FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

07/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/XRWh0qu3OR 此れは睡眠用では有るが 割に集中出来るノイズと言う事なのかだが
07-25 12:26

漫画・甲冑武闘では盾に対しタックルする事で 相手を倒しているが 横を向けて構えるタイプの盾は 体から離れているので此れは有効では無いと言う事なのかだが https://t.co/2pFDd1TxBN
07-25 15:12

ローマ剣闘士の使うスクトゥム等の曲面型盾は正面に構えるから 体当たりでやられたり 右腕がやられ易いと言う事は有るのかだが https://t.co/08IlA9D2ml
07-25 15:18

右腕を防護し難い曲面型盾では メイルで右前腕部を守ると有るが ローマ歩兵はダキア戦争時の対ファルクス装備等の一部を除けば 右前腕部にメイル等は無いと言う事だろうか
07-25 15:21

盾を正面に構えなく共 蹴りが強ければこうした形で回転させられる危険は有るのかどうかだが https://t.co/UOneEU5oKV
07-25 15:53

https://t.co/o8eNxTK9Fo  平面的なバイキングシールドでも 右手が盾から出る時間はそれなりに有るのかだが
07-25 16:02

https://t.co/YwejCWy83F こちらでも盾から右手が出ている時間は かなり長い様に見えるが
07-25 16:09

https://t.co/e56GuKj9iZ 正面に構えるスクトゥムだと バイキングシールドよりは攻撃時に右手が盾が出る時間は 矢張り多いと言う事なのかだが
07-25 16:18

スクトゥムも半身の正面に構えられているなら 盾の上から体当たりで倒すのは容易では無い可能性も有るのかだが
07-25 16:21

https://t.co/ERZCkkaehw スクトゥムのシールドアタックは 正面を使う場合と 下端部を使う例が有るのかだが
07-25 16:30

https://t.co/zUFya4wkIZ スクトゥムに対し槍で足を狙うのは 困難な例も多いと言う事なのかだが マケドニアに対しては古い楕円形の盾が利用された訳だろうから 此処迄の防御力は無いと言う事だろうか
07-25 16:37

https://t.co/AlSeaNSOGw 頭へ突くと見せて盾で視界を塞がせた直後に 足を突かれればやられる危険も有るのかだが
07-25 16:42

https://t.co/hr9AgN7YDm 盾を柄頭で叩いて 動作を封じる例も有るのかどうかだが
07-25 16:48

https://t.co/4jmhVc7Cuo 左の様な共和制ローマ時代の盾では マケドニアファランクスの槍を完全に遮断と言う事は困難と言う事だろうし 正面戦闘では撃破されている訳だろうか
07-25 16:58

https://t.co/VopKaTvBb5 帝政ローマのスクトゥムでも 低くして顔を盾の影に入れぬ限り 上からの突きでやられる危険も有るのかだが 槍のレンジ内では低い姿勢で機動性の低いファランクスに少しずつ接近すれば 無傷で斬り込める可能性は有るのかだが
07-25 17:05

https://t.co/Qiey8aRZqN カンネーでは楕円形盾装備の共和制ローマ軍が カルタゴのギリシャ的歩兵に包囲されやられているが 帝政ローマの兵でも同様の事に成ったのかどうかだが
07-25 17:24

https://t.co/LBdIhp7ruA ローマ対マケドニアの戦場画で ローマ兵が接近戦をまともに挑めている例と言うのは 有るのかどうかだが
07-25 17:32

https://t.co/PES0oozuym 籐牌の場合は正面に構えるのかどうかだが 蹴って回転させられる事は無いが 組討ちの際に即座に投棄するのは困難と言う事なのかだが
07-25 18:32

センターグリップ式では無いから 腕の保護もバイキングシールド程は出来ないと言う事なのかだが 腕を刀でやられた例はそう多いのかだが
07-25 18:34

https://t.co/2NRPQknMcm スペインのロッテラも同様の構造だが こちらは横に構えるのかどうかだが
07-25 18:44

https://t.co/6jD7qajRPh こちらだと籐牌は 横に構えているが
07-25 19:06

https://t.co/T5whGflf6n 此れは通常の籐牌と異なり センターグリップ型だから 腕はやや狙い難いのかだが
07-25 19:14

https://t.co/koGmbm3vEb 刀では盾側に回って足を斬るか 剣側に回って腕等を狙うのが有用と言う事なのかだが 盾の密集陣形では倭寇の様に 大太刀のパワーで正面から粉砕する方が有効と言う事なのかだが
07-25 19:22

刀で正面から攻撃するなら こうした上に斬ると見せて盾で視界を奪わせた後 下を斬ると言う様な例が有るが この程度の距離を引いてカウンターと言うのは 密集陣形でも出来ると言う事なのかだが 上を斬ると見せて腕を狙うと言うのは 困難なのかどうかだが https://t.co/WiTXtXztcj
07-25 20:04

剣術抄ではやや横に回避しつつ腕にカウンターを掛けているが 現実には何処迄出来るのかだが https://t.co/YzsLUw5Hza
07-25 20:07

大太刀なら強引に剣に叩き付けてから リーチの差を生かし腕を即座にアウトレンジと言う様な戦術も 採り得るのかどうかだが
07-25 20:32

通常の刀と腰刀の刃長は同程度だったかも知れぬが 両手で腰刀を打った後 左片手打ちをすれば 腕のアウトレンジは可能なのかどうかだが
07-25 20:51

https://t.co/eSUIhbfSm3 左の腰刀の刃長は67cmだろうから 通常の桃山期の刃長72-75cm程度の刀の左片手打ちなら手辺りをアウトレンジするのは 困難でも無いと言う事なのかだが
07-25 21:03

https://t.co/MmRZnjwQFo ロッテラと組み合わされる様な バックソードの刃長は81cmも有り 護拳も有るから 刀の左肩手打ちでも腕のアウトレンジは困難と言う事なのかだが
07-25 21:06

左片手打ちでは通常の長さの柄では10-15cm程度リーチを伸ばのが 限界と言う事なのかだが
07-25 21:12

https://t.co/KDSyymRO2B この種の片手小手も 竹刀をアウトレンジしている訳では 基本的に無いと言う事なのかだが
07-25 21:43

こうした形で 右では無く左肩手打ちで 指をぎりぎりアウトレンジ等と言う例は果たして有るのかどうかだが https://t.co/6MLsu9UeGf
07-25 22:30

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10867-3a1dfede