FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

06/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

□元亀□面頬   (検)武具・甲冑・兜・鎧部品 https://t.co/84qxRpsidt 文字が頬に有る面頬も有るのかだが 顎等に文字が入る物も有るのかだが 梵字等が入る例も有るのかだが
06-04 12:29

https://t.co/2jcIX35n5e >メアリ・リードはカットラスの遣い手であったと伝えられている。  と有るが カットラス利用の剣術は海軍時代に覚えたと言う事なのかだが アン・ボニーは剣の訓練は無いと言う事なのかだが
06-04 16:28

メアリ・リードもカットラス利用では 別式女や中沢琴・千葉さなには 勝てるレベルには無いと言う事なのかだが 組討の技術は何処迄有るのかだが
06-04 16:48

https://t.co/qHnv1csQ4g >笄はもともと髪をまとめる道具ですが、これを髪の飾りに使ったのです。   佐々木累が笄型手裏剣を装備していた可能性は 果たして有るのかどうかだが 鬢に手裏剣を装備している例は後で有ると言う事だろうか
06-04 17:01

https://t.co/P1Kin8vqTQ カットラスと刀の 防具装備の試合或いはスパーリングを見ないが カットラスの裏刃攻撃でやられる危険は有るのかだが
06-04 17:08

https://t.co/uf2cZxBReh 鼠小僧の様に武家屋敷の奥向に迄潜入する盗賊と 別式女が戦闘をした例は有るのかどうかだが
06-04 17:35

https://t.co/uf2cZxBReh >彼が大名屋敷を専門に狙った理由については、敷地面積が非常に広く一旦中に入れば警備が手薄であったことや、男性が住んでいる表と女性が住んでいる奥がはっきりと区別されており金がある奥で発見されても女性ばかりで逃亡しやすいという理由が挙げられている。
06-04 17:38

>大名屋敷は謀反の疑いを幕府に抱かせるおそれがあるという理由で警備を厳重に出来なかったものと考えられ、   別式女も人を防護する為の物であり 金の有る場所には配置されていなかった可能性も有るのかだが
06-04 17:40

https://t.co/9ioXUNj4V1 >奇抜な髪型をして髑髏の模様の服を着用し、刀の柄を棕梠で巻いたもので揃えた仲間達と街を闊歩した、とされている。のちに正室となる萬の方はその姿に惚れ込んでしまい、ゆえに婚儀がまとまった、とする巷説もある。
06-04 19:11

水野勝成の三男・水野成貞は髑髏の入る服を17世紀前期に着ていたのかだが 水野勝成も傾奇者だろうが 同様の服は着ていたのかどうかだが
06-04 19:12

https://t.co/zif5eIMR74 佐々木累は水野勝成の孫・水野成之の大小神祇組共戦っていただろうが 威嚇のみで剣を抜く事は無かった可能性も有るのかだが
06-04 20:36

https://t.co/8jVaRpDaYa >『婦女勇義伝』という書物には、別式女のいる大名は17、8家あったと記す[5]。その記述によれば、仙台藩に10人、尾州に6人、水戸や長州が3人、姫路、肥後、薩摩、加州が4人。紀州にもみられたとする[6]。
06-04 21:39

別式女もこうした人数では 1名で行動する鼠小僧は兎も角 大盗賊団には対処出来ないと言う事なのかだが
06-04 21:40

>活動としては、竹刀打ちはもちろん、鎌術・薙刀・馬術などの稽古も行った[4]。  別式女の鎌術と言うのは 鎖鎌術の可能性も有るのかだが 女が鎖鎌を利用している浮世絵は割に多いだろうか
06-04 21:46

https://t.co/sNQFN2nSSQ 左の楊洲周延の絵には別式女が書かれるのかだが 馬に乗る者も居るが 薙刀だけでは無く刀も実際は装備されていると言う事なのかだが
06-04 21:53

https://t.co/LyCZfpwunH 左は別式女の稽古では 無いと言う事なのかどうかだが
06-04 22:04

https://t.co/kGmKl0VLjP 佐々木類の髪型は 左の菱川師宣の1650年台の絵の物と同様と言う事なのかだが
06-04 22:36

https://t.co/BRGPtTDjBb 菱川師宣の絵に 腰に金砕棒を装備する騎馬武者が書かれるが 槍がこうした形で装備された例も戦国期に有るのかだが 南北朝期には有るのかどうかだが
06-04 22:46

https://t.co/OD2xN7GT3O 左の槍腰当と同様の物で 金砕棒を装備しているのかだが 背面の薙刀や鎌・鋸も同様の物で装備されているのかだが
06-04 22:48

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10816-50ad69eb