FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

07/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/pCcMRuaL2X https://t.co/CFN4RQ1yE2 ブラウン運動を音声化した ブラウンノイズは宇宙背景放射を音声化した物に似るが 此れを集中力を高めるのに利用する例も有るのかだが
07-27 10:29

https://t.co/R6hZmGKqvK 他のカラー名の付いたノイズも有るが 何れが集中力を高めるのに適しているのかだが
07-27 10:41

https://t.co/xB5TNQMCEN 西欧の場合は鎖・紐利用の仕込みキャンデリエールと言うのも有るが 此れでランスやポールアックスに対抗していたのかどうかだが 実際の利用例は何処迄有るのかだが 此れが戦場で使えるなら 日本の戦場で鎖鎌や1585年の伝書に有る契木の利用も有り得る訳だろうか
07-27 11:05

仕込みキャンデリエール程度の柄長の 鎖鎌や契木なら集団戦利用も可能かも知れぬが https://t.co/WzRM1gjwG2 左の1582年には有る契木の柄はそう短くは無い様に見えるが
07-27 11:14

https://t.co/ngA9uL9ngL 仕込みキャンデリエールも原本だと 全長は通常のポールアーム(2.2-3m)程度は有るのかだが
07-27 11:52

https://t.co/5XT4jdIj1L 此れは2mは無いだろうが 2m超の薙鎌や鎌槍に分銅鎖が装備された様な物も有るのかだが
07-27 11:56

ポールアックスなら2mも無い物が多いし このサイズの鎖鎌が鎖の長さを生かして戦場利用された可能性も有るのかどうかだが
07-27 12:01

https://t.co/28oj4Ahg8z ポールアックスは1.2-2.0m程度であり 身長程度も無い物も多いだろうか
07-27 12:06

https://t.co/9rO25CKgJx この程度の物でもポールアックスより長いだろうが 更に長い7尺の八重鎖鎌も有る様だが
07-27 12:09

https://t.co/QkSIEzoRiQ 此れは2mも無いが 戦場で使える長さは有るのかだが
07-27 12:16

https://t.co/P1SoY5RQaW タルフォファー教本のポールアックスも 2m超は無いだろうか
07-27 12:27

https://t.co/LAhK6CklE8 北条五代記に短い鎖鎌を 海戦で利用する例が有るが 船上や陸上での乱戦時は 短い物も利用された可能性は有るのかだが
07-27 12:43

5mのパイクや3.5mのランスの密集陣に ポールアックスや仕込みキャンデリエールが斬り込んでいるなら 3-5m程度の縦深が無い様な槍に長柄鎖鎌が斬り込むのは可能と言う事なのかだが
07-27 13:48

https://t.co/iG9iuj6Ujf 尾張管流槍術の試合の防具は 肘付近には無いが この部分は弾かれる等して衝撃は余り受けないと言う事なのかだが
07-27 14:19

https://t.co/w1jGPY9Xuv 胴・喉部への突きが基本の銃剣道も同様に 肘部分の防具は無いと言う事なのかだが
07-27 14:40

https://t.co/lgaP83ZQL3 肘側面部が鎖で埋まる様な戦国期の籠手も有る様に見えるが 日本的な鈍い切っ先の槍なら まともに食わなければ逸らせる例も有ったと言う事なのだが 大概の籠手は肘は下部しか鎖では埋まらないと言う事なのかだが
07-27 14:57

https://t.co/cl963YlpfP 左の井伊直政の具足の籠手も 肘側面部は鎖で埋まっているのかだが
07-27 15:16

本多富正の大阪陣迄には有る具足の籠手も 肘側面部は鎖で埋まるのかだが https://t.co/QEzFRCMlXD
07-27 15:27

下の小幡信貞の籠手の様に肘上部が格子鎖に成る例も多いし 上半分程度が格子鎖の物も有るだろうか https://t.co/N5wqeBsiu5
07-27 15:30

家康の具足も 肘部は割に鎖が有ると言う事なのかだが https://t.co/ZsVYEtFnRn
07-27 15:36

伊達政宗の具足の籠手の肘部は 総鎖は下半分だろうか https://t.co/0wQeLdg2HA
07-27 15:38

https://t.co/iiyjLwmEqM 試合では腕への突きは一本では無いだろうが 狙えば腕に槍の突きを命中させる事は 何処迄可能なのかだが
07-27 15:54

益田元祥の肖像画の籠手の肘側面は鎖で埋まる様に見えるが 現実の籠手より描写は単純化されていると言う事なのかだが https://t.co/mBoPONNAWf
07-27 16:11

https://t.co/EzAc4rYzOn 15世紀の籠手でも格子鎖が多い物が有るだろうし https://t.co/SQTs9NdU7j 16世紀初期の大内義興の肖像画の籠手もそうだろうか
07-27 16:15

特別出品!変わり大身槍!全てが特注!在銘「正徳四申子年×月造於尾州」刀身全長約87センチ!世界最強!唯一無二の大身槍!小鴉丸造!! https://t.co/D96wbTbPPF 刺又的な構造だが 戦国期にこうした物は無いと言う事なのかだが
07-27 16:37

https://t.co/JmqSKd3QSI 本多忠勝の肖像画の籠手の肘部も 細部は描写されていないと言う事なのかだが
07-27 17:07

https://t.co/YoY4PJQ32h 短刀が竹刀のパワーで粉砕される様な場面は無い様にも見えるが 短剣道側が組討ち無し・或いは剣道側も組討ち有りならどう成るだろうか
07-27 17:45

https://t.co/X8cv3s1u9u 銃剣道では前腕部への突きは 一本と成ると言う事なのかだが 甲冑槍術でも有効と成る様な 脇部への突きが多いのかだが 喉部への突きも面頬の垂や曲輪では 何処迄止まるのかだが
07-27 18:08

https://t.co/zpKdaBLI9b この位置を突かれれば筒籠手では無いと 貫通する危険も有るのかだが
07-27 18:09

https://t.co/tYBRqyyBTZ 肩を背後から攻撃しても一本と成るが 甲冑槍術でもこうした攻撃は多いのかどうかだが
07-27 18:13

甲冑槍術では前腕部への突きは余り無く この部分は打撃していたのかだが 袖が無い具足の上腕部なら 突いていた可能性も高いのかだが
07-27 18:17

https://t.co/ymZDXSFpKa 相手が手を上げていないと こうした突きは1本では無いと言う事なのかだが
07-27 18:24

https://t.co/MOpEL9IW80 此れは態とキックした足を取らせて腕を動き難くしてから 飛びつき腕十字をしたのでは無く キックを取られたからカウンター的に出た物なのかだが
07-27 22:05

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10869-bbc46ca5