FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/2iIboBlT6M >一条も大力の早業成ければ、抛られたれ共倒れず。漂ふ足を践直して、猶義貞に走懸らんとしけるを、篠塚馬より飛でおり両膝合て倒に蹴倒す。倒るゝと均く、一条を起しも立ず、推へて頚かき切てぞ指揚ける。  此れは両膝の裏を蹴って倒していると言う事なのかだどうかだが
04-22 10:16

https://t.co/6g2sp6QdIQ そうした膝の後ろを蹴る技も 左の様に手も使って倒す例が多いのかだが
04-22 10:54

https://t.co/3TXgsn8OnS  護良親王の大鎧の吹返には https://t.co/AnBQLKC1nG 左の義経の兜に有る 獅子牡丹の金具が有る可能性も有るのかだが 裾金物は円形の獅子牡丹紋が入る可能性も有るのかだが
04-22 12:19

https://t.co/3fVUG175rK 吹返に日光・月光の二天子の透彫迄入る金物が有る例も太平記に有るなら 複雑な獅子牡丹の金物が入る例も同時期に有るのかだが
04-22 12:22

https://t.co/Ln7SGAkwWj >源平盛衰記には兜は甲と書かれ、白星、三枚甲、五枚甲、甲の鉢弓、鍬形打たる甲、と各種の兜が描かれていますが、この中に那須の与一の兜として、鷹角反甲という描写があります。これが本当なら鷹角、つまり鹿の角を兜に飾っていたことになります。
04-22 12:28

源平盛衰記は鎌倉末ー南北朝期成立の可能性も有るなら この時点では鹿の角が有る前立が有ったと言う事なのかだが 鹿の角を模した鍬形が有る可能性も有るのかだが
04-22 12:32

>白星というのは鍍金です。金メッキ、銀メッキ双方あったようですが、銀メッキのほうがメジャーです。兜全体の鍍金ではなく部分鍍金で、剥板を互い違いに鍍金する事で筋と呼ばれる縞模様を作るパターンが多いです。 https://t.co/ojBewAb4NT 左の平治物語絵巻の白い兜鉢は 銀メッキが有るのかだが
04-22 12:37

裾金物や吹返の大型の金物も 室町期に下馬戦闘多用で甲冑が軽く成った時点で廃れたのかだが 指揮官用の物は一部残っていた可能性も有るのかだが https://t.co/WqNr4PAQhD 16世紀の大友家の具足の草摺には裾金物が有るし https://t.co/fBQMcbUpgH 立花家の袖にも有るだろうか
04-22 13:01

足を踏んだり足払いをする素振りを見せるだけで 敵の先制攻撃の速度が鈍ると言う事は 慣れている者でさえ幾らかは有ると言う事なのかだが
04-22 13:22

https://t.co/T6Dp2KBrvi 関口流柔術の膝裏を蹴る技は 後方からの奇襲時以外は無いのかだが
04-22 13:54

https://t.co/wiUZRiiV9j 遠い方の足を狙う足払いも 有ると言う事だろうか
04-22 14:07

https://t.co/ZKJ5eZ1vQ9 空手の試合では 近い方の足を払う例が多いのかだが 太平記に有る 同時に左右の膝を払うと言うのは 有るのかどうかだが
04-22 14:21

https://t.co/iCLmgrJmGi >相手の重心が両足に均等に乗っており、腰をしっかり落とした状態では、いくら蹴ってもそうそう転倒させられるものではありません。例えば、相手の重心をかかと側に寄せて、重心が浮いたとことに蹴ると、綺麗に転倒を狙えます。
04-22 14:27

相手の重心が両足に均等に乗っていても 両足を同時に崩せば転倒はさせられると言う事だろうが こうした蹴りが決まった例は有るのかだが
04-22 14:28

https://t.co/Zf1yGNNiCI 足払いの有る剣道も未だ残っている様だが 両足を同時に蹴る様な技は有るのかだが
04-22 14:35

https://t.co/AACfPriM2x 左の剣道の試合では 手前側の足を払っているだろうか
04-22 14:45

https://t.co/skU2aFXAp0 源仲綱が弓を強く引く為に 兜を装備しなかったと言う記述が平家物語には有るが 帽子兜の様なシコロが有る場合は 弓との干渉は無いと言う事なのかだが
04-22 15:54

https://t.co/Y14vkfEcJ9 https://t.co/GPbVCS9gFL >「蜘蛛手(くもで)・角縄(かくなは)・十文字、とんばうがへり・水車(みづぐるま)、八方すかさず斬きったりけり」[訳] 蜘蛛手・角縄・十文字、とんぼ返り・水車などの刀さばきで、八方すき間なく斬りまくったのだった。
04-22 16:08

上の角縄と言うのが良く分からないが https://t.co/5KDCCxuRog 蜘蛛手と言うのは 全方向に斬る技なのかだが
04-22 16:10

https://t.co/Y14vkfEcJ9 平家物語に出て来る様な古刀でも兜鉢を打てば 目釘付近が折れる例も有ると言う事なのかだが
04-22 16:13

茎部分は刃が無いだろうし 柔らかい仕上げとしてあるかも知れぬが 折れる例は何処迄有ったのかだが https://t.co/B10iNflS0y 幕末の松代藩の荒試しでも 茎部分が折れた例は無い様に見えるが
04-22 16:46

https://t.co/5Bool486ao >三尺八寸の太刀を抜て、大友に馳懸り、冑のしころより本頚まで、鋒五寸計ぞ打こみたる。大友も太刀を抜んとしけるが、    https://t.co/HTwosPetWQ 南北朝期の傘シコロを 刃長115cm程度の刀で此処迄斬れるのかどうかだが
04-22 16:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10774-027fc09f