FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

08/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

【櫻】江戸期 木造鍍金 兎形大前立 特大65㎝ 鎧 兜 甲冑 [gs]08 https://t.co/K6233ByJaw 鹿角と兎の組み合わさった前立等も有るが 何処迄古い物なのかだが
08-11 10:20

▲▽金泊押伊予札二枚胴具足 十六間筋兜 江戸時代 46×62×146cm 15.71kg 胴/ 鎧/甲冑/武具▲▽ https://t.co/STknLHWAw7 小鰭部分に毛が有る様に見えるが こうした物は戦国期にも有るのかだが
08-11 10:41

https://t.co/PNtfHL6FsM 1615年頃成立の洛中洛外図・舟木本に 肩に孔雀の尾が有る胴が描かれるが 小鰭部分に付いているのかだが 獣毛が有る例も同時期には有るのかだが
08-11 10:57

【櫻】下坂八郎左衛門作 大身槍 36.8㎝ 白鞘 時代武具 旧家蔵出品 [sat]07 https://t.co/NsE7044dL2 幅が広い刃文が有るが 両鎬故に斬撃力を考慮したのかだが
08-11 11:35

銃夢に地功拳の低い蹴りを回避した後 反撃を封じる為か腕を踏み付ける技が出て来るが 空中で回転するかは兎も角 回避して腕を踏み付ける技が利用された例は有るのかだが 低い足払いも中国には有るだろうが 同様の方法で対処された例も有るのかだが https://t.co/vYtRF0AwdO
08-11 12:57

https://t.co/il1U5CTrPQ 左を見る限り中国的な低い足払いの場合でも 両手を踏み付けるのはどの時点でも不能では無いのかどうかだが https://t.co/OcdZ87h4HI
08-11 13:13

両手を踏み付けると言うのは現実には難しいかも知れぬし 飛ぶ或いは後退する等して回避した後 手前の左手を踏んでガードを困難としつつ 頭や背部等を打撃と言う様な方向も有るのかだが 甲冑相手では首後部や腿後部等を狙うと言う方向なのかだが
08-11 13:23

https://t.co/vbjvHNH0Xc 手を付かずに旋回している様な例も有ると言う事だろうが 隙は大きいと言う事なのかだが
08-11 14:04

https://t.co/mccYdYu4Tt 此れは回避して右手を踏むと言うのは 容易なのかどうかだが
08-11 17:12

地功拳で多用される蟹挟みは https://t.co/oAyleglxoY 天神真楊流にも有るが 関連はどうなのかだが
08-11 17:21

https://t.co/hgDPvZcWdE 投げ技が多いと言う起倒流は 関口新心流同様に陳元贇の影響が有る可能性も有るのかだが
08-11 17:43

戦国期だと竹内流・荒木流拳法・骨法及び 念流・堤宝山流等の剣術に付随する物以外は柔術は無いと言う事なのかだが 相撲の柔術は何れかの物を用いていたのかだが
08-11 20:09

https://t.co/VPFiJo7uHB >宝山流歌伝には「平(兵)法のみなもとこそは仏法よいずれといはは(いわば)法と答よ」とあり、僧を師としたことがわかり、当流が確認される最古級の柔術という見解がある   骨法は飛鳥時代或いは奈良時代には有ると言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
08-11 20:14

https://t.co/Gp92fUkFqz 荒木流拳法の契木・鎖鎌・両分銅鎖術は 天正期の物の可能性も有るのかどうかだが
08-11 20:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10884-cfb9a1fc