FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

盾に対する当身で 敵のバランスを崩す例も有るだろうが スパイクが有る盾の場合は 装甲が無いとやり難い例も有ると言う事だろうか 騎士やローマ兵の盾に基本的にスパイクは 無いと言う事だろうか
04-24 10:04

https://t.co/TZ3USHPKsx 左の盾での腕の拘束では 剣を完全に封じられてはいない様に見えるが 盾を同時に封じる事も可能と言う事なのかだが
04-24 10:38

下の様な状態でも剣を持つ腕を下に回せば 盾での拘束は回避出来る可能性も有るだろうが その前に剣でやられ得ると言う事なのかだが https://t.co/RD3xT6Hvxx
04-24 10:47

下の様に拘束されても 剣・盾共に下方には抜けらる可能性は有ると言う事なのかだが 剣は少し下に抜ければ 脇の隙間を突く事も可能なのかだが https://t.co/JDyrj9Xr1K
04-24 11:02

此れは手は脱出し難いし 下方の視界迄無いだろうが 視界確保の為に移動しつつ 敵の剣や腕の位置が想定出来るなら此れを蹴る或いは センターグリップ式の盾なら即座に投棄して剣や盾を掴むと言う事も出来る訳だろうか https://t.co/vusanSqYrv
04-24 11:20

https://t.co/s8upNnF1KW 瞬間的にこうした事をやられると 対応はし難いと言う事なのかだが
04-24 11:47

https://t.co/HfwYniUYlT 古い大太刀で手貫緒が有る形跡が有るのは 左の物程度なのかだが 可也長い紐が有ったと言う事なのかだが
04-24 13:49

https://t.co/us77xedP0W >野太刀の場合は鍔元に近い部分を握り、手貫緒を肘の部分に通して締めます。拳と肘の二箇所で柄を保持し、刀の重さを支えるためです。  こうした状態が書かれる古い絵は 有るのかどうかだが
04-24 13:54

https://t.co/5MGtRvS0fE 大太刀の手抜緒の付け方は左の様な物なのかだが 柄が長い大太刀の場合は 手貫緒は長いのかだが
04-24 13:55

柄が長い大太刀の場合は 下の様な形で手貫緒を付けていたのかどうかだが 打刀の様に鍔から手貫緒が出る例も 打刀登場後は有ったのかだが https://t.co/cFssvTwR29
04-24 14:00

https://t.co/us77xedP0W >馬上で両手で太刀を構えたのでは手綱を握ることができず、馬を操ることができないからです。  騎射の際は馬は手綱無しでコントロールしているだろうし 上手い者は走らせながらの両手打ちも有るのかだが
04-24 16:33

止まって撃ち合う場合は両手打ちが基本かも知れぬし この際は組討を考慮して手貫緒は外してあると言う事かも知れぬが
04-24 16:34

両手打ち主体の場合は 手貫緒は左手に装備されると言う可能性は有るのかだが
04-24 16:35

上の技も下の方法で カウンターを掛けられるかも知れぬが 反応が遅れる危険も有るのかだが https://t.co/v0YQQJnhFZ
04-24 18:19

両手持ち主体の場合は 手抜緒は緑色の部分の様な位置に有る可能性は有るのかだが 腕力が有れば左手だけでも振るえなくは無いと言う事なのかだが 長い手抜緒が右手に付く可能性も有るのかだが https://t.co/KqEMVDcKod
04-24 18:49

こうした長い手抜緒が 右手に付く例は有るのかだが https://t.co/cdTcJCjR3J
04-24 18:53

https://t.co/P5Xi3AWWOp 左の打刀時代の鍔から出る手抜緒が付く例も 打刀時代の大太刀では有るのかだが https://t.co/GvnBcn1DPs
04-24 18:56

盾と剣を持つ手を入れ替える等と言うのは 戦闘中ではセンターグリップタイプの物しか無理なのかだが 瞬時に入れ替えるには訓練が必要と言う事なのかだが https://t.co/nKu4FQkUBS
04-24 19:13

https://t.co/dfVEEwYKXW インド・ペルシャ的なこの種の盾は センターグリップが基本と言う事の様だが 大型の物は無いのかどうかだが
04-24 22:30

https://t.co/C1Ep0WwO4T https://t.co/XlhEEjLsti 鎖頭巾の上に鉢巻が有る様に見える浮世絵も有るが 漫画等の様に鉢金が有る例は有るのかだが
04-24 23:24

忍者用の鎖頭巾の場合 シコロ部分は軽量化と音を通す為に 格子鎖が基本と言う事は無いのかだが 鎖頭巾も引っ掛かりと防音を考慮して 布で包まれるタイプが基本なのかだが
04-24 23:26

https://t.co/gRid3Cehmh 左の鉢金的装甲は 鎖頭巾と一体化している可能性も有るのかだが
04-24 23:27

下の謙信の亀甲金の頭巾は 当時の物の可能性が有る様だが 亀甲金のみでは無く内部に鉄の兜鉢が有るが 全て鎖製の短い物が同時期の忍者等に利用された可能性は有るのかだが https://t.co/Zpg81tCM2G
04-24 23:37

https://t.co/InhMAVMWjB 鎖頭巾の上から布を口に巻いている浮世絵も有るが 忍者の場合はどうなのかだが 頭巾内部に巻く例も有るのかだが
04-24 23:40

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10776-5d3baedc