FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/XlsYisA4H6 https://t.co/Ic3OSCo8se  清の綿襖甲の下腹部分の装甲構造が良く分からないが 佩楯と合わせ綿が二重に成っているだけと言う訳では無いのかだが
04-20 09:48

https://t.co/h07cfyAd8A 左の鎧でも腹部に鋲は無く 鉄札も無いと言う事なのかだが
04-20 10:00

https://t.co/MGVC7r7x6K 明の鎧の場合は左同様に下腹にも鉄札は有ると言う事だろうが 清と同タイプの鎧も利用された可能性は有る様だが
04-20 10:16

https://t.co/WF5dvZKHg2 左の鎧は https://t.co/SBKOx7Bbv7 左の乾隆帝の物に似ているかも知れぬが 袖部分の下にも鉄籠手は入るのかだが
04-20 11:55

https://t.co/aelScGurSW 袖の下に明的な鉄籠手が有る様に見える絵も有るが 果たしてどうなのかだが
04-20 12:08

https://t.co/pl70ljlXSn 左の袖の下に鉄籠手が有る様に見える騎兵は 女真兵なのかだが 元と成る絵等は有るのかだが
04-20 12:33

https://t.co/SBKOx7Bbv7 乾隆帝の鎧の場合は 草摺部分にも鋲が有るから この位置にも鉄札は入るのかだが 脇引的な物の下方には隙間が有ると言う事なのかだが 佩楯も鉄札は完備では無いと言う事なのかだが
04-20 12:53

https://t.co/4XfSAqtO1b 脇引が無い様に見える鎧の場合は 側面部の隙間は上部にも有るのかだが 現実には上部は塞がっていたと言う事なのかだが
04-20 12:55

https://t.co/qxehgGFokI からくり南蛮鎖と言うのは リベット留めの鎖と言う事だろうが 黒漆が有る物は少なく共日本製と言う事なのかだが 戦国期には無いと言う事なのかだが
04-20 13:22

https://t.co/lzbRJv4vNN スペイン等の海戦用甲冑の腕部分は鎖が入る例が有るから この部分が戦国期にコピーされた可能性は有るのかだが
04-20 13:32

https://t.co/vIUOiN8rig 此れも腹に鉄札は無いのかだが 佩楯上部に鉄が入るなら 余り隙間は無いのかだが
04-20 14:00

https://t.co/uwFnMQiSpC こうした佩楯と組み合わさるなら 腹の隙間は余り無いのかだが
04-20 14:04

https://t.co/qSOIuLdmw3 サルフの戦いの絵だと 右下の者以外は鎧に袖が無いが 軽騎兵的な物は半籠手的な物しか無いのか 服の下に明的な鉄籠手が有る可能性も有るのかだが
04-20 14:12

https://t.co/7zyx9vUQux 明軍も歩兵には袖が有るが 騎兵には無いだろうか
04-20 14:15

https://t.co/PMGfEZlbYR 左の榊原康政の具足の草摺に有る様な波文は 津軽屏風の羽織にも有るが 草摺に他の亀甲や菱等の定番的紋が入る例も戦国期に有るのかだが
04-20 21:39

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10772-1d79c28f