FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

剣道の場合は撃ち合いやカウンターでは無く 先制攻撃での1本と言うのも可也有るだろうが 比率はどうなのかだが 実戦でもタイミングを外した先制攻撃が決まる例と言うのは 多いのかどうかだが 先制攻撃でもフェイント入りの物が決まる比率はどの程度なのかだが
05-24 11:10

https://t.co/Zj6CYMEaG3 >対 象 試 合 に お け る総 有 効 打 突 数 は47本,そ の 内 しか け技35本(74.5%),応 じ技12本(25.5%)で あ った。 しか け技 で 最 も有 効 打 突 数 が 多 い の は,とび込 み技 で10本(2L3%),次 い で 出 鼻 技9本(19.1%),か っぎ 技5本(10.6%),
05-24 11:20

>最 も少 ない の は片 手 技 の1本(2.1%)で あ った 。   応じ技だけでは無く 出鼻技もカウンター的な物と言う事かも知れぬが 撃ち合いからのカウンターと言うのも多いのかだが かつぎ技は基本的に 撃ち合いからでは無い先制攻撃だろうか
05-24 11:29

撃ち合いからの飛び込み技と言うのも 割に有るのかどうかだが
05-24 11:30

> しか け技,応 じ技 を通 じて最 も成 功 率 が高 い の は,か っ ぎ技 で 昼/12本(41.7%)次 いで 出鼻 技9/3g本(23.1%),払 い技2/18本(11.1%),抜 き技8/7S本qO.7%),最も少 な いの は引 き技2/81本(2.5%),連 続 技4/160本(2.5%)で あ った 。
05-24 11:40

かつぎ技の成功率が異様に高いが https://t.co/xxs7On4dXE 防御面に問題が有るので余り使われないのかだが ディフェンス・回避技術が高い者が利用すればどうなのかだが
05-24 11:41

甲冑の防御力を生かせばかつぎ技は 使い易いのかどうかだが ドイツ剣術だとそうした構えが多いが 甲冑装備の構えとは限らぬ訳だろうか
05-24 11:45

二刀の片方を防御に使い 片方をかつぎ技で攻撃すれば 厄介と言う事は無いのかどうかだが
05-24 11:50

薙刀でもかつぎ技の命中率は高いのかだが 槍ではかつぎでの打撃等は有るのかだが 盾とかつぎを組み合わされれば厄介かも知れぬが 籐牌+腰刀は大太刀には対抗出来なかったと言う事なのかだが
05-24 11:56

かつぎからの出鼻技や 飛び込み的な技と言うのも有るのかだが 命中率は向上しているのかどうかだが
05-24 11:58

https://t.co/z8oiqDuBht >そして、頭に置いておくべきなのが、あくまで「担ぎ」というのは「小手のフェイント」であるということ。なので、担ぎの軌道は小手打ちの軌道に似せるべきだ。
05-24 12:29

>しかし、読まれた場合や相手が万全の体制のときに繰り出すとカウンターをもらうこと請け合いである。一試合に一度、多くても二度ぐらいに留めておいたほうが良いと思う。  担ぎ技と言うのも 矢張り防御面に問題が有るのかだが
05-24 12:30

https://t.co/xGaOJdbxDt >担ぎ面をする時に一番注意するところは自分が相手よりも体制が有利ということです それは自分が相手よりも攻め勝っているということです 自分が攻めて相手が下がっているときが代表的な打ち場面です
05-24 12:43

担ぎ技も相手が戦意喪失気味の状況で出さないと カウンターを受けると言う事かも知れぬが 担ぐと見せて此れに対する攻撃を出させた後 カウンターと言う様な例も有るのかだが
05-24 12:44

https://t.co/xxs7On4dXE >かつぎ面・かつぎ小手と同様に、胴に隙ができた場合に胴打ちを行うのが「かつぎ胴」です。実際に使われるかつぎ技の決まり手としてはこのかつぎ胴が多いともされ、竹刀をかついで、相手が面をかばって竹刀を頭上にあげた瞬間が大きなチャンスとなります。
05-24 12:54

こうした担ぎ胴も甲冑剣術だと 腕を上げさせた後脇を突く攻撃と成るのかどうかだが
05-24 12:59

ハーフソードからの片手突きや 剣身を片手で持って鍔で掛ける攻撃と言うのはありそうだが見ないが 実際は行われていたのかどうかだが フリーと成った片手では 組討を行う例も有るのかだが
05-24 13:16

https://t.co/DcDE2WUDC5 >かつぎ技は基本的に「中学まで」有効な技、と言えるでしょう。何故か?最大の理由、それは「一本の判断基準が高校から厳しくなる」からです!かつぎ技はこの「技」の点で審判からは”一本に届かない技”と判断されるのです!
05-24 13:52

実戦ではそうした判定基準等無いだろうから 甲冑の防御力も有りかつぎ技は可也出されているのかどうかだが
05-24 13:52

https://t.co/kGGrevX7Wn >■不意をつく打ち合いから離れた際、間合いを詰めたすぐのタイミングなどの「あっ」と相手の気持ちの準備ができておらず、「意表をつける時」に効果的かと思います。  打ち合いから引いた直後や間合いを詰めた直後の 担ぎからの攻撃も有効と言う事なのかだが
05-24 13:58

>次 いで 出鼻 技9/3g本(23.1%),払 い技2/18本(11.1%),抜 き技8/7S本qO.7%),  出鼻技は担ぎ技よりカウンターは受け難いなら 此れを多数放つ方が無難と言う事なのかだが
05-24 14:47

甲冑剣術では出鼻技では 脇の隙間は兎も角 間合いの遠い脚内側の隙間迄は突けるのかどうかだが 先制攻撃をしたければ 次に確率の高い払い技を利用するべきと言う事なのかだが
05-24 14:57

>最も少 な いの は引 き技2/81本(2.5%),連 続 技4/160本(2.5%)で あ った 。  引き技は命中率は低いが カウンターは受け難いのかどうかだが カウンター対策で引いての片手突きと言うのも西欧には多いだろうか
05-24 15:01

>抜 き技8/7S本qO.7%),  只カウンタ-をするより 抜き的な回避が入るカウンターの方が 実戦では反撃でやられる率は少ないと言う事なのかだが
05-24 15:11

>有効 打突 に結 びっいた攻 め方の割合 で最 も多 いのは,「 竹刀をか つ ぐ」5/31回(16.1%)次 いで 「相 手の竹刀 のっば元 を叩 き牽制 す る」3/41回(7.3%),「 剣 先を相手の喉の高 さにつけ間をっ める」5/76回(6.6%),
05-24 15:19

> 「竹刀をかっ ぐ」攻 め方 は,「 相 手の竹刀 のっば元を叩き牽制 する」 「剣先 を相手 の喉 の高 さにっ け間をっめる」 との間に統 計的(X2検 定)に 有意 な差 は認 め られ ないが,他 の攻 め方 との間には1%水 準で有意 な差が認 め られ た。
05-24 15:21

>一 方,他 の攻め方同士との間には統計的な差は認 め られなか った。  有効打に至る迄の攻め方と言うのは 竹刀を担ぐ以外特に多い物は無いと言う事なのかだが
05-24 15:24

https://t.co/Zj6CYMEaG3 タイ捨流に有る様な体当たりからの攻撃も 7%程度は命中していると言う事なのかだが
05-24 15:33

ドイツ的な払う攻撃だと 払ってから抜き気味に逃げつつ突くと言う様な物が多いのかだが
05-24 16:39

https://t.co/qAf5XYlfBI 左のタイ捨流の動画では 左手を放した柄で受けている様に見えるが 柄の長い大太刀ではこうした事は多いのかだが 紐も一撃で切断は無いと言う事なのかだが 二刀流の長刀でも有るのかだが
05-24 19:18

https://t.co/6aXg2c8VkI タイ捨流の体当たりの場合は 剣道の様に体当たり後の即座の攻撃と言うのは無いと言う事なのかだが
05-24 19:44

https://t.co/eklNQ3A654 剣道の場合は体当たり直後に引いて 面を撃つ様な例も多いのかだが 体当たり直後に攻撃が無い例も多いだろうか
05-24 19:46

そうした攻撃に対しては 出鼻で抜き気味に回避しながら カウンターを掛けると言う方向なのかだが
05-24 21:43

集団戦では抜き気味に回避するスペースが余り無い事を考えると カウンター封じに相手の腕を掴む等と言う事が 多用されるのかどうかだが
05-24 21:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10805-174cb8fe