FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

大珍品☆鉄製 鎖鎌 暗器 武具 忍者道具 捕り物道具 https://t.co/lLSaJMtwQ5 此れは https://t.co/ZhrDOsaogK 左同様の鎖の輪を持って使う 根飛なのかどうかだが
05-11 10:03

武具・兜割り(柄サイズ:直径30mm×長さ1000mm・鎖サイズ:長さ1000mm・おもりサイズ:直径30mm×高さ40mm/190535★ https://t.co/Ad7VmzzdYU この契木は柄全体に鋲が有るのかだが 鋲を回避して持てる様には成っているのかだが こうした金砕棒も有るのかだが
05-11 11:24

忍者がそうした幻覚を生じさせる煙を吸い込まぬ為に https://t.co/MWUNKEy8SL 左の息袋の様な物迄利用している可能性は有るのかだが
05-11 13:17

https://t.co/oN7BhKoROJ 濡れた布は白煙を除去する効果は乾いた物と大差無く 最大でも8割程度の遮断なのかだが 大麻やチョウセンアサガオの煙は 白煙的な物なのかだが 訓練等で幻覚耐性が強く成っている者なら 此れでも短時間は保つ可能性は有るのかだが
05-11 13:23

https://t.co/7wCMSzL4Go 江戸期の盗賊・日本左衛門の手下には 山伏が居たのかだが 盗賊の情報収集に偽物の山伏或いは本物が利用された例は有るのかだが
05-11 13:54

https://t.co/itDJ0l5LUN 手下の山伏の鉄棒は90cmと言う事の様だが 重い鉄棒を使わされて やられていたと言う事だろうか
05-11 14:01

https://t.co/2sNUvyoycK >黒皮の兜頭巾に薄金の面頬、黒羅紗、金筋入りの半纏(はんてん)に黒縮緬の小袖を着、黒繻子(しゅす)の小手、脛(すね)当てをつけ、銀造りの太刀を佩き、手には神棒という六尺余りの棒を持ち、腰に早縄をさげた出立ち…といいますから、相当派手な強盗の親分です。
05-11 14:13

日本左衛門も18世紀の盗賊だろうが 面頬や篭手・脛当迄装備していると言う事なのかだが 小袖の下には見えない形で鎖が有るのかだが 自らは襲撃には加わらないと言うから 逮捕に来る同心の迎撃や暗殺防止の為に装甲が有ると言う事なのかだが
05-11 14:17

日本左衛門の服も黒主体かも知れぬが 襲撃用では無いとすると隠密性は余り考慮されていない可能性も有るのかだが 浮世絵の盗賊の半纏の様に黒地に金で紋が入るのかだが
05-11 14:24

薄金の面頬と言うのは 顔を隠す為の半面頬や総面なのかだが
05-11 16:30

https://t.co/Jjtil0hKmU 兜頭巾と言うのは火消し用の頭巾と同一なのかだが 日本左衛門の物は革製と言う事なのかだが
05-11 16:34

戦国期の盗賊だと兜頭巾は 鉄製の兜や鎖頭巾等に成っている可能性も有るのかどうかだが
05-11 17:13

https://t.co/h0K73ot7MY >また隆盛を極めた朝日修験が衰亡したのは、山伏が山賊化したため時の執権、北条時頼により千年封じの弾圧を受けたとされているが、   とは言え他の山伏集団が山賊化した例は それなりに有ると言う事なのかだが
05-11 20:15

漫画忍びの国では 忍者無門が服の下に鎖袴を装備しているが 佩楯的な物なら帯を外さずに 袴の横の穴から出す事も出来ると言う事なのかだが https://t.co/tNVcDT0QNx
05-11 20:26

服の下の鎖胴も草摺の無い短い胴丸・腹当的な物なら 帯を外さずに外部に出せるかも知れぬが https://t.co/954OgJrhS6
05-11 20:37

現実には鎖帷子が壊れる様な攻撃を受ければ 衝撃で骨折等のダメージを受け得ると言う事だろうか
05-11 20:39

https://t.co/3JIHbCldpQ 山伏も錫杖等を武器として利用していたのかだが https://t.co/KqkaBDhtcQ 洛中洛外図・舟木本の山伏は刀が大小有るが 錫杖は短いだろうか https://t.co/IoAA3rd5S5 斧を持つ例も有るのかだが
05-11 21:14

仕込み杖・鉄棒・刀等を主武器とした山伏の盗賊が 忍者に雇われて敵を混乱させた例は有るのかどうかだが
05-11 21:17

https://t.co/1DxnhJ3PoP 山伏が帯に棒を差している様に見える 歌川広重の絵も有るが 現実にこうした事はしていたのかだが
05-11 21:22

https://t.co/6v1Sr9BhPQ 左の槍腰当で 棒と同様の位置に槍を装備する例も有ったのかどうかだが 弓と干渉は無いのかだが
05-11 22:01

https://t.co/WOxZd1mHOY 左の巴の弓は 弦巻を帯に固定する為の紐部分に通されているのかだが 太刀の鍔部分にも掛かっていれば 不安定には成らぬと言う事なのかだが 実際こうした装備方法は有ったのかだが
05-11 22:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10793-5085d2d9