FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

尖った柄頭の場合 https://t.co/dvZrmlCdeM 左の西欧剣の柄頭を押す様な握りは困難と成るだろうが 日本では利用される物なのかだが 西欧剣にも尖った柄頭が装備される例は有るだろうか
06-26 10:15

ハーフソードのパワーで敵の剣を弾いて 甲冑の隙間に素早く片手突きと言う様な技は西欧でも見ないが 完全鎧装備の場合は相手がハーフソードの事も多い故も有るのかだが
06-26 10:34

ハーフソードのパワーで敵の剣を弾き 片手突きと同時に余った手で敵の剣や腕を抑えてカウンターを封じると言う様な例は 有るのかどうかだが
06-26 10:38

漫画・剣術抄では 受けた後カウンターで腕を斬ると言う例が多いが 自分から仕掛ける場合は剣のパワーの有る根本部分で相手のパワーの無い剣先を弾き 即座に腕を狙うと言う例も有るのかだが
06-26 11:19

甲冑装備でもそうした形で剣を弾いてから 裏籠手に高速の片手突きを命中させ 動作を鈍らせた後で勝負と言う様な例も 有るのかどうかだが 板金鎧の掌や肘の隙間を突くのは 何処迄出来るのかだが 非ミトン籠手なら指も突けなくは無いだろうか
06-26 11:31

下方から非ミトン籠手の指を裏刃で斬撃と言う様な例は 果たして有るのかだが 刀の峰で下方から指を打つ様な例は有るのかだが
06-26 12:38

https://t.co/quOzOWUczo 沖田畷では遠距離での銃撃戦では 有馬軍は伏せていたから余り損害は無いのかだが 後で槍勝負の最中に近距離から銃撃を受け 敗走をしていたと言う事なのかだが https://t.co/L7AfepUg8w
06-26 13:02

伏せている敵にも精度の高い騎馬武者や士鉄砲なら 1町等の遠距離から命中していた例も多いのかだが 龍造寺の10匁以上の筒等では精度はそれ程でも無いのかだが
06-26 13:05

沖田畷の有馬軍も 恐らく一方的に銃撃を受けていた訳では無いだろうが 騎馬武者や士鉄砲の小型の精度の高い銃で龍造寺軍の銃兵が伏せてさえ遠距離からやられていた例も有るのかも知れぬが 後の近距離の銃撃戦では物量差でやられていたと言う事なのかだが
06-26 13:12

銃兵も騎馬武者なら厚い兜や二重胸甲は 稲富祐直の様に有る例も有るのかだが 白兵戦をしないなら多少装甲が重く共 行軍時は極力乗馬すれば問題は無かった可能性は有るのかだが
06-26 13:16

https://t.co/quOzOWUczo 指揮官は沖田畷の有馬晴信の様に 防弾性の高い鎧だけでは無く 野戦でも鉄盾で保護される例も有ったのかどうかだが
06-26 13:20

騎馬武者の弓や士弓組なら 1町から伏せた兵を狙撃していたのかだが 雑魚兵の弾幕射撃がまぐれ当たりした例も多いのかだが
06-26 13:57

1町では強弓でさえ騎馬武者の装甲は余り貫通しないと言う事かも知れぬが 装甲の無い足軽は通常の弓でさえ可也やられていたのかだが
06-26 14:00

槍勝負中等の27m等の近距離での射撃戦では 伏せても銃や弓は命中し 騎馬武者の装甲が貫通する例も多かったと言う事なのかだが
06-26 14:31

https://t.co/uCuMWmjRI0 こうした肘打ちも メイヤー教本には有るが 板金鎧の肘打ちなら フルヘルメット装備でも一時は戦闘不能と成る危険は有るのかだが
06-26 16:28

サレットの固定式の頬当てなら耐えるだろうが 頭上部に命中しても一時戦闘不能と成る危険は 格闘技ではそうした場所の肘打ちでKOされている場面も有るなら 有ると言う事なのかだが
06-26 16:31

教本に肘打ちは余り無いと有るが 肘にスパイクが装備された板金鎧を装備する者なら 肘打ちは多かったのかだが 装甲の隙間を狙って放つ例が多かったのかだが https://t.co/ZwXmxxgtZM
06-26 17:33

https://t.co/YlNL6HpLJI ゴシック鎧に有るロングソード的に尖った肘のスパイクは https://t.co/RgI7UToLHx イタリア鎧では見ないが ゴシック鎧より隙間が無い故なのかだが
06-26 17:39

近距離で士弓組や騎馬武者の強弓の命中率が増し 銃兵が短時間で殲滅されると言う様な例は有るのかどうかだが 足軽の低威力の弓でも装甲の無い足軽には脅威と言う事だろうか
06-26 17:57

下の様な事をしたら 親指が食いちぎられる危険は無いのかだが 両手が空いているなら上の様に 即座に首を回転させるのが良いのかだが https://t.co/PmgoZtyS1W
06-26 18:05

そうした危険が無く共 口等攻撃している間に相手の空いた手足で反撃を受ける危険も有るだろうから 頭を即座に捻る方が良いと言う事なのかだが
06-26 18:07

現実には敵に弓兵も居るだろうから 弓兵が彼等に牽制され 銃兵が簡単に殲滅等は物量差でも無い限り 無いと言う事なのかだが
06-26 18:26

日置流も射撃する際は伏せていないだろうが この瞬間を近距離では狙撃される例も多いと言う事なのかだが
06-26 19:37

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10838-69c1955a