FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/27のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ApOUnRtV3K  >ガマの分泌液には血管を収縮させる塩酸エピレナレンが含まれており、傷口の血管を収縮させ、止血させることが分かっています。  忍者のガマの油も幻覚剤より こちらの利用が基本なのかだが
05-27 10:36

https://t.co/46gnpSle7T >ガマの油の由来は大坂の陣に徳川方として従軍した筑波山・中禅寺の住職であった光誉上人の陣中薬の効果が評判になったというものである[2][3]。  幻覚剤としても 大阪陣前の利用は無い可能性も有るのかだが
05-27 10:37

ガマの油より大麻やチョウセンアサガオの方が 大量に製造出来るかも知れぬし こちらが散布される幻覚剤としては 主流だった可能性も有るのかだが
05-27 10:43

https://t.co/6Bc1wrdASm >人間にブホテニンを十六ミリグラム以上静脈内に注射すると、LSD・25およびメスカリンによって起る現象を思わせるような、全身性の疼痛(とうつう)、顔色の変化(鉛紫色)、胸の圧迫感の訴え、眼球振盪(しんとう)、瞳孔散大および、知覚力の一時的な変化などが起り
05-27 10:48

>赤や青のスポットが目の前に現れたり、消えたりする幻覚が発生するのである。  等と有るが 此処迄の効果を広範囲にガマの油の煙で 出せるのかどうかだが
05-27 10:49

https://t.co/Uxr4RTEvNX >最近は分泌された毒物を熱して毒を分解し、幻覚剤を抽出乾燥させて喫煙する「ヒキガエル喫煙」が流行っているという。  忍者がこうした分解を 行っていたのかどうかだが
05-27 10:50

https://t.co/HLp1GH8zup 人相書の日本左衛門には薄鉄の面頬が有り 忍甲冑とされる物にも面頬が有る物も有るが 忍者用の物は口部分は咳の音を抑える或いは潜水用の竹筒を利用する為に 此れを利用出来る程度には空いていると言う事なのかだが
05-27 12:37

【宗】所蔵 本歌 後ろ立て 指物 菖蒲 後立 馬印 金箔押し 旗指物 扇先 陣羽織 武将 采配 軍配 鉄扇 兜 甲冑 和鞍 相馬 https://t.co/N7SQxlA0yF ネジアヤメ(馬藺)の指物も 大概は放射状に多数葉が付くが 2枚しか葉が付いていない例も有る訳だろうか 捻れていない葉が2枚付く例も有るのかだが
05-27 13:09

戦国期に日本人が1000人或いは万単位で居たかも知れぬ インドのゴアに 日本人傭兵と共に忍者迄居た可能性は有るのかだが ポルトガル人は忍者の有用性は 17世紀初期の日葡辞書に忍びと言う語が有るなら認識していた可能性も有るだろうが ゴアを防衛する傭兵には居たのかだが
05-27 13:53

https://t.co/I1VkliAyRx そうした忍者や傭兵が印で チャクラムを入手利用していた可能性は有るのかどうかだが 他の武器はどうなのかだが
05-27 14:06

印や東南アジアで 忍者の影響を受けたアサシン的な者と言うのは作られては居ないと言う事なのかだが
05-27 14:09

鉄の兜鉢が有る忍甲冑も有るが 日本左衛門の様に革製の兜を装備している例も有るのかだが 紙製兜や変わり兜的な物も有り得るのかだが
05-27 14:50

面頬も軽量な革製・紙製が多用された可能性は有るのかだが
05-27 14:51

https://t.co/eiCm1H4YKQ 左の面頬は180gだが 皮・紙の複合品なのかだが
05-27 14:53

忍者も余り肌が出ていると 夜間の隠密性が低下するから 夜は最大限服が有ると言う事なのかだが
05-27 15:05

忍者配下の盗賊は其処迄の隠密性は考慮していないかも知れぬし 浮世絵等の様に肌の上に直接籠手や半籠手が装備される例も有るのかだが
05-27 15:10

https://t.co/kzo6pcv2iY 15世紀の聖徳太子絵伝には 肌の上に籠手を装備している例も有るが 戦国期の指貫籠手等を足軽や盗賊等が肌の上に装備していた例は有るのかだが
05-27 15:29

https://t.co/sPDvkvWdkS シク教徒はゴアの有る印南部には 17世紀には居ないと言う事なのかだが
05-27 18:36

https://t.co/A27QgsjMZo 左の平良門の様に ガマの模造皮を被る様な忍者は居たのかだが ガマの頭部等を模した変わり兜なら有るのかだが
05-27 22:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10808-d7ca5f97