FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/23のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/fIzFCTb01e >ここで紹介するのは武将が采配を振るう時に使う、指揮棒のような笛である。武田信玄は川中島の戦いで軍配を持ち込んでいた。笛を使っていた武将もあったらしい。  こうした笛を采配・軍配の様に指揮用に利用した例は有るのかだが
04-23 12:25

>織田信長は一節切りを使っていた。  https://t.co/4IP0uyQ3R0 >織田信長に仕えた大森宗勲も名手である[2][3][4]。  とは有るが 信長自身が指揮用には利用していたのかだが
04-23 12:27

https://t.co/0LpkwMyhSs >乃可勢(のかせ、のかぜ)は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、松平忠輝が蔵した一節切。  等と有るが 指揮用には利用されたのかだが
04-23 12:30

https://t.co/GJCGNrnCzD 乃可勢の現物は有る様だが 指揮用に使う長さでは無いと言う事なのかだが
04-23 12:32

https://t.co/pULODC5Ng9 一節切も軍扇よりは長く 小型の軍配程度の長さは有るが 指揮用に果たして利用されたのかだが
04-23 12:39

https://t.co/LLFpTCFspy 鉄笛と言うのも有るが 指揮用に利用される例は有ったのかだが 紐で絡める攻撃等は有ったのかだが 鉄尺八が有るなら 鉄製の一節切も有るのかだが
04-23 13:12

https://t.co/6rZe2g3qK0 https://t.co/z5BDW2E01x 手抜緒も組討が想定される 止まっての打ち合いでは外しているかも知れぬし 此れを利用して相手を絡める例も有ったのかどうかだが
04-23 13:22

戦国期だと関東の騎兵以外は 手抜緒は余り無い可能性も有るのかだが
04-23 13:23

https://t.co/eYWZSsArwd 十手の房紐は 手抜緒であると同時に 捕縛用の紐でも有る様だが 刀の手抜緒で絡める事はしたのかだが
04-23 13:33

https://t.co/JFh9DkjPWd >紐はすぐほどける結び方で柄に巻いておき、房を持って十手を投げるという使い方もします。   刀の手抜緒はそう長くは無いなら 此れを持って投げる事迄は無いと言う事なのかだが
04-23 13:38

https://t.co/4edUSbi6wD 刃の付いた戦闘用十手であるマロホシにも 紐は付属するが 此れを利用しての投げ・絡め等は有ったのかだが
04-23 13:50

采配・軍配に長い紐が有る例は有るが 此れで絡める事等は有るのかだが 采配は鉄製の戦闘用の物等は有るのかだが 鉄製等の軍配を紐を持って投げたり振り回す例は有るのかだが
04-23 13:55

https://t.co/K6ZhGv4nKa 紐の付いた鉄の鞭も有るが 馬を此れで叩く事は無いと言う事なのかだが
04-23 13:59

https://t.co/W7wTporFFZ 戦国期の十手も 紐を付ける輪が有るとは限らぬと言う事だろうか
04-23 14:07

https://t.co/0fPrgW1svX 打根の紐は5.4m程度なのかだが 此れは無い説も有るが 有るとすれば絡める事には利用されたのかだが
04-23 14:30

Check out BIG RED SAKE CUP MAETATE of KABUTO (helmet) of YOROI (armor) : EDO : 9.8 × 3.3 " https://t.co/bfve6sFOha 巨大な盃の前立も有るが 視界を考えると 実際の固定位置は可也上に有るのかだが
04-23 14:50

DN814 時代物 木彫漆箔鹿角前立朱漆頭形兜 朱漆塗緋糸威二枚胴具足等身大甲冑(鎧兜)一式 鎧櫃附☆武具古道具古民具飾物骨董古美術 https://t.co/M2FHjecPPI ピンク色的な家地は無い等と言う意見も有るが 左の脛当には有るだろうか
04-23 15:30

https://t.co/wBOOpo8AeW 鉄扇にも紐が有る例が有るが 開いた状態で投げ敵の視界を塞いだ後攻撃し 戻すと言う様な例も有るのかだが 紐での絡めも有るのかだが
04-23 15:51

https://t.co/7RMlzEDnqd 軍扇にも紐が有る例が有るが 余り長い物は見ないが
04-23 15:55

https://t.co/rBFFIewjgo 紐を持っても左の様な距離は投げられないだろうし 10cm程度しか投げられない様な物も多いのかだが
04-23 16:10

https://t.co/BOmE1AzFoM こうした長い手貫緒は 実戦用の物は無いと言う事なのかだが
04-23 16:37

https://t.co/uBZPIk90Ky 陣鎌に紐が付く例も有るが 手抜緒より長い物は無いと言う事なのかだが
04-23 16:41

https://t.co/neTpWRTy1H 一方で鎖鎌には長い紐が付く例が有るが こちらを使って投げたり 絡める例は有るのかどうかだが
04-23 16:42

https://t.co/w6TN6f3VzL 忍者も潜入時はこうした桶側胴では無く 太平記の畑時能の兵の様に動作製の高い鎖を利用したのかだが 草摺は音を発するので無い可能性も有るのかだが
04-23 16:52

動作性がそれなりに有る伊予札丸胴なら 草摺が無い物等が利用された可能性は有るのかだが
04-23 16:57

そうした鎧も鎖・縅糸の引っ掛かりや音を発するのを防ぐ為に 皮や布で包まれている可能性も有るのかだが 革包の伊予札胴なら立花宗茂の物が有るだろうか
04-23 17:00

https://t.co/bKeVLKRIYI 浮世絵では忍者の鎖は服の中に有るが 排除するのに時間が掛かる事を考えると 現実には服の外に有る可能性も有るのかだが
04-23 17:04

https://t.co/hOawfTbEyk こう言う短い物で袖も或いは無い布で包まれた鎖を 服の外に装備している可能性も有るのかだが 篭手も布で包まれた鎖に篠等が付く物かも知れぬが 篠だけ有る物なら錆地的な物が露出する例も有るのかだが
04-23 17:19

https://t.co/3rX1bHnx6Y 荒木又右衛門の鎖も草摺は無いだろうが 忍者用だと軽量な格子鎖利用の物も多いのかだが
04-23 17:24

荒木又右衛門の鎖は1634年の 鍵屋の辻の決闘迄の物と言うなら 戦国期にも同様の物は有ると言う事なのかだが 満智羅が外部に装備された例等は有るのかだが 腹部が余り保護されない物も多いだろうか
04-23 17:38

https://t.co/zlbi8hNwAs これより下が長い満智羅と言うのも 装甲が仕込んで有る例では見ないが こうした物なら帯を外さないで外せる可能性も有るのかだが
04-23 17:45

https://t.co/os5VFGwCmi こうした満智羅なら上体は十分保護出来るだろうが 紺色だが忍者用と言う訳でも無いのかだが
04-23 17:59

https://t.co/OqOtAeglWH こうした短く 袖も短い鎖帷子が利用された可能性も有るだろうが 荒木又右衛門の物程度の袖は有る可能性も有るのかだが 左の革製亀甲帷子は2.2kgだが こうした物は使われたのかだが
04-23 18:09

https://t.co/1o5voNcmaJ 亀甲帷子を服の上に装備する例も浮世絵には有るが こうした例はそう多くは無いだろうか
04-23 18:41

https://t.co/WglaeRbtY6 >斧折樺 (おのおれかんば)その名の通り、斧が折れるほどに堅く、水に沈むほど比重がある落葉高木。過酷な環境に生きるため年に0.2mmしか太くならない日本の樹である。  此れは武具に使われた例は 有るのかどうかだが
04-23 18:56

開閉可能な面張り型鉄扇は 開いて撹乱や視界を塞ぐだけでは無く 目を斬る攻撃も有るのかだが https://t.co/msJM6z94mO
04-23 19:41

柳生十兵衛が鉄扇を開いて 手裏剣を落としたと有るが 紙の部分に命中したら貫通する危険は無いのかだが https://t.co/rTg0GEGPE8
04-23 19:47

指揮用に使われる軍扇型の鉄扇も有ると言う事なのかだが 戦国期の物は現存しないと言う事なのかだが https://t.co/H16lkFoKFG
04-23 20:00

戦国時代の指揮用鉄扇が 現存するのかどうかだが https://t.co/Hcp84xsDrF
04-23 20:08

篭手は無いか 有るとしても戦国期には半篭手は無い可能性も有るなら 引っ掛かりを考慮した産篭手が使われる可能性も有るのかだが 余り重い物は無いのかだが
04-23 20:54

https://t.co/LXfEPRcKRt こうした防弾板も 指揮官だけ装備していた可能性も有るのかだが 前掛胴の様に側面も保護出来る様な物も有るのかだが
04-23 21:07

こうした形で盾で剣を封じても 敵の盾や足等は未だ自由であると言う事だろうか https://t.co/lFyMwuxoww
04-23 21:21

両手用武器を下方から盾でブロックされた場合は 片方の腕でも自由にするのは時間が掛かるかも知れぬし 其の間に剣等でやられる危険も有るのかだが
04-23 21:24

盾を掴めばこうした事は困難だろうし 盾での防御も困難と成る訳だろうか
04-23 22:02

盾の上から蹴って転倒させたり バランスを崩した後攻撃と言う様な例も有るが 実戦では何処迄使われたのかだが
04-23 22:06

盾を横方向から蹴って防御を崩す様な技も有ったかも知れぬが 脛当が無いと困難な例も有るのかだが
04-23 22:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10775-f4f365a5