FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/FPM2BTULVC アケメネス朝ペルシャやローマが 撒菱的なカルトロップを戦場で利用しているが 日本での使用例は有るのかだが
05-07 09:42

【刀装具 #629 新入荷】 見応え抜群! 平安城系統の名作にして大珍品! 鉄地 象嵌 植物に秋虫図 鍔 長径9cm以上ある大鍔です 桐箱付 https://t.co/yfxNkdaYMH 此れは大太刀の 鍔なのかどうかだが
05-07 11:19

盗賊が忍者を支援するとしても 自らのテリトリー管理が必要故に全ては投入はされぬだろうし 余程の大金でも積まれぬ限り盗賊団の親玉自身が投入される可能性は低いと言う事なのかだが
05-07 12:13

一つの盗賊団から多くの人数を割けば 他の盗賊団にテリトリーを侵される危険は有るだろうが 忍者が他の盗賊団に金を払って攻めさせない様にするか 他の盗賊団からも支援を要請する可能性も有るかも知れぬが 仲の悪い盗賊団同士は連携に支障を来すとして組ませない可能性も有るのかだが
05-07 12:56

戦闘で使えるレベルの投石が出来る盗賊と言うのは そう多くは無い可能性も有るのかどうかだが
05-07 13:25

https://t.co/PFdutaPvnO >弓矢の道が発展した東国に対し、飛礫といった投石は、「西国的な兵法」とする。戦争以外の規制については、鎌倉時代(13世紀)の関東では武家法によって規制化が進んだが、京では遅れていたことが『吾妻鑑』に記述されている(石合戦の脚注も参照)。
05-07 14:55

西国の盗賊なら 可也投石は使えた可能性も有るのかだが 散開して地形を利用する盗賊には 石は近距離で無いと命中し難いと言う事なのかだが
05-07 14:56

https://t.co/8qBLSxpbUl >内通していた具教の近習である佐々木四郎左衛門が長野ら3人を通し、具教に面通りさせると長野がいきなり槍で具教を突き、具教はこれを躱して太刀で反撃しようとしたが佐々木に細工された太刀は抜くことが出来ずそのまま討ち果たされた。
05-07 16:31

https://t.co/xvw6R4RkTC >織田氏の刺客に襲撃された際も、太刀を手に19人の敵兵を斬り殺し100人に手傷を負わせたという[8](刀の刃が腹心の佐々木四郎左衛門尉により潰されており、抵抗できずに斬殺されたとも[1])。
05-07 16:36

上の記述では抜刀は出来ていると見えるが 刃が潰されていても敵の刀を奪う事は出来たのかどうかだが 太刀が抜刀出来ず共脇差や懐剣は抜けた可能性は無いのかだが 特に後者は常に身に付けているなら細工は困難だった可能性は有るのかだが
05-07 16:39

北畠具教の太刀・脇差は抜けない様に細工されていたが 懐剣で敵をかわしつつ刀を奪って 反撃した可能性も有るのかだが 懐刀は仮に抜けなく成っていても帯に固定する物では無く 服の中に入れる物だから敵を刀を受けるのには利用出来る訳だろうか
05-07 16:41

https://t.co/rixgnhgJiy 太田道灌は風呂場の小口から出たところをやられているが 懐剣が有ったとしても剣の達人で無いなら やられていたと言う事なのかだが
05-07 16:59

https://t.co/rsGmB5yIcg 山中常盤物語絵巻で 常盤御前が盗賊にやられたと言うのは https://t.co/lqll9Rp2xt 史実では無いと言う事なのかだが
05-07 17:14

戦国期の盗賊が テリトリーを侵す他の盗賊を攻撃する場合は 夜襲が多いのかだが 銃撃音で敵を引き付け 銃を放ったとのとは別方向から奇襲攻撃と言う様な例も多いのかだが
05-07 17:42

https://t.co/dhnRAFjHqy >源八の一族40人以上が徒党を組んで火事装束に身を包み、明け方に火事を装って浄瑠璃坂の屋敷に討ち入ったという方法などは、30年後に起こる赤穂事件において赤穂浪士たちが参考にしたとされている。   こうした攻撃は 盗賊も行っていたと言う事なのかだが
05-07 19:53

https://t.co/oJ9Heew7q5 >江戸前期における盗賊が武装強盗団であることが多く、それらが抵抗を行った場合に非武装の町奉行では手に負えなかった[1]。また捜査撹乱を狙って犯行後に家屋に火を放ち逃走する手口も横行したことから、  江戸期の盗賊の場合は 逃走時に放火していたと言う事なのかだが
05-07 19:59

敵討ちをする為に武術を習っていた平民が 盗賊に加わっていた例等は戦国期に有るのかどうかだが
05-07 21:00

https://t.co/cs2UmCtCwQ 宮城野・信夫姉妹の仇討ちの様に 鎖鎌や薙刀が使える平民女盗賊等は居たのかだが https://t.co/j6Va6Fh5M0 史実では刀を使用していたと言う事の様だが 可也上達はしていたのかだが
05-07 21:06

>仙台御家中衆が警固検分を務める中、姉妹は数刻に渡って打ち合い、二人が替る替る戦って程なく志摩を袈裟切りに斬り付けた。最後は姉が走り寄って止めをさした。  2人同時に掛からずに剣術師範等を倒したと言うのは 果たして事実なのかどうかだが
05-07 21:13

片方が防御に徹している間に 片方が視界の外に回り込んで攻撃と言う様な事を繰り返せば 一定以上の腕が有れば隙を突けた可能性は有るのかどうかだが
05-07 21:22

太平記の鎖の馬冑と言うのは 元寇時のモンゴルや宋・高麗・金の馬鎧を模した物なのかだが モンゴル式だと革製だろうが 此れも太平記時代に有ったのかだが 宋や高麗・金の物は鉄札利用なのかだが
05-07 22:09

https://t.co/BQTv1rR4gF 宋のこう言う物は日本の馬鎧には似ていないが モンゴルにやられた後はモンゴル式の革鎧に置き換えられていた可能性も有るのかだが
05-07 22:18

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10789-cbed0827