FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

06/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

RT @tokubi_nagoya: ヨーロッパでは貴婦人を飾ったのであろう銀のレースも、尾張のかぶき者 徳川宗春の手にかかればこーんな個性的な鎧の飾り(指物)に。レースの筒の上に毛が生えたこの指物、何の意匠かは不明ですので、わかかった方はぜひコメント欄にて教えてください。 h…
06-30 10:11

漫画・剣術抄では骨法の使い手が虎にやられていたが https://t.co/GzYrDbnTbs 現実には熊の目を打撃して逃走させた例も有るが 目を攻撃し戦意を喪失させた後 もう片方の目も潰し 威力の有る肘打ちやキックで脳を打撃して動きを鈍らせた後 首を締めて倒すと言う様な方向も有るのかだが
06-30 11:26

漫画・剣術抄では中国で有った話に似せて 下方から虎を締めて倒しているが 背中を食われたり爪でやられる危険は無いのかどうかだが
06-30 11:30

剣で倒すとしても目を先ず潰すのかだが 他の場所を斬ってもダメージが一定量を超えた有る時点で 虎の戦意が喪失する可能性も有るのかだが
06-30 11:32

https://t.co/bpOOrvRdvW >生麦事件の実行犯は薬丸示顕流。  示現流というとトンボの構えとか、叩き下ろすイメージが強いが、示顕流では低い姿勢で一歩踏み込みながら一気に下から上へ切上げる。 生麦事件では下からの逆の唐竹割に なったと聞いた。
06-30 12:24

薬丸自顕流のこの下からの斬撃は 居合からの形だっただろうし 通常は上からの斬撃だったかも知れぬが
06-30 12:25

https://t.co/bpOOrvRdvW >ひと気合、つまり思いっきり叫び始めてから叫び終わるまでに、丸太を30回は打つぐらいの速さが理想らしい。   30回と言うのは 一回の叫びの間と言う訳でも無いのかだが そうした高速の速さで打ち込んでいる動画は今の所見ないが
06-30 12:28

実戦では恐怖感から刀を出鱈目に振り回し続けている例が多いと言うし 示現流の連打は恐怖感から剣を振り回さざる負えぬ状況でも 一定の判断力を失わない為の訓練である可能性も有るのかだが
06-30 12:32

恐怖感から突きを出鱈目に連続で出すと言う事は有るのかだろうし 突きの多い沖田総司等は現実の斬り合いでも剣を出鱈目に振り回す事はせず 冷静な突きが出来ていた可能性は有るのかだが
06-30 12:41

甲冑+長物なら恐怖感は低下し 装甲の隙間への突きが多く成ると言う可能性は有るのかだが 雑魚足軽は装甲が有ったとしても軽装だろうし 出鱈目な斬撃が多く成ると言う事なのかだが
06-30 12:43

そうした沖田の突きでやられた示現流剣士と言うのも多いのかだが 冷静に連打をして来る様な高位の者には 梃子摺っていた可能性は有るのかだが
06-30 12:49

シミター二刀流の者が 馬の速度を利用して2刀を1人に同時に向けて斬撃と言う様な例は有ったのかだが チンギスハン映画の様に馬の速度を利用し2人をほぼ同時に斬ると言う様な例なら有るのかだが
06-30 13:25

予備を加え2本太刀を携行する例は モンゴルより日本の方が多いかも知れぬが 此れが2本同時に馬上で利用された例は何処迄有るのかだが
06-30 13:40

https://t.co/z7UWxXeuuy 南北朝期だと薙刀と刀の 馬上での同時利用も有り得るのかだが 馬の速度を利用し1人に同時に向ける場合は薙刀は短く持たれたのかだが
06-30 13:44

https://t.co/Zj6CYMEaG3 剣道では連続技が成功する確率は 2.5%程度だが 打撃部位が限定されていなければ此れより多くは成るのかだが 甲冑装備では同程度に低くは成るのかだが
06-30 14:21

https://t.co/0zsF3bqYpT こう言う物が決まった例が 2.5%程度と言う事なのかだが 有効打は4/160だからそれなりに連続技は出されているのかだが
06-30 14:37

連打だと同じ様な周期で攻撃が出るので カウンターを食う危険が有るだろうが 2発目を打つと見せてカウンターを抜き気味に回避し 反撃と言う方向も有るのかだだが
06-30 14:59

https://t.co/zXPyYhLdYB 同じ場所を連打して一本と言うのも有るが 余り多くは無いと言う事なのかだが
06-30 15:16

板金鎧相手だと近い掌を狙うと見せて肘や脇・足内側を狙うと言う様な物が 多く成る可能性も有るのかだが
06-30 15:23

https://t.co/WiLCh2mWpN 面を連続で狙っての1本も有るが 最初のフェイク的な面に 相手が居付き(動作が鈍り) 二発目に対処出来ていないと言う事なのかだが
06-30 15:38

飛び込みながら連打して来る相手には 居付き的に動作が鈍り易いと言う事は有るのかだが
06-30 15:47

https://t.co/Zj6CYMEaG3 飛び込み技は10/282だが 頻度は高いが命中率はそう高くは無いが 飛び込みながら連打と言うのは余り無いのかだが
06-30 15:50

飛び込み小手は2/123と 飛び込み面の7/116より頻度は多いが これをしている動画は今の所見ないが
06-30 16:08

飛び込むと見せてカウンターを誘い 此れを抜き気味にかわし反撃と言う様な例も有るのかどうかだが そうした事をしている動画は有るのかだが
06-30 16:32

居付いたと見せて 攻撃して来る相手にカウンターと言う例は有るのかどうかだが
06-30 17:29

https://t.co/3S93HAFOPg 左のロングソードの試合でも 連打からのポイントは1つも無いだろうか
06-30 18:43

飛び込みながら払い その儘の速度で前進して攻撃と言う様な物は有るのかどうかだが 払い打ちは確率はそう低くは無いが 飛び込みながら行われる例は有るのかだが
06-30 18:50

飛び込みながら槍を高速で連打して 石突等を使わせず その儘の勢いで前進し攻撃と言う様な例は有るのかどうかだが
06-30 18:57

https://t.co/fb7dy4HkT2 >四戒とは、驚(きょう)懼(く)疑(ぎ)惑(わく)の四つの心理状態をいい、このうち一つでも心の中に起こしてはならないという戒めです。
06-30 20:21

飛び込みで驚・懼を生じさせ フェイントや打つ位置を読ませぬ事で 同時に疑・惑を生じさせ 敵を居付かせると言う方向も有り得るのかだが
06-30 20:23

https://t.co/XL91S88Z5v >飛足を好まないのは、飛ぶときに起こりが生じるからである。飛ぶことは即ち居つくことである。いくら飛んだとしても飛ぶというのは理に適っておらず、飛足は悪し。また跳ねるという心づもりでは、捗(はか)が行かないものである。
06-30 21:08

示現流の飛び込みは 摺足的な動きだっただろうか
06-30 21:24

https://t.co/f6ghJaIima 左にはそうした飛び込み的な動きは 無い様に見えるが 実際は利用されていたのかだが
06-30 21:29

https://t.co/ViDx4rkzXw 左の薬丸自顕流の前進も 飛び込み的とは言えない様に見えるが
06-30 21:29

https://t.co/p1B1QZ5iBv >また自顕流の足運びは、敵に対したときしずかに小幅で歩み寄り、トンボの構えから打ちだすとき、大股に踏みこむのである。歩幅は三足に三間以上を飛行するのが極意である。飛行というのは飛ぶのではなく、踏みだす勢いで足をすべらすことである。
06-30 21:33

示現流も1歩で1間(1.8m)は摺足的に飛んでいると言う事なのかどうかだが
06-30 21:35

https://t.co/5RFhjCzbi3 ロングソードの左の1本は そう飛び込み的共言えぬだろうか
06-30 21:53

飛び込みの片手突きや 片手斬りと言うのも見ないが 二刀では多いのかどうかだが
06-30 22:21

払いを抜き的に回避して カウンターと言う例も有る様だが 払うと見せて相手の剣を動かした後 剣から遠い場所等を攻撃と言う様な例は有るのかだが
06-30 22:24

https://t.co/x68YpCXg3s 飛び込みで間合いの近い小手を 片手で狙うと言う様な物は有るのかどうかだが
06-30 22:58

飛び込みで板金鎧の掌や肘の隙間を 突いた例等は有るのかどうかだが
06-30 23:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10842-47925ea6