FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

漫画剣術抄・新宿もみじ池に有る様な 刀を相手の肩付近で長時間停止させてからいきなり打つと言うのは 剣道やロングソード試合では見ないが 長時間の鍔競り合いからいきなり打つと言う例なら 剣道には割に有るだろうか
06-29 12:33

https://t.co/mVju4yW3Lw 左の様な例がそうだが 組討ち有りの実戦では 何処迄こうした事は起こるのかだが 柔道や空手等でも余り仕掛けない時間は有るが 鍔競り合いをしつつ打撃の牽制や 組む素振りを長時間幾らか出すと言う様な例なら有るのかだが
06-29 12:44

現実の斬り合いでは相手の攻撃圏内には中々入らず 長時間の鍔迫り合い等は起こり難い可能性は有るのかだが 判断力を失い刀を適当に振り回している例等も多いのかだが
06-29 12:52

https://t.co/3S93HAFOPg ロングソードの試合では鍔競り合いは基本的に無いのは 打撃が有効な部位が限定されていない故なのかだが
06-29 13:16

https://t.co/ihKt7u79il 攻撃が有効な部分が限定される板金鎧装備の試合でも 鍔競り合い的な物は少ないが 軽い突きでも有効である故も有るのかだが
06-29 13:34

RT @kamaeatte: 高温多湿な日本ではなかなか合成弓が定着しない(接着部分がはがれやすい)→丸木弓で威力を出すために弓も矢も長大化したがやはり射程は短い→確実に殺傷するために馬で駆け寄って近距離で射る必要がある→長くて重い矢は有効射程内であれば相当な破壊力があるので大…
06-29 16:13

https://t.co/VgGkxh5oF7 太平記では2町(218m)程度の射撃も出て来るが 一部の強弓使いだけが放っていたのかだが 雑兵物語では足軽が1kmや500m先に矢を放つ例も有るが 強弓を使ってもごく一部の者だけなのかだが
06-29 16:14

https://t.co/SSahke4cbm 太平記では3人張り(張力90kg程度か)の弓でも 6町(654m)飛んでいる例も有るのかどうかだが この距離を飛ばせる者は余り居ないと言う事なのかだが
06-29 16:29

>師直畏て、「本間が射て候はんずる遠矢を、同じ坪に射返候はんずる者、坂東勢の中には有べしとも存候はず。   3人張り以上の弓なら関東武者なら多数利用する者は居るのかも知れぬが 同程度の精度が無いと言う意味なのかだが
06-29 16:32

古い騎射戦では馬に当てる気が無いから 騎兵相手には人への近距離射撃しか無いと言う事なのかだが そうした時代でも歩兵相手には遠距離から放っていた可能性も有るのかだが 歩兵も騎馬武者に遠距離から射撃していたのかだが
06-29 16:41

https://t.co/sjxUoKABdL 張力99ポンド(44kg)のトルコ弓の矢が 434mも飛ぶなら 張力90kgなら654m飛ぶ可能性は有るのかだが 800m飛んだトルコ弓と言うのは 張力は100kg等有る可能性は有るのかだが
06-29 16:59

https://t.co/B0VTB9YRLL >50kg程度の弓だったら、1人で張れます。(裏反りの影響はありますが)昔の2人張りや7人張りは、あまり参考にはならないと思います。50kgが1人で張れるのですから、2人張りは100kg、7人張りは350kgになってしまいます。
06-29 17:21

3人張り=150kg 5人張り=250kg程度と言う可能性は無いと言う事なのかだが
06-29 17:23

>寸弓(3cm角)の弓で、60kg~80kg位(材料誤差)でしょう。それ以上厚くなると、弓が持てないし、重くなって運べないし、弓の自重がありすぎて、効率よく矢を飛ばすことが難しくなります。   とは言え手が大きい者なら 張力150kg等の弓も持てるのかどうかだが
06-29 17:24

RT @kamaeatte: こうして世界的にも珍しい重装弓騎兵が生まれたと想像している。元朝の王惲も日本の矢は長いけど遠くまで飛ばないと伝え聞いており、それよりはめちゃくちゃ鋭い刀(刀製長極犀)の方が元軍の印象に残っていたようなので、鎌倉武士は一般にイメージされているよりも近…
06-29 20:16

太刀も馬の速度を生かしての片手打ち斬撃では シミターと威力は大差無いかも知れぬが 止まっての打ち合いでは両手打ちが有る故に 差が生じると言う事だろうか
06-29 20:17

宋の騎兵なら両手持ちで馬の速度を生かす様な大刀の斬撃が有るかも知れぬが モンゴル騎兵には此れは無いと言う事なのかだが
06-29 20:18

宋時代の騎兵が大刀を利用している絵を見ないが この時点では依然歩兵武器なのかだが 明時代の絵の騎兵や清の騎兵は大刀を利用しているだろうが 10kg超等の物は有ったのかどうかだが
06-29 21:12

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10841-a6c240b0