FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/4fhcg5HCDH 室町前期辺りだとこうした鎧も有るのかだが 南北朝の物としてはシコロが小さいのかだが
06-28 10:35

https://t.co/j024ST7mcY 南北朝でもこうしたシコロの小さい兜は有るのかだが 騎兵戦で大鎧と組み合わされる物では無い可能性も有るのかだが
06-28 10:39

15世紀後期の結城合戦絵巻の時代では 大鎧は廃れているのかだが 前期なら十二類合戦絵巻に有る様な大鎧は依然残るのかだが
06-28 10:45

https://t.co/3nWlMH0uyl 結城合戦絵巻でも大鎧的な草摺は依然残るが 騎乗戦を重視する一部の兵が用いていたのかだが
06-28 10:48

結城合戦絵巻の時代では 騎乗戦では胴丸の上に大鎧的な草摺の有る鎧を装備し 下馬戦闘では上のそうした鎧を外していた例等も有るのかだが
06-28 10:51

西国では指揮官や騎乗戦の多い一部の馬廻以外は そうした二重装甲は無い可能性も有るのかどうかだが
06-28 11:01

応仁乱で足軽が強弓を利用していると言う記述も有るし 手銃等も一部で有るなら 騎乗戦をするならそうした二重装甲も有用と言う事なのかだが
06-28 11:03

15世紀後期には手銃対策で金胴等が装備された例は 流石に無いのかどうかだが 最上胴が手銃対策で出て来た可能性は無いと言う事なのかだが
06-28 11:17

最上に手銃が伝来した際に 此れに対抗する為に最上胴が作られたと言う可能性は有るのかどうかだが
06-28 11:21

車盾に厚目の木を利用した盾を装備した物や 此れに更にひしぎ盾の様に竹を貼った物で 低威力の手銃は防がれていた可能性も有るのかだが
06-28 11:24

竹束が無い時代では そうした物で火縄銃も防いでいた可能性は有るのかだが
06-28 11:25

穴が3-4列有る伊予札等も有ると言うが 金胴に鉄板札では無くこうした物が利用されていた可能性は有るのかどうかだが
06-28 11:37

https://t.co/06A0Ex6jJL 穴が4列有る伊予札と言うのは左に有る様な物なのかだが 南北朝期の物は札は綿襖甲的に大型の物も有るのかだが
06-28 11:41

目無の伊予札が 包胴では入る例が再利用品では無い札なら多いのかだが https://t.co/0f4P2zTbW1
06-28 12:22

鉄錆地塗 六間筋兜 面皰 前立 その他画像の物全て 状態悪い 部品取り 要修理 ヤマト着払い発送 https://t.co/OQsHl2tu6B 錆地に赤い紋が入る胴も有るが 戦国期には有るのかだが
06-28 12:38

https://t.co/g83ikj0jOo https://t.co/iVuV18pza9 平家物語の巴には 天冠は無かったかも知れぬし 遮蔽物が無く近距離で弓を放つ騎射戦で兜が無いのは 可也危険と言う事なのかだが
06-28 14:42

https://t.co/EFQy0bTceA 源平盛衰記の巴の記述は 創作と言う事なのかどうかだが
06-28 14:46

遠距離射撃時は騎馬武者も兜を外し弓を引き切る例も 平家物語に有るだろうし 下の男衾三郎絵詞に有る様な袖の無い雑魚騎兵の場合は 兜の無い儘騎射戦を後方からでは有るが行う例も有るかも知れぬが https://t.co/kQw1vvJrrL
06-28 14:57

https://t.co/mwFScQs4NW 腕力が有れば首をねじ切る事は恐らく可能だろうが そうした事は何処迄行われたのかだが
06-28 15:14

首を捻って倒した後で 脇差等で首を取ると言う様な例が多いと言う事なのかだが
06-28 15:16

漫画・剣術抄だとイタリア的に後の先が優位とされるが  https://t.co/Zj6CYMEaG3  >し か け技 と応 じ技 の 間 に は,統 計 的 に(X2検 定)有 意 な差は認 め られ な か った。    剣道では異なるのかだが 現実の斬り合いでは先制攻撃は より出し難く成るのかどうかだが
06-28 17:11

現実の斬り合いでは恐怖感から 相手の攻撃圏内に容易には入れない故に先制攻撃の頻度は 減るのかどうかだが
06-28 17:12

https://t.co/3S93HAFOPg 左のロングソードの試合でも ポイントはカウンターが圧倒的に多いと言う訳では 無い様に見えるが
06-28 17:46

甲冑剣術では素肌剣術より恐怖感は減り 先制攻撃が増える可能性は有るのかだが とは言え甲冑で受けてカウンターと言う比率も増える可能性が有るから 先制攻撃が優位には成らぬ可能性も有るのかだが
06-28 18:05

https://t.co/jt6PupFKVU >関寺合戦ニハ、紫隔子ヲ織付タル直垂ニ、菊閉滋クシテ、萌黄糸威ノ腹巻ニ袖付テ(中略)七騎ガ先陣ニ進テ打ケルガ、何トカ思ケン、甲ヲ脱、長ニ余ル黒髪ヲ、後ヘサト打越テ、額ニ天冠ヲ当テ、白打出ノ笠ヲキテ、眉目モ形モ優也ケリ。
06-28 18:43

源平盛衰記のこうした巴の記述は 成立と同時期の 南北朝期の女武者の物の可能性も有るのかだが 戦国期にも天冠や笠を被った女武者は居たのかだが
06-28 18:44

南北朝期の打物利用の騎乗戦なら 兜が無く共致命的に危険とは成らぬと言う事だろうが 太平記には少数騎射をする者も居ると言う事だっただろうか
06-28 18:50

源平盛衰記の巴も兜を携行はしているし 騎射をする者が含まれる相手と戦う場合や 弓歩兵に突撃する際は兜を装備していたと言う事なのかだが
06-28 18:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10840-20f2050a