FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/qA0hbhp6MT 天文期でも直線的な刀は有るが 突きが多い者が用いたのかだが
08-15 11:16

https://t.co/DDAFlReXqv 南北朝期でもこうした直線的な物が有るが 大切先は野口一成の刀には有るのかどうかだが この刀の刃文の焼き幅は物打部分が広いが 斬撃力強化を狙ったのかだが 強度はどうなのかだが
08-15 11:48

https://t.co/XfjCAOs0um こう言う尖った先端のファルシオンも多いが 鎖をロングソード並みに貫ける訳では無いと言う事なのかだが
08-15 12:14

https://t.co/RnCBxOj57m この種の長く細い先端の有るファルシオンも 鎖は何処迄貫通するのかだが
08-15 12:33

☆調略☆佩楯    検/武具・甲冑・兜・鎧部品 https://t.co/Lrv6elFOPJ 戦国期にこうした上部に迄鎖が入る佩楯は 無いと言う事なのかだが
08-15 12:47

https://t.co/IFr4573eyU 小笠原忠政の具足は銀の伊予札に緑の糸が入る部分が有るが 此れが全面に使われた具足等も大阪陣では有るのかだが
08-15 13:24

RT @kamaeatte: 九鬼文書の文禄二年六月十一日付加藤清正覚書に「鉄砲頭ハ日来申付ことく、鉄砲をやくにたて其次ハ鑓・太刀・刀之衆へわたし其後を心かけ後詰可為肝要事、付、一身一身の働まてハ武者之内にてハあるましき事」とある。この覚書は晋州城攻めに先立って、清正が家臣に布…
08-15 14:07

RT @kamaeatte: 文禄二年五月二十九日付の加藤清正書状に「のほり具足幷のほりさしつゝ・のほりさほ五十本成供百本成供差越候事」とあり、朝鮮から本国に向けて大量の「のほり具足」を送るよう指示している。のほり具足とは幟旗を差せる旗持ち専用の具足だと思うが、消耗が激しかった…
08-15 14:08

胸板・脇板が胴部分の色と別に成っている例も有るが 黒・金・赤以外の例は有るのかどうかだが 鮫皮が貼られるのは腹巻的な構造の古い具足だけなのかだが
08-15 15:35

南北朝以降の三島村上水軍の秘伝書が集められていると言う 合武三島流船戦用法には 槍・薙刀・船槍を利用して海戦をせよと書かれているが 地上戦同様の長さの物を利用したのかどうかだが https://t.co/e42w9eatt5
08-15 16:52

甲板上も含めた船の内部では 三島村上水軍の場合は長物では無く刀を利用すると言う事なのかだが 村上海賊の娘で出て来た様な1m程度の大太刀程度なら利用されたのかだが ボーディングパイク的な短い長物の利用は無かったと言う事なのかだが https://t.co/Xex1oWy7S6
08-15 17:11

船中央部の敵を前後から攻撃する際は 長い長物がつかえる共限らぬだろうが 果たして利用はされたのかだが
08-15 17:14

船槍は2間(3.6m)有ると言うし 敵の船を掛ける・或いは敵の乗り込みを撃退する為の物なのかだが 他の長物も三島村上水軍では同様の利用がされると言う事なのかだが 十文字槍を持たない者が船槍に持ち替えた例も有るのかだが 鍵槍はどうなのかだが https://t.co/K3tLShyMpC
08-15 17:24

https://t.co/2mtkNAuurU 船のサイズは小早や関船より小さいが 槍は乗り込む前に倭寇図巻に有るこうした形で利用していたのかだが
08-15 18:06

https://t.co/rb7IvaAfy0 戚繼光の練兵實紀に倭寇は槍・重い矢を利用と有るが 明軍は刀・縦長の盾しか無い様には 倭寇図巻を見る限りは思えぬ訳だろうか
08-15 18:33

https://t.co/Mm6QG72HKu https://t.co/DZtmv3xqSJ 倭寇図巻も1558年の絵だろうから これに描かれた明軍の槍はこの時期戦っていた戚継光が導入させたと言う可能性も有るのかだが
08-15 18:45

村上海賊の娘で 真鍋貞友が3尺5寸(1.06m)の大太刀を船内及び甲板上で振るっているが こうした刀は船上の乱戦では何処迄使われたのかだが スペイン軍の場合船の上でも大太刀的なモンタンテを使うが 刃長は100-130cm程度だっただろうか https://t.co/pLwphVkI82
08-15 19:18

倭寇の大太刀を模したと言う苗刀の刃長は115cm程度だっただろうから 同サイズ程度の大太刀の船上利用は日本でも有るのかだが
08-15 19:19

17世紀初期のレパントの海戦の絵のモンタンテらしき剣は 刃長130cm迄は無いと言う事なのかだが https://t.co/kafJB9ZmWO
08-15 19:31

その下にボーディングパイクらしき物も描かれるが モンタンテ共に殆ど無いだろうか https://t.co/IkJzVCTAq2
08-15 19:53

https://t.co/bkNGB0c9ZZ ペロポネソス戦争時のアテナイ・スパルタ軍も 船上で槍を利用していると言う事なのかだが
08-15 22:17

マケドニア軍の海戦を描いた絵を今の所見ないが 長槍は切り込み阻止用であり 船内の乱戦は剣利用だったと言う可能性も有るのかだが 短槍を利用した可能性も有るのかだが
08-15 22:24

https://t.co/Z64uJhqsrf 船槍は手貫緒が有るのかだが 他の海戦用の長物にも装備されていた可能性は有るのかだが 馬上用の物ではどうなのかだが 格闘戦前の馬の速度を利用しての一撃離脱には使われていた可能性は有るのかだが
08-15 22:28

管槍は管部分に手貫緒が有る例も有るが 馬上で馬の速度を利用して突く或いは強打等はしていたのかだが
08-15 22:30

https://t.co/Rj4FLojN2d 船槍の手貫緒は石突部分に有るのかだが 他の海戦用長物には何故か無い様だが 石突に穴の空いた地上用の槍も有っただろうが 手貫緒を通す穴なのかだが
08-15 23:21

https://t.co/1jqgHDsutn 左の石突のイラストの白い部分は 手貫緒を通す穴なのかどうかだが
08-15 23:28

https://t.co/tWrbfxjkTN 穴の空いた石突の実物も有るが 手貫緒を通す穴なのかだが 手貫緒が付いた物は今の所見ないが
08-15 23:32

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10888-d3c156b7