FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Rf6RCoGXjD >藤原宗忠の日記、「中右記」(1087年~)には大宅光房という武士の相撲についての寸評があり、「強い相撲だが骨法を修練しなくてはいけない」という趣旨の記述があります。  念流の前は 骨法が柔術の主流と言う事なのかどうかだが 相撲と骨法は同一なのかどうかだが
08-12 08:51

https://t.co/Rf6RCoGXjD 骨指術は骨法の原型では無く 現代の物と言う事なのかだが
08-12 09:06

https://t.co/hCUbMhLfZr 桃山期成立と言う虎倒流骨法術も 無いと言う意見も有るが 左の様な手裏剣を落とす技は 他でも有るのかどうかだが
08-12 09:30

https://t.co/029IBJzuPX 目潰しも此れよりは近距離で放つ例も多いのかだが 唐辛子等が大量に入る物では少量受けても 視界は奪われ得るのかだが
08-12 09:42

忍者の目潰しには唐辛子・石灰・胡椒が入ると有るが https://t.co/5incHTokSY 16世紀の唐辛子伝来前は胡椒・石灰が利用されたと言う事なのかだが
08-12 09:49

https://t.co/dSWQMUZmGs アルカリ性の石灰が目に入ると 内部迄やられる危険が有るだろうが 忍者も自身がやられる事を考慮して 胡椒や唐辛子を利用していた可能性は有るのかだが
08-12 10:01

漫画・剣術抄に有るこうしたコンパクトな斬撃が 示現流以外では実戦では多いのかだが 実戦では刀を滅茶苦茶に振り回している者が多いと言う意見も有るが 示現流でさえ隙の出来る大振りは近距離では無い可能性も有るだろうか https://t.co/DLX1wMoqcO
08-12 10:40

家地はコンパクトな斬撃では 特に刃こぼれをしていると斬れないと言う意見も有るが 刃こぼれをしている場合は強打或いはコンパクトに突いていたのかだが
08-12 10:46

家地の二重或いは3重と成る表面の布がずれて 下迄斬れ難いと言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
08-12 10:50

https://t.co/LG1P9Alwt4 剣道の上段も近距離では防御重視の中段だろうが 示現流の場合近距離でのコンパクトな連打も有ったかも知れぬが 間合いを取ってからの大振りの方が多いのかだが
08-12 11:25

https://t.co/gNAM9yPTEL 示現流も近距離ではこうしたコンパクトな斬撃を 多用していたと言う事なのかどうかだが 離脱して遠距離からの大振りの方が多いのかだが 大振りで一撃した後敵が食い付いてきたり 離脱するスペースが無い場合は 即座にコンパクトな連打に切り替えていたのかだが
08-12 11:35

大太刀の場合近距離で高速連打と言うのも限度が有るだろうし 離脱出来ない場合は組討ちやハーフソードでの連撃に切り替えていたのかだが
08-12 11:38

https://t.co/TuoZqNCIcW 足払いして後方からテイクダウンと言うのは 甲冑組討ち等では多いのかだが 短剣等が有る場合は後方から組まれたら 即隙間を突かれてやられる例も多いのかだが
08-12 12:13

組む側の腕が塞がっていても大立挙脛当や板金鎧の膝部等で 装甲の無い腿後部等を打撃されて動きが鈍り 止めを刺された様な例も有るのかだが
08-12 12:26

https://t.co/GQpbwIHDMa 此れも足払い後に後方からテイクダウンだろうが MMAの場合は未だ反撃は可能と言う事だろうか
08-12 12:30

戦国期の絵だと 組み伏せている場合は後方からのみに見えるが 実際はどうなのかだが 足払い等から後方に組んでいたのかだが https://t.co/gvtB9WBnE8
08-12 13:37

1520年成立の清水寺縁起絵巻でも 後方から組み伏せている例が描かれるだろうか https://t.co/vHqIfACljB
08-12 13:55

十二類合戦絵巻だと 前方から伏せた敵の背面を突いていると言う事だろうか https://t.co/lfSMBGsa9W
08-12 14:01

春日権現験記絵の場合は 後方から組み伏せられた後足を薙刀で切断され動けなく成った後 組み伏せた者が立って首を取っていると言う事なのかだが https://t.co/rYofMMLzvr
08-12 14:28

https://t.co/DOQB4YT0Ak 蒙古襲来絵詞の竹崎季長も 後方から首を取っているだろうか
08-12 14:30

平治物語絵巻・六波羅合戦巻の下の場面では 首を取られた者は後方から組み伏せられたと言う事なのかだが https://t.co/nBXHgsHIwj
08-12 14:34

平治物語絵巻・三条殿焼討巻の下の場面では 同時に2名で後方から組み伏せた可能性も有るのかだが https://t.co/rBC1AJWm6D
08-12 14:50

前九年合戦絵詞でも 後方から組み伏せている例のみ描かれるが 2名を同時に組み伏せた例等は現実には有るのかだが https://t.co/s5wBRnkIiq
08-12 15:17

15世紀後期成立の笠置寺縁起絵巻でも 後方から髷を掴む様な場面が描かれるが 後方から組み伏せる事に拘るのは 日本の場合下方から草摺の隙間を突く技が有る故なのかだが 西欧甲冑でも15世紀後期以降の物は 草摺前部に隙間は有るが 後方からの組み伏せに固執しているのかだが https://t.co/vpCpsISzve
08-12 15:51

https://t.co/84TaH1pZLl >組討勝負は[13]、力で圧倒する将員が勝り、将員が幸盛を組み伏せる。しかし、組み伏せられた幸盛が、下から腰刀により将員の太股を2回抉り、弱った将員を跳ね返してその首を切り討ち取ったため、幸盛の勝利となった。
08-12 16:16

山中幸盛・品川将員の一騎討ちでは 下方から太腿の恐らく内側を抉った幸盛が勝利しているから 草摺の隙間以外を下方からやられる例も有ると言う事だろうか
08-12 16:18

大珍品!簪・三味線かんざしの仕込み武器・くノ一(女忍者)武器!芸者・花魁に扮してる時武器・希少な武器・珍品簪・必殺仕事人 https://t.co/akM4cw3Scy 此れは古い物なのかだが 別式女が笄型手裏剣を 頭に差していた可能性は有るのかどうかだが 仕込み型の笄も幾らかは装備していたのかだが
08-12 16:55

漫画・柳生連也武芸帳に有る 初太刀の一撃で戦闘能力を完全に奪うと言うのは容易なのかだが 浅いダメージを短時間に多数与えて動きを鈍らせた後戦闘不能としたり 一方的に疲労を蓄積させた後戦闘不能とすると言う様な例も多いのかどうかだが https://t.co/JFED2vRa6n
08-12 17:29

島津軍戦闘単位 伍は後退は許されないと有るが 示現流には後退が含まれる技も有るが 大将が決めた場所から後退しなければ良いと言う事なのかだが 一人は敵を倒さないと死罪と有るが 豊臣軍相手の戦闘ではそうした事は困難だろうから 特例が認められたのかどうかだが https://t.co/C6sZOjI025
08-12 17:47

根城坂の戦いの様に大将が退却を命令した様な戦いでは 敵を倒していなく共死罪には成らなかった可能性も有るのかだが 退却を命令していない戦いではその限りでは無いのかだが
08-12 17:57

@44uscm0WKb2D9dE https://t.co/Wiul16XmqY 左の再起では近距離で連打しているし 大振りの斬撃は剣道の上段の様に遠距離からが基本の可能性も有るのかだが
08-12 20:35

@44uscm0WKb2D9dE 遠距離から大振りの一撃をして 此れが受けられたり回避されたら後退して再度大振りの攻撃を出すか 後退しても相手が食い付いてきたり後退するスペースが無い場合は 近距離で連打していたと言う可能性も有るのかだが
08-12 20:40

品川将員の様に組討技術が高い者は正面から組み伏せる例も有るが 技術が無い者は反撃を封じる為に 背後から組む事を多用した可能性も有るのかだが
08-12 21:02

品川将員も山中幸盛の組討技術は自分より劣ると見て正面から組んだが 技術に差は余り無く 下からやられたと言う事なのかだが
08-12 21:05

https://t.co/5qUtuQAwKz 浮世絵だと鹿之介が上に乗るが 将員の腿を刺した後と言う事なのかだが
08-12 21:09

@44uscm0WKb2D9dE 示現流の一撃を回避したとしても 漫画・薩南示現流に有る様な高速のステップで後退されてカウンターを回避されたり 一撃後のコンパクトな連打で カウンターを効果的に出せない様な例も有った可能性は有るのかだが https://t.co/hRfzyv0qLm
08-12 21:21

https://t.co/kSNHP8DGuD 一方で剣道では上段選手が日本一に成る例は少ないが 実戦的なルールではどうなのかだが ステップも示現流的では無いと言う事なのかだが
08-12 21:50

https://t.co/pO1nZVLckv 上段選手が日本一と成ったのは左の試合だが 示現流は長時間の鍔競り合いは無いと言う事なのかだが 片手打ちは何処迄有るのかだが
08-12 22:07

RT @kamaeatte: 文禄の役における五島純玄隊の内訳は、侍大将1、奉行5、使番3、用人・大目付2、騎士11、歩武者40、鉄砲・弓・長柄・旗120、医師・祐筆・僧侶5、小人38、下夫280、馬匹27、船頭水主200の計732人。医師や祐筆の数までわかるのは珍しい。馬匹を…
08-12 23:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10885-207ba764