FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

07/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Baq78AhcO0 ポールアーム装備の場合は腕は引いた際に体と密着するから この際に強打されれば凹み得ると言う事なのかだが
07-14 08:39

https://t.co/HqSU2J7ZXm ハーフソードの場合剣を引いた時は 腕は体に密着しているから ここを強打されれば凹む危険は有るのかだが ハーフソードでは強打は無理だろうが 剣でも鍔側の打撃ではどうなのかだが
07-14 08:49

https://t.co/VRmUTCZUnR サンロマーノの戦いの絵では 騎士が片手用メイスを持つが これでも足を強打されれば落馬等も起こり得るのかだが 兜等の同一箇所を連打されれば 昏倒も有り得るのかだが
07-14 08:53

https://t.co/g8YE5WXLm0 片手用ハンマーも書かれるが 足の装甲ならピックで貫通するのかだが
07-14 08:57

片手用メイスも刃筋を無視出来る連打で体制を崩しつつ 兜の同一箇所を連打し昏倒させるか 足を強打して落馬させると言う様な使い方なのかだが
07-14 09:06

漫画・柳生連也武芸帖に有る 新陰流の入身正眼の構えと言うのは 西欧の冠の構えに似ているが 防御的な構えと言う事なのかだが 鍔での防御力は余り期待していないと言う事なのかだが https://t.co/hRju9wTygW
07-14 10:16

https://t.co/i02xBIszai 片手用メイスでも1.2-1.5mm厚の兜が此処迄凹むだろうし 同程度の厚さの綿入れの無い様な足甲の筋肉の少ない部分に命中したら 一撃で歩行不能共成るのかだが
07-14 11:29

https://t.co/XSErj2PwgM 両手打ちではスパイクで穴が空いたが 更に鋭いスパイクの有るメイスも有るだろうか
07-14 11:34

筋肉の有る場所で有れ 打撃を受ければ動きが鈍り 隙間を突かれたり組み伏せられる危険は増すと言う事だろうか
07-14 11:40

https://t.co/tdotMR9GMD トルコ騎兵がピックを西欧兵の兜に打ち込む様な絵も有るが 一撃で昏倒迄は可能なのかだが 馬の速度を生かせばどうなのかだが
07-14 11:54

https://t.co/w3lPwn07WE 斧では2mm厚の兜がこれだけ凹むと成ると 1-1.5mm厚の足装甲では一撃で行動不能共成り得るのかだが
07-14 15:00

兜は受張・綿入れが有るから 頭部とのスペースの小さい側面でも1撃なら耐え得るかも知れぬが 同じ場所を連打されればやられ得ると言う事なのかだが
07-14 15:52

上は1.5-1.7mm厚の間違いだが https://t.co/uByyhL0wRb 2mmのゴシック鎧程度の兜鉢でも両手用メイスを同一箇所に連打されれば 厳しいと言う事なのかだが
07-14 16:01

https://t.co/VRmUTCZUnR サンロマーノの戦いの絵のメイスは 両手持ち用としては小さいが 足を打ち砕く事は可能と言う事なのかだが
07-14 16:15

片手用メイスでは足を打ってから押し込んで落馬させるか 痛みで動きが鈍った所に短剣やメイスに装備された槍先で 隙間を突くと言う様な運用なのかだが
07-14 16:19

脇の隙間にハンマーが入り込んだりしたら 一撃で戦闘不能共成り得るのかだが メイスは入り込めない例も有るのかだが
07-14 16:24

イタリア・ゴシック式では首の後ろの隙間が大きい物も有るが 此処にメイスが飛び込んだ例も有るのかだが
07-14 16:28

https://t.co/RuIy0FfFbD Mordhauの鍔での強打も 足の装甲を凹ませる事なら出来るのかだが 脇の隙間にも飛び込み得ると言う事なのかだが
07-14 16:51

メイスや斧の足への一撃で 転倒した後組み伏せられたり 下方の隙間を即座に突かれた例等も有るのかだが
07-14 17:04

片手剣の刃の無い鍔元を持って 両手剣的に運用する例は有るのかだが 日本でも脇差をそうした利用をする例は有るのかだが
07-14 17:14

https://t.co/LiGm5EzSJa https://t.co/V5gSaV8QDb 騎士がこうしたスパイク付きメイスを 使う例は果たして有ったのかだが
07-14 17:37

https://t.co/9K1aTjnSz9 脇差も短刀的な短い柄の物と 両手持ちも可能な様な物が同時期に利用されているのかだが 戦国期では何れが多いのかだが
07-14 18:30

西欧甲冑の場合真下に迄鎖が有る例も有るが 腿内側には無い例が多いだろうから ここを斬る例も有るのかだが https://t.co/KGFW3CJVlr
07-14 19:43

右の技はベルセルクでキャスカも利用していたかも知れぬが 脇に鎖が有る場合は下方からの突きと成るのかだが 更には後方に周り込んだ後首等を狙うのかだが https://t.co/CpbVX0276z
07-14 19:45

キャスカの場合は例の100人斬りの時に出て来た此れだろうが 胴に板金鎧が有る歩兵でも 脇に鎖は現実にもランツクネヒト等は無いと言う事なのかだが 古いブリガンダイン装備の歩兵等はどうなのかだが https://t.co/NxB7WqNMmI
07-14 20:11

フルプレートの手首内側部分にも装甲が無い例が多いが 此処を突くのでは無く斬り抜いた例は何処迄有るのかだが https://t.co/Ybr3lsk8hG
07-14 20:19

脇では無く腕をこうした形で突くと言う例は 現実に有るのかどうかだが https://t.co/foYtEDRuc9
07-14 20:46

https://t.co/YlNL6HpLJI ゴシック鎧だと手首が露出している例も多いが 板金で埋まる例も有るが https://t.co/rV5gDylqwm イタリア式のミトン籠手では基本的に手首は埋まる訳だろうか
07-14 21:06

ミトン式でも掌部分に隙間が有るが この部分は極めて狭い訳だろうが 斬り抜かれた例は有るのかどうかだが 左の掌には鎖が有る例も有る訳だろうか
07-14 21:07

https://t.co/wClaBSyNQP 15世紀前期迄のこうした籠手は手首は覆われるが 掌の隙間は割に有るが 左なら鎖が入る例は有るのかだが 鎖が有れ強打されたり突かれれば ダメージは受ける訳だろうか
07-14 21:35

https://t.co/AxBuVp8kK6 イタリア式ミトン籠手でも 突けなく無い様な隙間は有るだろうか
07-14 21:51

https://t.co/hfWtsOnMrb ゴシック籠手の場合手首の血管部分は鎖は無いと言う事なのかだが ギャンベゾンだけでも斬れ難い部分は有るだろうか
07-14 21:57

https://t.co/6chAVQpkbR マクシミリアン鎧の籠手は 手首は完全に保護される訳では無いと言う事なのかだが
07-14 22:16

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10856-17e50b84