股矢で帆縄を切断する例も有るのかだが 船を奪う場合は火矢では無くこちらが利用されると言う事なのかだが https://t.co/Swe7v33Kxs
08-26 15:15

三島村上水軍の火矢は 炭や油利用では無いと言う事なのかだが 他の勢力が地上で同様の物を利用した例は有るのかだが https://t.co/L661QudcQP
08-26 15:26

縄を切断する 紐の付いた銃弾が有っただろうし この方が雁股矢よりコストは安いと言う事なのかだが
08-26 15:31

三島村上水軍の火竜船と言うのは高さ一尺五寸と言うから 可也小型の特攻船なのかだが 只火を付けて突入するだけでは無く 低威力の竹筒利用の銃を断続的に連発すると言う事なのかだが https://t.co/DaRLpoHiqy
08-26 16:10

雑賀衆が竹筒利用の銃を多数仕掛けていたと言う記述も有るだろうが 多数の竹筒を利用したオルガン砲の様な物が戦場利用された例は有るのかだが 木砲の散弾が野戦でも近距離で利用された例は有る様だし オルガン砲では無くより容易に作れるかも知れぬこちらが利用されたのかだが
08-26 16:15

https://t.co/hx5W9UXWgc >特に鈴木佐太夫の末息子孫一(雑賀孫一)は手練れとして知られ、雑賀の里でも100人は居ない「焙烙火矢(ほうろくかや)」の技を持っていました。これは銅で作った玉の中に火薬と鉛玉を詰め、布で包み漆を塗ります。
08-26 16:25

>これを竹の先に付け銃に差し込み発射し、敵兵の頭上に撃ち上げ、反転して落下させ炸裂させます。  これは棒火矢と言う事なのかだが 1570年の石山合戦時では余り数は無いと言う事なのかだが
08-26 16:27

小型で刺さる棒火矢が 漫画・鎧光赫赫に出て来るが こうした物を多数携行した例は有るのかだが 対船舶用の物は基本的に盾板に刺さる様には出来ている訳だろうが 炸裂弾利用の物は何処迄有るのかだが https://t.co/x0pJc07eD5
08-26 16:37

鎧光赫赫に切り玉が出て来るが 此れは命中した後に分裂する玉と言う事なのかだが 通常の散弾も有ると言う事なのかだが 縦長で無回転では精度はかなり低いと言う事なのかだが https://t.co/k4pHhvrsZx
08-26 17:04

火皿の付いた銃身毎交換する様な短筒も出て来るが 近接戦用なら散弾が詰まったリボルバーの様な物の方が使える可能性も有るのかだが https://t.co/Kkdqs34ZRg
08-26 17:13

RT @kamaeatte: 長屋隆幸「近世の軍事・軍団と郷士たち」によると、大坂夏の陣で藤堂高虎隊の武士たちは戦闘開始とともに散会し、状況次第で乗馬して戦ったり下馬して戦ったり、よき敵を求めて遠くまで進出したり、負傷したら陣に戻ったりと各自かなり自律的に戦っていたらしく、馬上…
08-26 19:38

戦国期西国の騎馬武者も敗走した敵の追撃・逃走時には乗馬戦闘をすると言う事なのかだが 立花道雪の長尾懸かりの様な戦闘序盤での乗馬突撃は極一部と言う事なのかだが
08-26 19:41

西国でも立花宗茂や加藤清正の様な士大将クラスの者は乗馬戦闘が基本の者も居ると言う事なのかだが 彼等に随伴する馬廻も乗馬戦闘していた可能性が高いのかどうかだが
08-26 19:43

https://t.co/cpBV2G4zEQ >このとき道雪は鉄砲隊を2つに分けて二段射撃をする「早込」という戦法、それから槍隊を出してから騎馬隊をその中に突入させるという「長尾懸かり戦法」を繰り出して小早川勢を圧倒、撃破している。
08-26 19:50

長尾懸かりも銃撃後槍歩兵で敵を一定程度崩した後 騎兵を突入させると言う様な物なのかだが
08-26 19:52

4貫(15kg)等の投げるタイプの焙烙玉が 三島村上水軍では利用されていたと言う事なのかだが 此れが爆発炎上した際は何処迄消火出来るのかだが 乗っ取り用の炸裂弾タイプも有るのかだが https://t.co/UJ84XvfVqo
08-26 20:29

https://t.co/IHjevabnZE ハンマー投げでは7.2kgのハンマーが86m投げられているが 15kgの紐の付いた焙烙玉を30m飛ばせる者等は何処迄居たのかだが
08-26 20:38

https://t.co/2AFyseKBOb https://t.co/bacXvfpx6X 焔硝・硫黄・炭と言うのは火薬の成分だろうし 三島村上水軍では忍者の火薬利用の火矢(飛火炬)と同様の物を利用していたと言う事なのかだが
08-26 22:47

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10898-69885e0e