FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/e01sFX4bQe ボーディングパイクとカットラスの試合等も有るが 実際は槍側が後退するスペースはほぼ無いだろうが 乱戦状態で何処迄組討等出来るのかだが 柄で掛ける攻撃は使われたのかどうかだが
08-16 10:26

https://t.co/InX5wHPX8u ボーディングパイクの縦深は 戦列歩兵同様4以上有った可能性は有るのかだが 18世紀以前はこうした集中運用は無いと言う事なのかだが
08-16 10:37

レパントのスペイン軍ではボーディングパイクはハルバードの様に分散利用され カットラスは無く 敵の乗り込みの撃退は日本の様に大量の長物を利用するのでは無く 砲の葡萄弾やマスケット銃を利用していたと言う事なのかだが
08-16 10:41

https://t.co/poVfRl2Dut 鋸刃の有る海部刀は 鎌倉期等には有るのかだが 阿波水軍等が此れを大量に持っていたのかだが 他の水軍はどうなのかだが 近隣の村上水軍には多いのかだが
08-16 10:59

峰部に鋸刃の有る海部刀も ハーフソードがやり難いと言う問題も有るだろうが 鋸での裏刃攻撃等は有るのかだが ハーフソードで持つ部分の鋸刃が無い物も有るのかだが 脇差等の短い刀のハーフソードは日本では余り使われないのかだが
08-16 11:01

https://t.co/7sQOAvDSpB >刀身に穴のあけられた刀は、縄を通して背負って海中に潜り、艫綱の切断等に使われたのではないかとされている。  刀身に縄を通す穴の空いた海部刀等も有る様だが 忍者用と言う訳でも無いのかだが
08-16 11:36

縄を通す穴の空いた海部刀も 忍者刀の様に鞘を装備しないのは軽量化の為なのかだが 抜く手間は鞘装備よりも掛かる可能性は無いのかだが
08-16 11:37

ガッツがゾッドの剣を斬った場面では ガッツが剣の厚み・幅の有る根本部分で ゾッドの剣の物打部分(絵では此れのやや下か)を斬っていると言う事なのかだが 物打部分は刃の毀れが多いなら パワーの有る者にこうした事をされると折れる例も有るのかだが https://t.co/02VXT4jlf0
08-16 12:19

現実にこうした事を意図的に行った例は有るのかだが 只の刃毀れでは無く刃切れ的な物が生じていたら これが有る上を剣の根付近等で強打した可能性は有るのかだが
08-16 12:21

強度の有る同田貫的な刀やファルシオン・ツヴァイハンダー等で そうした事を狙った例等は有るのかどうかだが
08-16 12:33

14-15世紀の先端の細いロングソードの物打部分なら そうした形で折れた例も有るのかどうかだが 甲冑装備なら折れたら即やられる訳でも無いと言う事なのかだが
08-16 12:42

https://t.co/D074b7MqBv 右上等のタイプの先が細いロングソードではそうした事が起き易いのかだが 物打は先端からは可也遠いかも知れぬが この上に亀裂が意図せずに入る例も多いのかだが
08-16 12:46

剣の根本付近でそうした剣の先端付近に強く斬り込んで亀裂を入れ その上部を強打して折ると言う様な事は 意図的に行われたのかどうかだが
08-16 12:52

刀でも大太刀の根本付近で 通常の刀の物打・先端部を強打して亀裂を入れる様な事は出来るのかどうかだが 既に有る物打部の刃毀れを深くする様な事も有り得るのかどうかだが
08-16 12:58

15世紀後期の一部の西欧剣が太く成ったのは 細い切先でも鎖を深く貫通して致命傷を与えるのは難しいなら そうした事等で折れる事を回避する為と 鎧や武器を強打して防御や体勢を崩す事を行い易くした方が良いと見た可能性も有るのかだが
08-16 13:09

https://t.co/Rhl2Lblcjm こうした槍の柄で掛ける攻撃は 日本では何処迄使われたのかだが 棒術の技は基本的に全て 長物では有るのかだが
08-16 13:29

動画に有る様に 巻き落とし的技で相手を崩してから足等を掛けると言うのは 割に使われた可能性も有るのかだが
08-16 13:34

https://t.co/LFwSF8iDgF こう言う大阪冬の陣図に有る様な大型の旗を装備した場合には 下馬して横に密集出来るのか共思ったが 旗が回転する事で干渉は余り無いと言う事なのかだが
08-16 13:44

https://t.co/tec6LfBxwf 大阪冬の陣図で出て来る こうした下馬騎兵も装備する大型の旗は 相馬野馬追の物よりやや小さいのかだが
08-16 14:00

バズーソの斧に亀裂を入れた際も 剣の根本近くを利用しているが 斧の端部であれば亀裂が入って折れると言う事は 割に有るのかどうかだが https://t.co/gBYXnthvqS
08-16 16:51

https://t.co/vHFcGBetRI ポールアックスだと端部がかなり細い物は15世紀だと多いし 剣の打ち込み等で亀裂が入り折れた事は割に有るのかどうかだが
08-16 16:55

https://t.co/JQGHJkBomJ ランツクネヒトのハルバードは 端部が細く無い物も有るのかだが スイスのハルバードの斧部は四角いだろうし 折れ難いと言う事なのかだが
08-16 17:06

https://t.co/cn3bSw0dPc タールフォファー教本のポールアックスは ハンマー的だろうか
08-16 17:43

合武三島流船戦要法では 水練の者が錨綱を切断すると有るし この際に海部刀が使われる例も有ると言う事なのかだが 鋸は下では使われず のみが多用されるだろうが これを使えば音がするだろうが 釘を抜く場合はどうなのかだが https://t.co/pUxHsTkQLs
08-16 18:53

こう言う中程度の旗を装備して 密集して下馬戦闘をしようと言う場面も大阪冬の陣図には有るが 相馬野馬追に有る程度の旗も下馬戦闘で利用されたのかだが https://t.co/A6r9ERh13G
08-16 20:28

合武三島流船戦要法に 高い指物は飛び道具の狙いを狂わせると有るが 銃・弓兵はこうした効果を狙って大型の旗等を装備していたのかだが フロイス日本史の沖田畷の様に伏せて撃つ事も多いかも知れぬが これでも大型の指物は狙いを狂わせるのかどうかだが 後列の弓を防ぐ効果も幾らかは有るのかだが https://t.co/oyB1hrZqfl
08-16 21:16

合武三島流船戦要法には 兵の佩楯・脛当は装備するなと有るが 海戦用の船出具足には佩楯や脛当が有るが 水に浮く加工がされた鱗状の佩楯は陸上用共思えないが 三島村上水軍では佩楯・脛当は無いと言う事なのかだが https://t.co/hO7uWOkysS
08-16 21:25

船上では指物を装備するなと有るが https://t.co/yJ1Ybdk54V 朝鮮軍陣図屏風では船上で指物を装備する者が一名描かれるが 余り動かない指揮官的な者なのかだが
08-16 21:29

夜戦も想定して白い傘印・袖印を利用せよと有るが 陸戦でも同様に夜戦を考慮して白系の傘・袖印を装備していた勢力は多いのかだが
08-16 21:33

より軽装の鎖頭巾しか装甲が無い様な例も 極秘では有るのかどうかだが 雑魚兵は何処で有れ装甲が無い者も多いだろうが 騎馬武者や徒武者も鎖頭巾だけで戦うのが極秘と言う事なのかだが https://t.co/qLvxgbNfpF
08-16 21:37

ベルセルクに兜の首部分の直下を 鷹の団騎兵が切り抜く場面も有るが 固定式頬当てで無ければ 斬って首に食い込ませられる可能性は有るだろうが 切り抜く事迄は出来るのかどうかだが https://t.co/dVer7sYdvF
08-16 22:20

https://t.co/I0wPbU06Qx こう言う典型的なイタリア式鎧鎧の首下部は突くのは兎も角 斬り込むのは困難と言う事だろうか
08-16 22:23

https://t.co/Ri96So8zqT 頬当てが幾らか動くタイプのゴシック鎧の首下部も 肩当てが邪魔で ベルトを切断しても切り抜く所迄は無理と言う事なのかだが
08-16 22:26

https://t.co/folyjUrbt2 こう言うグレート・バシネットでも同様だろうが 一方で頬当てが無い兜を装備する例も相当数は有る訳だろうし イタリア式鎧の場合首下部が鎖の物も有る訳だろうか
08-16 22:29

https://t.co/ExsbrwsceN マクシミリアン鎧のこうした首下部なら 或いはどうなのかだが
08-16 22:35

https://t.co/HfP4MASNPm 下中央のフィールドアーマーの首下部を切り抜くと言うのも 隙間が小さいので困難と言う事なのかだが
08-16 22:38

https://t.co/T2oXstwj9n 3/4鎧も首下部の隙間は狭いし 斬り抜く等出来るのかどうかだが
08-16 23:07

合武三島流船戦要法に 唐船とオランダ船に乗り込む方法が出て来るが 百匁の大筒で砲を狙撃沈黙させてから接近し乗り込むと言う事なのかだが 精度の高い英等のカルバリン砲は瞬発式大筒でもアウトレンジ出来るのかどうかだが https://t.co/jaIjWE3SEZ
08-16 23:22

https://t.co/mlm5mLwUHV 左の様な百匁の大筒で砲を100m等から 果たして正確に狙撃出来るのかだが 外板なら30匁程度の筒でも 100m程度では貫通出来ないのかどうかだが 更に小さい筒ではどうなのかだが
08-16 23:28

https://t.co/pS7EYFYyGD 左のフランキ砲に装備する様な回転可能な台座等が有れば 百匁筒でも或いは狙撃出来る可能性も有るのかだが
08-16 23:31

船体も二貫の砲等で砲撃等と有るが そうした砲は安宅船のみに数門装備だろうから 牽制的意味しか無いと言う事なのかだが
08-16 23:35

https://t.co/UKQOPYAsHp >このような100匁玉筒を両手で抱えて射撃するには,關流では5年の修業が必要とされている。  百匁筒も盾板に置けるだけでも 精度は可也向上はするのかどうかだが
08-16 23:46

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10889-90207d3f