FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/lbJyoEUSWB この家地には雪の紋が有ると言う事なのかだが https://t.co/IxJ2WBJIcd 結晶が見えるタイプの紋(雪華模様)は1832年の雪華図説以降と言う事だっただろうか
08-25 12:16

https://t.co/Mqgn716C2V こうした長さの砲身の100匁筒が海戦用でも大半と言う可能性も有るだろうが スペインや唐船の砲ならアウトレンジ出来ると言う事なのかだが タンネンベルクガンに有る様な反動を抑える鉤を 盾板に掛けて利用していた可能性は有るのかだが
08-25 13:19

https://t.co/aZmxhLQu2L >銃の先には城の壁、船舶の船縁などに固定する金具が揃っている。   こうした金具も有るが 大筒用の物は有るのかだが 反動を抑える物では無いと言う事なのかだが
08-25 13:25

https://t.co/JcexhyAPFi https://t.co/JcexhyAPFi https://t.co/4On0Ybmcr5 西欧の場合15・16世紀でもそうした鉤付きの銃は有るが 日本への影響は有るのかどうかだが
08-25 13:37

https://t.co/KpryFYpY94 100匁筒でこうした固定式の回転砲座は有るのかだが 回転して逆向きにすればフランキで無く共 船内で装填は可能と言う事なのかだが
08-25 13:45

下の川手良則の具足は 関ヶ原迄の物なのかどうかだが 佩楯・篭手上部に花菱以外の形状の連続した鉄板が使われる例も有るのかだが https://t.co/X8KyI3pn4F
08-25 15:16

佩楯は鉄板が多いとすると 騎乗戦用の可能性も有るのかだが
08-25 15:20

着火はしない棒火矢や焙烙玉の炸裂弾なら 海賊も乗っ取り用に利用する可能性は有るのかだが 信管等は無いなら前者は網で落とされていた例も多いのかだが
08-25 15:34

三島村上水軍の場合は 忍者的な目潰し迄利用しているのかどうかだが 他の水軍はどうなのかだが https://t.co/EJqeGJoHPe
08-25 15:57

漫画・柳生兵庫助では 忍者が海賊船に煙玉(鳥の子)を投げ込んでいるが 村上水軍等の水軍の忍者や他の者が煙玉を利用した例は有るのかだが https://t.co/zKCznb671s
08-25 16:06

三島村上水軍も忍者は 重要では無い任務には利用されると言う事なのかだが 船上で煙玉を散布する等の忍者的な攻撃は果たしてしていたのかどうかだが 重要な任務をしていた忍者以外の者は 忍術的な物は独自に会得していた可能性も有るのかだが https://t.co/uzKm2GdXWh
08-25 16:25

忍者も裏切ったり逃走していた例も多いのかどうかだが 通常の忍術的行動が出来る兵と組ませてそうした事を阻止していた例も多いのかだが
08-25 16:30

とは言え服部半蔵傘下等の高位の忍者には可也信用は置かれていたのかだが 逃走は少なく共スパイ的な者が入り込む余地は 有ったと言う事なのかだが
08-25 16:33

村上水軍の場合は5町(545m)等で銃の射撃訓練をしているのかだが 此れは船サイズの標的を狙い 銃眼や物見等にまぐれ当たりして牽制が出来れば良いと見ている可能性も有るのかだが https://t.co/rzIcYXbA2e
08-25 17:01

三島村上水軍の場合は指揮官や騎馬武者を主に銃撃していたのかだが 銃眼が有る場合は何処迄騎馬武者を識別出来るのかだが https://t.co/dXZOZRRH34
08-25 17:08

三島村上水軍の場合は弓は1町(109m)の射撃訓練しか無いのかだが 此れは船の銃眼への狙撃及び 上甲板への曲射が命中する距離と言う事なのかだが https://t.co/FYqF2pq7dl
08-25 17:21

三島村上水軍の場合鉄砲は545m等の遠距離から 銃眼や物見等へのまぐれ当たりを狙って実戦でも牽制射撃をしていたと言う事なのかだが 砲は近距離の射撃のみに利用したのかだが https://t.co/lbPMdbR9qH
08-25 18:55

三島村上水軍のこうした弓兵の密集陣と言うのは 盾板が無い船や地上で行われる物なのかだが https://t.co/layZJzf0x5
08-25 19:20

三島村上水軍も銃は船内で前後の列が入れ替わって射撃をしていると言う事なのかだが 戦国期では上手い者に銃を渡して撃っている可能性も有るのかだが https://t.co/2Aj6TnGmdU
08-25 19:36

船の中ではこうした矢叫びは行っていない可能性も有るのかだが 腕力を使う弓では船内でもパワーを出す為に多用されていた可能性も有るのかだが https://t.co/1UP8gSnQF6
08-25 20:04

https://t.co/ClCZKbGrC5 矢叫びと言うのも命中した際以外には出さないと言う事なのかだが 弓のパワーを出す為に使われていた例は有るのかどうかだが
08-25 20:08

https://t.co/0o4TyM4whG >上記写真は、下半身が水に浸かっている状況下で、射撃を行う型だそうです。型の名前はあえて伏せておきます。川の中での射撃や、堀の中に入っている状況下でも、この技なら火縄銃は撃てる。   こうした射撃は 戦国期に行われたのかどうかだが
08-25 20:34

>刀の柄を台に射撃姿勢をとる友達のれぎおんさん。もちろん火縄銃は本物です。  此れは刀での即座の戦闘も考慮した姿勢なのかどうかだが 精度は何処迄高まるのかだが 10匁等の筒で行われる例は有るのかどうかだが
08-25 20:36

>が、いやぁ~なにしろ本物の火縄銃ですから重いのなんの。両手で持っているうちはいいですが、操作するためにはどうしても片手で銃を持ち、もう片手で火縄をセットしたり、火薬を火皿に入れたり、火蓋を切ったりしなきゃならない。
08-25 20:37

>この片手で銃を支え、もう片手で操作しているときが辛いのなんの。重い重い……つか、片腕が死ぬ死ぬ~(汗)ってなもんで。これを合戦での射撃中にずっとやる。連続でやるのでしょうから、合戦をしている武士達も大変じゃなぁというのが率直な感想です(苦笑)。
08-25 20:38

騎馬武者なら装填手の奉公人は別に居るかも知れぬし 他の者も装填手と射手が分かれている例も多いのかどうかだが
08-25 20:39

RT @kamaeatte: 家譜や覚書の類を読んでいると、敵と組討になってマウントを取られたが下から脇差で鎧の隙間(恐らく草摺の間など)を刺して逆転、という武功話をよく目にする気がする。「其節峽道を通り候時敵に行合引組道より谷へころひ落、敵の下に成候時指添を抜き下より突通しは…
08-25 21:15

https://t.co/84TaH1pZLl 山中幸盛・品川将員の一騎討ちでは 幸盛が下方から腰刀で腿を抉ったと有るが https://t.co/4EBtQy0xBj 15世紀前期のこうした板金鎧相手ではそうした事は困難と言う事なのかだが 脚等で両手を抑え込まれた場合も同様だろうか
08-25 21:28

https://t.co/OE4AhwQcUO その後もフットコンバットアーマーでは長いタセット(草摺)は残るが トーナメント以外では何処迄使われたのかだが https://t.co/2QDBM7mKlk 1530年迄のオルシャの戦いの絵でも長いタセットは描かれるが 下馬騎兵は此れを全員装備等していたのかだが
08-25 21:37

重騎兵も下馬した所でこうしたオルシャの戦いに有る様なタセットの長い胸甲に 果たして皆交換していたのかだが https://t.co/38RnziYVC7
08-25 21:40

下馬戦闘時の軽量化重視のゴシック鎧やマクシミリアン鎧に こうした長いタセットが付くのかだろうし タルフォファー教本や合戦絵等でも通常のタセットで下馬戦闘している絵が殆どだろうか
08-25 21:46

フットコンバットアーマー装備でも下方から脇や首の下に隙間が有る場合は この部分はやられ得ると言う事だろうか
08-25 21:49

https://t.co/yZtQzEajjl 短剣で脇を突いたとしても鎖は深く貫通出来ず 相手の動きを余り鈍らせぬ儘やられる危険は有るのかだが 腿部には鎖は無いだろうから此処を狙えば致命傷も与えられるだろうが この部分がタセットで保護される例も有ると言う事だろうか
08-25 22:10

https://t.co/kWYsYdI4ww 下方から脇の血管を突いて致命傷を与えると言う様な例は有るのかだが 血管を何処迄正確に突けるのかどうかだが
08-25 22:19

首下方の隙間を突くと言うのも 固定式の頬当が装備された物では無理だろうが 装備率はどの程度なのかだが
08-25 22:27

https://t.co/330Haw0Fbb 座った状態なら左の大筒の様に 火縄を付ける際等も腿で重さは受けられると言う事だろうし 船上では盾板が 城では銃眼が重さを受けるのに利用出来ると言う事だろうか
08-25 22:45

RT @ninja_yakata: 【ニュース】忍術伝書「忍秘伝」の現代語訳が、遂に国書刊行会より刊行決定!!『完本 忍秘伝』(中島篤巳訳註)9月14日発売予定、予価5000円(税抜)。今回も現代語訳、読み下し、原文の3セット。さらに忍術書「忍道梯楷論和漢忍利證語抄…
08-25 22:53

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10897-18165191