FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

「低めに投げろ」は本当に有効か? ピッチングの定説をデータで検証(Baseball Geeks) - Yahoo!ニュース https://t.co/j3VgOrtqXd
06-25 12:45

「外角低めって本当に安全?」トラックマンデータで徹底分析 | Baseball Geeks https://t.co/k5grNEb8ii #BaseballGeeks
06-25 12:46

外角低目や低目が飛距離は無く共 低目だけに放れば絞り込まれて 単打を打たれる危険は有ると言う事なのかだが
06-25 12:53

https://t.co/cIUMl70SdE 尖った柄頭(当頭)で 刀を抜く前に此れで攻撃すると言うのは 宮本武蔵以前は無いと言う事なのかだが 尖っていない物でも攻撃はされていたと言う事だろうか
06-25 16:13

鞘の鐺も尖り気味と成っているのは 此れでの攻撃も考慮していると言う事なのかだが 忍者用刀の鞘で 同様の形状の物は有るのかだが
06-25 16:17

尖った鐺も突兵拵の長鐺と同様の物に見えるし 幕末以前はこうした物は無いと言う事なのかだが
06-25 16:20

https://t.co/qkyFDssgdT >幕末に西洋式の戦術や装備を導入した事に合わせて、兵士は刀を腰のバンドに落とし差しにするようになりましたが、その時に扱いやすいように短めの刀で鐺をとがらせた突兵拵えができました。  突兵拵もバンドに差し易くする為に 鐺が尖ると言う事なのかだが
06-25 17:03

馬上で敵の武器を蹴り上げる等と言うのも モンゴル的なブーツ・鐙では困難と言う事かも知れぬが https://t.co/SAeJ2n473g 西欧の場合はこうした敵の馬の後部に乗る様な技も有るから 鐙は割に容易に外れるのかだが
06-25 20:17

宝島社・兜と甲冑に有る下の毛利秀元の具足の胴は 首・腰を打たない為に上下端が分割されると有るが 此れは乗馬時に打つ危険が高いと言う事なのかだが 乗馬戦闘の多い関東にこうした甲冑は多いのかどうかだが https://t.co/kLYCrOtQ86
06-25 21:24

胸取腰取胴や 伊予札の具足では首や腰を打つ危険は低いと言う事なのかだが
06-25 21:25

https://t.co/LMSX93cyuB 長篠で乗馬突撃した小幡信貞の鎧の胴は 胸上部は兎も角腰部は分割されない構造だろうか
06-25 21:27

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10837-e118cf9f