FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

05/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/HbplvCNjPp 左の胴は 銀の地に金で紋が入るのかだが 逆に金の地に銀の紋が入る例は有るのかどうかだが
05-04 11:36

此れは江戸期の吹き矢が書かれると言う事なのかだが 吹き矢筒は置くタイプの物が書かれると言う事なのかだが https://t.co/OJshSbjp1a
05-04 11:59

https://t.co/K9kaSDzKr1 >写真はシーボルトが絵師に描かせた鳥刺しをする人。  この吹き矢は長いだろうか
05-04 12:01

https://t.co/Fn7AGT7s4e こちらの吹き矢は 狩猟用の物程長くは無いと言う事だろうか
05-04 12:03

https://t.co/K9kaSDzKr1 >日本だけで忍者が武器として用いたように考えられている様です。私は吹き矢の威力が弓矢よりはるかに弱いのでおそらく忍者が吹き矢を武器に用いたというのは明治以降に誰かが作り出したフィクションではないかと考えております。
05-04 12:09

>ところが上野市には横笛程度の長さで竹製の昔忍者が用いたらしい筒があるとのことです。そのような短い筒では正確な射撃は石を投げつけるよりも効率が悪く、果たして実際に実戦に使用されたのかは疑問ですが、忍者がどうやって吹矢を用いたのかなど想像することは大変楽しいことです。
05-04 12:10

吹き矢も毒が入る物を利用すれば 威力の低さは問題では無いのかだが 装甲の有る兵の装甲の無い部分を狙う事は 近距離でさえ雑魚兵には困難と言う事なのかだが 精鋭忍者は吹き矢では無く高速連射可能な手裏剣を使う可能性も有るのかだが
05-04 12:16

https://t.co/9AR7rnY0jb 左の刀の鞘は 藤巻の上に金具が有るのかだが 藤巻にしては段に幅が有るだろうか
05-04 13:00

https://t.co/TSC8vpNprP 左の刀の鞘も 藤巻より段に幅が有ると言う事なのかだが
05-04 13:01

弓足軽的な雑魚忍者の場合 白兵戦武器は弭槍しかまともに使えないかも知れぬし 刀は鞘に結んで 槍的な利用を極力していた可能性も有るのかだが
05-04 13:14

盗賊出身の非専業忍者も 飛び道具での奇襲攻撃以外得意では無い者も多いのかだが 親玉や幹部は権威では無く力で部下を従わせねば成らぬ関係上 接近戦の技術も有るのかどうかだが
05-04 14:02

https://t.co/jggMbKkwPH 熊坂長範は 13世紀以降の創作なのかだが 大太刀や大薙刀等の重い武器を利用するのは 藤沢入道の影響と言う意見も有るが 重い武器で部下を威圧していた様な 盗賊の親玉は多かった可能性も有るのかだが
05-04 14:14

https://t.co/JUR94muXRj 熊坂長範の登場する烏帽子折は 1551年前後の成立なのかだが 同時代の盗賊の親玉がモデルの可能性も有るのかだが
05-04 14:19

https://t.co/rmgkR3oZSj 男衾三郎絵巻の山賊も 長物を利用している者も書かれるが 弓が多いと言う事なのかだが
05-04 14:25

https://t.co/b1oWROyTjZ ベルナルディーノ・デ・アビラ・ヒロンは処刑された石川五右衛門等を 兵士の様ななりをしていたと書いているが 盗賊は忍者と異なり機動力を利用しての撹乱が目的では無いから 重装で戦闘し金品を強奪する必要も有ったと言う事だろうか
05-04 14:41

盗賊も忍者的な火等を用いての攪乱戦術で相手を混乱させた後 金品を強奪と言う例も多かったのかどうかだが
05-04 15:08

非専業の盗賊出身の忍者や 足軽的な忍者は忍者的な色の服は胴体等の一部のみで 他の部分は地味な色の通常の服で代用されている例も有るのかどうかだが 浮世絵ではそうした格好の盗賊や忍者も書かれるだろうか
05-04 15:15

非専業の忍者では 隠密行動する能力は余り高くは無いだろうし 専業忍者が先に潜入して 敵を一定程度混乱させた後で投入し混乱を更に拡大と言う例も多いのかだが 脱出時は専業忍者が殿を務めるのかどうかだが
05-04 15:26

殿の専業忍者が 撒菱や紐等を利用してのトラップ 毒玉・百雷銃 奇襲狙撃等を用いて敵を遅滞させれば 雑魚忍者も安全に脱出出来た例は多いのかだが
05-04 15:37

https://t.co/Xar718xDdW 変身忍者嵐的な外観の上級忍者等は果たして居たのかだが 羽織の色は柿渋系統に成るのかだが この下に鱗札利用の船具足を装備すれば外観は似るかも知れぬが 胴だけ装備される可能性も高いのかだが 鱗紋の入る産篭手や袴を装備すれば似るのかだが
05-04 16:01

横方向に線が入る脚絆は良く有ると言う事だろうか https://t.co/swsqpvpRL6 兜は左の様に烏帽子を被った烏天狗型兜の後部に 榊原康政の兜の様な形で房を付ければ似るだろうか
05-04 16:04

烏帽子を被る烏天狗の絵と言うのも見ないが https://t.co/ZlF7o6HCz5 https://t.co/OQY2AT1ht8 氷見獅子の大天狗は烏帽子を被ると言う事なのかだが
05-04 16:25

https://t.co/JqcHmqSdJh ヨーヨーを武器としている忍者等も漫画等では居るが 江戸中期迄は日本には無いと言う事なのかだが 他国でも武器として使われた形跡は無いのかだが
05-04 17:40

江戸中期に流行する前にも 欧や中国からヨーヨーは少数入っていた可能性も有るだろうが 武器としては果たして利用されたのかだが
05-04 18:02

https://t.co/nDZxBRL02l 赤沢朝経の肖像画の様に 籠手の上に弓懸を装備すれば 更に近くは成るかも知れぬが 上に直垂が無い状態で装備された例は有るのかだが
05-04 22:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10786-079a1148