FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

大珍品 長尺棘突両刃鎌 全長130cm 蔓巻頑強樫柄 極太石突 槍/鎌/武具/棒術 https://t.co/SaXlckLmzh 藤では無く蔓で補強された長柄鎌等も有るのかだが 鎖鎌や槍でも蔓が巻かれる物が有るのかだが
06-11 10:15

武器を持てば 武器で指が自由に成らず 武器での攻撃・防御動作が多く成ると言う事が読まれるとは言える訳だろうが 武器を捨てて指を自由としたり 武器を持ちながら組討を可也多くすると言う様な例は有ると言う事だろうか
06-11 10:19

希少武具 明珎宗助銘(花押入) 明珍宗介 銅地 銀象嵌 軍配鍔 鍔 二重箱 明珍 刀装具 骨董品 美術品 7723bfa https://t.co/MFirDSpUNr 軍配形の鍔等も有るのかだが 戦国期の鍔は角型及び丸型しか無いのかどうかだが
06-11 10:27

https://t.co/o1skUTEhse >忍者が城壁を登ったりする時鎌に似た道具を使うために鎌=忍者のイメージもあるが、実際の忍者が鎌を振り回して戦うことはない。  農民の盗賊出身の非専業忍者なら 鎌を利用した例も有り得るのかどうかだが
06-11 13:11

https://t.co/A4YhxtD4uf ヴォルフスムントの 1315年のモルガルテンの戦い前後の時代では 鎧の板金は基本的に胴部だけと言う事なのかどうかだが
06-11 14:19

騎士がクロスボウでやられる場面も多いが 胴はコートオブプレートが入るなら この時代の張力が200kgも無い様な非鉄製クロスボウでは https://t.co/5RGPsUI344 左の様に胴部なら致命傷は無い可能性も高いのかだが
06-11 15:06

とは言え首や腿等の鎖部分を貫通すれば 致命傷に成る危険は有る訳だろうか ヴィルヘルムテル等はそうした部分を狙撃出来たのかだが
06-11 15:09

2刀から短剣を喉に投げるマイヤー等の技も有るが 西欧では実戦では此れは無いと言う事なのかだが 1刀から短刀を居合抜きで投げるなら有るのかどうかだが 甲冑の脇や脚内側等の隙間を狙って 短剣が投げられる例も有るのかだが 鎖は何処迄貫通するのかだが https://t.co/Luql4D93CD
06-11 15:37

此れは相手が板金篭手装備なら バックラーは落とせない可能性も有るのかだが 尖った柄頭で肘部の隙間を貫通する様な技は有るのかだが https://t.co/Pm1XkkFVkS
06-11 16:03

こうした小型の盾でさえ 頭を防護すると自身の視界が遮られるのかだが 野口一成の様に篭手を補強して剣を受ける場合は こうした事は起き難い訳だろうか https://t.co/XxEIT7evyM
06-11 16:55

板金鎧装備で盾を持つ場合は 頭部は視界が塞がるのを避ける為に兜で防護すると言う例も有るのかどうかだが 剣でも隙間が貫けないバイザーは有る訳だろうか
06-11 17:29

15世紀後期には盾は廃れているし 15世紀前期の鎧では首が鎖の例も有るから この部分は盾で保護する必要も有るのかだが 剣で貫けないバイザーはこの時点では確か有るだろうか
06-11 17:33

https://t.co/MQaJwluOHW 1409年のフィオーレの教本には バイザーが貫けない例も有ると書かれるなら この時点ではそうした物が全てでは無いとしても 一部有ったと言う事なのかだが
06-11 18:21

そうした剣の通らないバイザーに対しては 開けてから突け等と有るが 戦闘中に容易に開けられるのかどうかだが
06-11 18:25

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10823-211f8042