FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

【宗】時代所蔵 珍品 重ね極厚 菊池千本槍 鎧通し 菊池槍 在銘 國重 槍 薙刀 拵え 鍔 刀 脇指 太刀 白鞘 古刀 江戸 九州 https://t.co/GUIMkVJWIX 薙刀的な構造だが 厚いのは突きを考慮しての物なのかだが
05-14 12:26

二度と出ない大珍品です!! (島田)助宗作 変形十文字(木葉型)槍 14.8cm 完全なウブ品です! 【検:刀剣/薙刀】k224 https://t.co/Z5BNWlwLOP こうした枝は 掛ける事と受ける事を同時に考慮している物なのかだが 数は無いと言う事なのかだが
05-14 12:32

https://t.co/fnp45N2TSj 此れは島田助宗の物とすると 天正記迄の十文字槍なのかだが 15世紀後期の物では無いと言う事なのかだが
05-14 12:38

無二の名槍 長尺直槍 前田家御抱工【兼若】四桁大名登録 梵字蓮台護摩箸彫刻 互の目乱れ刃 樋入 生ぶ茎 https://t.co/hOPB0VCCe0 此れは正三角槍なら 刃紋の幅が広く共強度は問題は無い可能性も有るのかだが
05-14 13:44

https://t.co/5Gbadi3IwP 絵本拾遺信長記には 海戦用の熊手の柄が切断される場面が有るが 蒙古襲来絵詞等に有る鎌倉期の熊手には 柄が切断された場合でも先端は敵に掛かった儘と出来る鎖が有るだろうが 鎖は十二類合戦絵巻の熊手には無いから この時点では廃れていたのかだが
05-14 17:33

https://t.co/7Fr1XtxiTk 絵本拾遺信長記には銃眼装備の垣盾も有るが 現実の戦国期には有ったのかだが
05-14 17:39

https://t.co/kIEveeW1Eu 絵本拾遺信長記の荒法師・小密茶はイスラム兵の様に 馬上で長物二刀流をしているが 他者も含め現実には有ったのかだが 黒田屏風の歩兵の様な 刀と長物の二刀流なら馬上でも有り得たのかどうかだが
05-14 17:48

https://t.co/FWrrcY27Aj 現実の奥小密茶は弓・銃の名手であり 1619年迄生存していると言う事なのかだが 記録に残る物では最古の三段撃ちを 紀州征伐の際にしていたのかだが
05-14 18:02

@blqueen3 https://t.co/d16oaRVyjW 此れは左のブログと言う事だろうが 金砕棒と薙刀の二刀流をしていたと言う記述は 無いと言う事なのかだが
05-14 18:47

https://t.co/LKYJN5veBS 左の絵本拾遺信長記の織田信治はベルセルクのロクスの様に 同時に3名を槍で貫いているが 槍の名手と言う訳でも無いのかだが
05-14 18:49

https://t.co/xJ4ONC0yQX 絵本拾遺信長記のこうした斧は 戦国期には太平記の様に戦場利用されたのかだが 大太刀・ハルバード的な斬り込み用として 鉞或いは槍斧的な物が使われた可能性は有るのかだが
05-14 19:06

https://t.co/NNiyn9cd2v 右の竹束の後方に 垣盾が妙に有るのは 城壁の上からの攻撃に対処する為なのかだが 大阪冬の陣図でこうした描写は無いが
05-14 19:20

https://t.co/eQQAkJVsl3 1576年の天王寺の戦いでは 車を利用した火牛の計等が使われたのかどうかだが
05-14 19:57

https://t.co/LoralfUJTM 倶利伽羅峠の戦いでは 義仲軍が角に松明を付けた牛を突撃させているが これでは牛は前進しないと言う意見も有るが 松明の火が牛の目の後ろに有れば 前進する可能性も有るのかだが
05-14 21:02

https://t.co/ZLf7mXXsrK ハンニバルもアゲル・フレルヌスの戦いで 角に薪を付けた牛を突撃させているし これも火は目の後ろに有る可能性も有るのかだが
05-14 21:06

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10795-92359515