FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/xfMxyFmFSa >島津家は、鎌倉時代、秦の始皇帝の末裔と称する渡来人の秦氏の子孫・惟宗氏の流れを汲む惟宗基言の子の惟宗広言が、日向国島津庄(現在の宮崎県都城市)の荘官として九州に下り、
08-04 09:29

>その子の惟宗忠久が、源頼朝から同地の地頭に任じられ「島津」を称したのが始まりと言われている。  https://t.co/gnmtd2Gclj  島津忠久は惟宗広言の実子では無い可能性も有ると言うが 島津の十字紋はネストリウス派キリスト教徒共言う秦氏の影響は有るのかどうかだが
08-04 09:36

漫画・柳生連也武芸帳に有る様な 刀で矢を落とす場合は 長い大刀側で足をカバーしていた可能性は有るのかだが 足先は刀で守らず回避をしていた可能性も有るのかだが https://t.co/G1iGFLeYCb
08-04 10:21

包囲された場合は 視界の範囲外の矢は落とせないだろうし ランダム的に移動しながら 地形に入る以外無いと言う事なのかだが 正面からの矢が多い場合も同様だろうか
08-04 13:31

https://t.co/Na08VOSgXR 左の矢を落としている新田義貞も包囲された状況なら 馬を背にするか地形に逃げ込む必要も有ると言う事なのかだが
08-04 13:59

長い刀を2本持つ場合 矢を落とす際は此れが使われるのかだが 偉い者は二刀流主体では無く共 高級品の太刀等を別に持っている可能性も有るのかだが
08-04 14:53

https://t.co/zBIuIlxgcC この直後に刀で三節棍を受けた際には 背中を打たれている様にも見えるが 金属製だろうがダメージは余り無かったと言う事なのかだが https://t.co/p6LqAsOogc
08-04 16:45

https://t.co/jCflcarA5T 刀を持つ側が三節棍を奪ったとしても 果たして使いこなせるのかだが 三節棍を持つ相手を倒す為に研究を重ねていれば 基本的な扱い或いは此れ以上の物も出来る可能性も有るのかだが
08-04 16:47

とは言え可也の剣の使い手でも有り対三節棍も考慮している相手には 有効打は与え得ないと言う事なのかだが
08-04 16:49

https://t.co/Zj8PcfKmkn 大太刀でも鎖の切断は 果たして可能なのかだが 棍部が木製なら 一撃で無く共何度も打撃すれば折れる危険は有るのかだが
08-04 16:57

https://t.co/fRbnfQ2wsb 棍部が切断されて これに似た状況に成る可能性は有るだろうが 棍側が2刀を使う事に拘っているなら 組討ちで腕を抑える隙は生じ得ると言う事なのかだが
08-04 17:15

狼の口・ヴォルフスムントでヴォルフラムが腕をやられた際の様に 2刀側が武器を使う事に拘り 組討ちでやられる例は現実にも有ったのかどうかだが https://t.co/5auUZ5ox63
08-04 17:26

https://t.co/MU9hvMUeyA >真槍はもっと細くできていて、突き込んだところを真剣で撃ち込まれたら、全て切り落とせることもありますが、まず、6~7分は切断できます。  一撃で6-7分切断なら 二撃目の強打では切れ目から折れる可能性も有るのかだが 三節棍の棍は 槍よりは可也太いだろうか
08-04 19:32

https://t.co/XlkKQBmaPg 三節棍の棒は太さ4-5cmだろうし https://t.co/j0zXHqfuEj 槍の柄は3-4cmであるから 槍の柄を一撃で切断する様な斬撃を2回受ければ 三節棍の柄も折れ得ると言う事なのかだが
08-04 19:45

三節棍や多節棍も 刀と対する場合は金属の板等が部分的にも付けられた棍を利用する可能性も有るのかどうかだが https://t.co/gjZDIEmNTE 戦場用の梢子棍では 果たして補強は有るのかどうかだが 棍部分は金属製の物も有る訳だろうか
08-04 20:02

RT @Chinaswordbot: 【日本刀と中国刀剣の違い①】日本では刀の美的価値が重視され、鋼で軟鉄を覆う手間のかかる皮鉄・芯鉄構造が一般的なのに対し中国では宋代頃以降、多くの兵に武器を配備する必要から鋼を軟鉄で挟む生産性と研ぎ易さに優れた造りが一般的となった htt…
08-04 20:21

RT @Chinaswordbot: 【日本刀と中国刀剣の違い②】焼入れ(淬火)の際、日本刀では表面の高炭素鋼の内、刃にのみ焼きが入るよう刀身に焼き刃土を塗る対し中国の夾鋼/嵌鋼方式の場合、高炭素鋼を覆う低炭素鋼が焼き刃土と同様の働きをするため焼き刃土は用いない http…
08-04 20:21

宋時代以降の中国刀は軟鉄が側面に有ると言うが この部分を強打されて切れ目が入ったと言う様な例は無いと言う事なのかだが
08-04 20:25

RT @Chinaswordbot: 【漢剣の性能は?②】2006年、刀剣研究家 皇甫江が一本の出土漢剣を研磨した結果硬度の異なる鋼を組み合わせた複雑な造り込み構造、緻密な折返鍛造、刃とそれ以外で温度を変える焼入れ技法が確認され、古刀期の日本刀をも上回る硬度を見せた htt…
08-04 20:28

漢時代の剣の硬度は日本の古刀より有ると言うが 硬度=折れ難いと言う事なのかだが 山浦真雄の新刀より果たして耐久性は有るのかだが
08-04 20:34

古刀の場合軟鋼が刃部分にも一部混ざると言う事なら この部分の硬度や切れ味は新刀に劣ると言う事なのかだが
08-04 20:35

硬い鉄が内部に有る構造だと 強打されて硬い鉄が一片に折れ 同時に柔らかい鉄が曲がると言う様な事も起こり得るのかどうかだが
08-04 20:41

刀の様に3分割された様な皮鉄だと 強打されても此れが同時に割れるのかどうかだが 一体構造では一撃で全体に亀裂が入る危険も有るのかだが
08-04 20:44

https://t.co/mozfIJ8ceM 古刀の場合軟鉄と硬い鉄が混じる構造であるから 刃部分の硬度は新刀より低い部分が有るのかだが 末古刀は刃部分は硬度が有るかも知れぬが 他の部分は混ざった鉄が利用されたと言う事なのかだが
08-04 20:58

https://t.co/NVo9SiKUGf 一方で山南の刀の様に 皮鉄所か柔らかい内部の鉄に迄も一撃で亀裂が入った様な例も有ると言う事なのかだが 山浦真雄の刀ならこうした事は起こり難いのかどうかだが
08-04 21:18

一方で刃の皮鉄部分だけが割れて 曲がっていない様な刀も有るが 一体的な硬い鉄なら 一撃で全体が割れていた可能性も有るのかどうかだが
08-04 21:20

https://t.co/qgkIipYOYT 寺田屋事件で奈良原繁が使った刀は 先端部が欠けるが 突いた際の物なのかだが
08-04 22:13

https://t.co/T7svZXSta4 https://t.co/HqOhxoZxmd 近藤勇の鎖帷子は 格子鎖が多い割には6kg有るが 裏籠手部分の鎖が無いのは 腕の動作性を増す為なのかだが
08-04 22:42

https://t.co/cbIeFGmuod 胸部も含め正面部分の鎖は 無い部分が多いと言う事なのかだが
08-04 22:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10877-b77c048d