FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Kh1Iqx7sDf 巾着袋の装備位置は 火打袋と同様の位置なのかだが
04-28 10:14

https://t.co/FqPZW7jhcK https://t.co/Hp1crbfR4D 巾着的袋が 右側に装備される例も有るのかだが
04-28 10:22

忍びと言う言葉は 1603-4年の日葡辞書に有るが 忍者がポルトガル等の傭兵として利用された可能性は有るのかだが ゴア周辺等の城攻めには使われたのかだが
04-28 11:40

https://t.co/PU2blkvVCw >忍者軍団が山田長政の命を狙ったり、  こんな映画も有るが タイにも少数の忍者が 山田長政の配下等で居た可能性は有るのかだが
04-28 11:44

https://t.co/0t0RJXRJTS 紐の長い巾着袋なら 右側に装備しても箙や空穂とは干渉しない可能性も有るだろうが 戦国期にそうした物は有ったのかだが
04-28 12:04

オークション史上初の大珍品!特注形状脇差・身幅なんと6.3センチ!!ゴリゴリ大乱れ足びっしりの平造り・朱塗り印籠刻み拵え!新々刀 https://t.co/1TDQeJDcKY 秩父がかう平はこうした形状の可能性は有るのかだが がかう平的な形状の小型のサイズの刀も作られていたのかだが
04-28 12:29

【新選組!】鎖帷子 https://t.co/EEQ7KBJfT9 肩が極度に出ている満智羅も有るが 左の鎖の様に装甲は端部には無い可能性も有るのかだが
04-28 12:54

https://t.co/Ke614eMLHp 信玄袋は明治期迄無く 基本的に手持ちと言う事なのかだが
04-28 15:01

短刀サイズ以上の大型の苦無は 2本程度の装備なのかだが 通常の短刀の位置と 馬手差の位置辺りに装備される可能性も有るのかだが
04-28 15:28

https://t.co/QlWsIltmxO >毛利玄達は、足が不自由で外へ出られないことから、>いつしか、五寸釘で雀を撃ち捕らえるなどしていた。>彼は左右の手に、18本ずつ、両手で計36本の剣を持ち、>これを続けたざまに打つと、剣は空中に一線を描いて敵に到達したと言われている。
04-28 15:51

>ただし「反転打」であれば、何かに包まなくとも、何本かは可能。個人的には、反転打では、3間半距離から長さ20cmの六角の剣を7本を投げて、半分ほどを刺すことは出来たが、18本はやったことがない。   細い針型手裏剣なら 18本同時投射も可能なのかだが そうした数を帯に差していたのかだが
04-28 15:53

https://t.co/If97iGTCzb 此れは10本同時に直打で投げた物が全て刺さっていると言う事なのかだが 針的な物なら16も可能なのかだが
04-28 16:06

https://t.co/3uvH5ICdNZ 柳生十兵衛は10の手裏剣なら同時に放たれても開いた鉄扇で落とせると言う事なのかだが 同時多数投げる事で速度が低下した手裏剣なら 動いている鉄扇の紙は余り貫通出来ないのかだが
04-28 16:15

https://t.co/fzLb1Qxdp7 左の様に1本ずつ高速連射する場合では このサイズの手裏剣だと 片手に3本と言う事なのかだが 薄い物なら3X3等を放てるのかだが
04-28 18:22

https://t.co/vzl75VnbVu 20gの針形手裏剣も有るだろうし 一方で250g等の短刀型手裏剣も有るだろうから 此れは12本針形手裏剣を同時に放るのと同程度の負荷が掛かるのかだが
04-28 18:36

https://t.co/cPhgvI67Vg 下の弓足軽の水筒・袋の位置は 果たして正しいのかだが
04-28 20:44

直ぐ出す必要が有る煙玉や毒玉は 打飼袋では無く火打袋的な袋に入る可能性も有るのかだが
04-28 22:16

https://t.co/0Y1gQMSxVq 腰筒的な筒が装備される場合は 右の足軽の様な位置に有るのかだが 左の様に紐付きの大型銃が背後に有る例は有るのかだが
04-28 22:47

https://t.co/oKVOR4WbYw 鎖鎌は左の十二類合戦絵巻の斧の様な位置に携行されるのかだが 箙との干渉は無いのかだが https://t.co/mwPwmyXezB 左の後三年合戦絵詞の箙と斧が同時装備される例を見る限り無いと言う事なのかだが
04-28 23:30

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10780-5d8248cb