FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

大阪・飯盛城跡に450年以上前の石垣 先駆けとされる信長より3年早く https://t.co/7b6qATRWsE 此れは権力を誇示する為の物で 防御力や耐水性を狙った物では無いと言う事なのかだが
06-27 08:40

https://t.co/p02hIudgpg 小太刀では刀の斬撃を回避するしか無いと言う意見も有るが 片手剣と両手剣のスパーリングでは片手剣が両手剣を受けられない例は少ないが 強力な斬撃のみは回避するかハーフソードで受ける必要が有ると言う事だろうか
06-27 09:58

完全板金鎧ならそうした強力な斬撃さえ鎧で受け流せる例も多いだろうが 打撃で体制が崩れる例も有ると言う事だろうか
06-27 10:11

https://t.co/84v1xmpYMJ 剣道の二刀の片手持ち剣が 1刀のパワーで崩される例は 左等を見る限りそう無いと言う事なのかだが
06-27 10:18

一方で薬丸自顕流的な斬撃は 両手持ちでさえ受けられぬ例も多いと言う事なのかだが
06-27 10:20

ドイツに有る下方からの強力な斬撃で腕を跳ね上げて 鎧の脇の隙間を突く様な例は有るのかどうかだが
06-27 10:25

https://t.co/AGdtbGDUTZ 左のサーベル対ロングソードのスパーリングでも サーベルがロングソードの強打で崩されている場面は無い様に見えるが
06-27 11:01

Check out (IW-57) SODE, KOTE, SUNEATE of YOROI Edo https://t.co/5VNu6N03LM こう言う鎖の少ない籠手は 戦国期に有るのかだが 肘関節前部に鎖の無い籠手は 戦国期にも有るだろうか
06-27 11:13

https://t.co/GUITi0gDXo 龍造寺軍も左に似た伏せ撃ち的な姿勢で 10匁等の大型銃を放っていた可能性も有るだろうが 火薬を入れる際以外は 出来る限り低くしていた可能性も有るのかだが
06-27 11:25

雑魚足軽は姿勢が高く成った瞬間に狙撃される事を嫌って 弓を放たない或いは火薬を余り入れないと言う例も多いのかだが 士鉄砲・士弓組や騎馬武者も敵の射撃が多ければ 同様の事にも成り得たのかだが
06-27 11:30

雑魚足軽が1町(109m)から 伏せている敵に当てられるかは疑問は有るだろうが 50m或いは27m程度でしか 銃は放っていないのかだが 弓兵の射撃は遠距離では牽制用なら 弓足軽が1町或いは此れ以上の距離で弓を放っていた例は有るのかだが
06-27 11:51

雑兵物語だと鉄砲足軽は1町毎に射撃位置を指定と有るが 1町以上の距離では一部の高精度の射撃が出来る足軽に 銃を渡して連発していた可能性も有るのかだが
06-27 11:53

雑兵物語だと足軽の弓は 鉄砲足軽の装填中のみに牽制射撃すると言う事なのかだが とは言え銃の一斉射撃は無いから 手近の足軽の銃の装填時と言う事なのかだが 近距離では足軽でも狙い撃ちをすると有るから 此れは装填中以外も連発されていた可能性は有るのかだが https://t.co/FAnVPp0ys4
06-27 12:05

遠距離では上手い一部の足軽に 銃を渡して射撃している可能性も有るなら この射撃間隔は5秒程度は有るかも知れぬし この間に弓を牽制射撃していた可能性も有るのかだが
06-27 12:07

109m程度からなら 騎馬武者は弓で狙撃をしている可能性も有るだろうが 此れ以上の距離では牽制射撃と成った可能性も有るのかだが 士弓組や一部の弓足軽の上手い者は 109m程度での狙撃も有り得たのかだが
06-27 12:10

https://t.co/1nrRmndwBT >ナポレオン時代に使用されたマスケット銃だと、100メートル先から撃つと命中精度は30分の1、50メートルまで接近すれば3分の1だったという。   火縄銃では有るが浅野幸長や種子島久時等なら 109mで伏せた敵にも半数以上は命中した可能性も有るのかだが
06-27 12:27

指揮官である浅野幸長なら野戦でも 沖田畷の有馬晴信の様に鉄盾を利用しながら狙撃をしていた可能性も有るのかだが 鎧の防御力は銃弾を弾いていた有馬晴信の物並みに有るのかだが
06-27 12:29

https://t.co/70acxD6qxY ポーランドの25kg等の分厚い鱗鎧も 耐弾性は板金よりは無いと有るが 同程度の防弾性は有るのかだが 腹にスペースが有る物も多いが衝撃は何処迄止まったのかだが
06-27 14:14

https://t.co/xYjSd6DtAg こうした構造では胸上部にマスケット銃が当たった場合 骨折は免れないと言う事なのかだが
06-27 14:16

https://t.co/S0CJ40TXm3 こう言う物だと 胴以外の耐弾性は有るのかどうかだが
06-27 14:21

日本の場合厚い伊予札での防弾等は考えたのかだが 薄い伊予札を二重とする例等は有ったのかどうかだが
06-27 14:29

https://t.co/3vPzIq02Cq 戦国期の陣羽織の肩の紋と言うのは肩衣と異なり こうした大型の物が基本と言う事なのかどうかだが
06-27 15:11

裃の紋は陣羽織や戦場用胴服と異なり 戦場での遠距離からの識別は考慮していないから 小型でも良いと言う事なのかだが
06-27 15:17

https://t.co/HKKKGTTD6o 津軽屏風の左の羽織の肩の紋も 戦場での識別を考慮した大型の物と言う事なのかだが
06-27 15:20

https://t.co/gsDLHMnIh9 ボディーへの肘打ちも有るが 鎖鎧や小札鎧相手でも KO等は有り得るのかだが
06-27 20:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10839-043efb8b