FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

太平記の鉤縄を利用しての笠置城潜入時に 長物が槍腰当的な物で帯に装備されていた可能性と言うのは有るのかどうかだが 盗賊も同様の方法で長物を携行した可能性は有るのかどうかだが 忍者はどうなのかだが
06-07 10:20

https://t.co/1jqAmYH68N 左の月岡芳年の千葉佐那の錦絵と言うのは 他の人物が書かれていたと言う事なのかだが とは言え撃剣興行には佐那を含む千葉家の女が3人参加していたのかだが 他団体でも可也女は居たのかだが
06-07 10:48

https://t.co/1p5QfqpfDe 絵の全体は左に有るのかだが >主催者の千葉東一郎は北辰一刀流千葉周作の庶子。  と有るから 佐那は描かれぬとしても 千葉家の剣術興行では有るのかだが
06-07 10:58

https://t.co/RAJkhqWv7P 左の剣術興行の絵でも 女らしき者の名前が何人か書かれるだろうか
06-07 11:06

初公開!特別貴重刀剣 薩摩新々刀代表名匠上々作【薩太士元平/安永六丁酉八月日】逆足交りの小互の目乱れ刃を見事に焼き上げた生ぶ茎名刀 https://t.co/VKFyO8Q41T 樋の間に梵字の彫り物の入る刀も有るが 室町期に同様の物は有るのかだが
06-07 12:38

甲冑の下に 素襖や肩衣が装備される例は有るのかどうかだが 下の様に肩の上がった物が 甲冑の下に装備される例は有るのかどうかだが https://t.co/WyKnczbS9O
06-07 14:04

https://t.co/mKYDUP4ZBI 左の16世紀後期の十二ヶ月風俗図の場面の中に男装している女は 居ないと言う事なのかだが 頭を剃っていない者の髪の長さも https://t.co/sDq32rL4qp 右の恐らく女の物程長くは無いだろうか
06-07 14:23

16世紀の月次風俗図に 肩の上がった様に見える肩衣が多数書かれるが こうした物は16世紀末には有ったのかだが https://t.co/k3wqYuo0uS
06-07 14:39

月次風俗図には 肩衣の半身だけ脱いでいる様な場面も有るが 袖の無い陣羽織をこうした形で装備していた例等は有るのかどうかだが https://t.co/lYj0xVviea
06-07 14:42

古い小札鎧の札から錆びない革札だけを取り出して 革包胴にしたと言う様な物では無く 新品の板札の革鎧が大量に有ったと言う事なのかだが https://t.co/Fe8FUcSle8
06-07 17:09

古い馬鎧の革札も利用されていた可能性は有るのかどうかだが 新品は下の島原で利用された様な短い物が多かった可能性も有るのかだが 此れは大阪陣辺りで作られていた物の可能性は有るのかだが https://t.co/DDUYkQOSYU
06-07 17:26

https://t.co/1CDb2T9CPS >八王子の千人同心隊は幕末まで晴れた日は多摩川に集まり長槍で川の水面を叩く練習をしてます。  とは有るが 横列を組んで対戦する訓練迄はしていたのかだが https://t.co/hRUzgavRUo
06-07 18:02

https://t.co/blDzTDw5mx >信長は2人に50人づつの足軽を預け、3日後に模擬戦で答えを出すことにした。 何某は3日間槍の訓練を突貫で足軽に叩き込んだのに対し、藤吉郎は宴会を開く、功績のあった者には褒美を与えると明言する、等士気の向上に努め、 模擬戦で勝利した、という話。
06-07 18:07

>秀吉の人心掌握力を象徴する話だが、太閤記作者の創作である可能性がある。 こうした模擬戦は 果たして行われたのかだが センゴクにも信長が秀吉等に大規模な模擬戦をさせている場面も有るが 果たしてどうなのかだが
06-07 18:08

@urakkun26 雑兵物語だと騎馬武者の恐らく2列が 槍足軽の前に居る様に見えるし 騎馬武者の後を付いて行くと言うなら 陣形はそう崩れない可能性も有るのかだが この前方には更に弓・鉄砲足軽も居ると言う事だろうか
06-07 18:26

@urakkun26 雑兵物語の下の記述を見る限り 槍足軽の前衛には2列の騎馬武者が居るのかだが 射撃戦時にはこの前に銃・弓兵も配置される訳だろうか https://t.co/gkDIz9UlJU
06-07 18:49

https://t.co/O3FzxCRO2T >肩衣と袴の組合せによる裃の起源は明らかではないが、江戸時代の故実書『青標紙』には、室町幕府将軍足利義満の頃、内野合戦で素襖の袖と裾を括って用いたことに始まるという伝承を記している。
06-07 19:02

素襖が内野合戦で甲冑の下に装備されていたと言うなら 戦国期の肩衣も鎧の下に装備されていた可能性も有るのかだが
06-07 19:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10819-f3fd43c0