FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

対騎兵用の歩兵用大刀は 5kg超の物は有るのかどうかだが
06-20 10:56

https://t.co/Isd7R2EQEH この種のサレットも 首を捻られてやられるのは避けられないと言う事なのかだが 頬当は固定式が多い様に見えるが
06-20 11:09

漫画・甲冑武闘に有る様な 板金鎧の篭手で剣を受ける技は教本では見ないが 素肌剣術を想定している例が多いからなのかだが
06-20 11:16

https://t.co/4ZoTuuX5aW この種の後部が余り保護されないドイツ式肩甲が 組討で後ろから突かれた例は有るのかだが この鎧の腰側面後部には板金が無いが 半身で戦う事が基本なら やられた例は多いのかだが
06-20 11:32

現実には篭手以外の板金でも受けて 即座にカウンターと言う例も多いのかだが
06-20 11:48

漫画・剣術抄では 屈んでスクトゥム的な敵の盾の影に隠れ足を斬っている場面が有るが バックラー的な盾相手では困難かも知れぬが スクトゥム以外でもバイキングや騎士の盾では出来るのかどうかだが 教本には無かったかも知れぬが
06-20 12:36

現実には盾を持ちながらやらないと シールドアタックを受け得る訳だろうか
06-20 12:45

https://t.co/qE2dVjlguz 左を見る限り篭手を強打されれば体制が崩されて やられる危険も有るのかどうかだが 篭手を打撃して防御を崩し 突きを入れる様な例も多いのかだが
06-20 13:27

薄い剣が撓って 太い鎬造りの刀を受けられずやられる様な描写も有るだろうが 14-15世紀の菱形断面の西欧剣は 簡単に撓るのかどうかだが
06-20 19:09

剣術抄では徒の戦闘で手抜緒を 疲労軽減の為に利用しているが 組討ちの無用な雑魚兵等を大量に倒す際には 有用と言う事なのかだが
06-20 21:24

https://t.co/1uaqaH7PYh 初期のこうした鎌槍は 薙鎌と同じ様な鎌に 槍が装備された様な物も有るのかだが 左の様に鍵が同時に装備される例は 戦国期には有るのかだが
06-20 21:35

剣術抄だとカウンターで腕を狙う技が異様に多いが 現実にはどうなのかだが 板金鎧の肘の隙間等を狙うのは 何処迄可能なのかだが
06-20 21:41

https://t.co/9MLmkhiWOz 剣術抄作者の動画も有るが 伝書に有る技は何処迄有るのかだが
06-20 22:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10832-e8d8a3bf