FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

南部馬の大型の物なら アラブ馬同様の400kg程度の体重は有るのかだが 指揮官用の馬はこうした物が多いのかも知れぬが 一般騎馬武者は利用していたのかだが 乗馬戦闘を多用する関東の馬廻辺りなら多いのかだが 西国の馬廻はどうなのかだが
04-14 10:06

https://t.co/zMiuvzsbvg 腰刀もシミター程湾曲は無いし 打刀より湾曲していない物さえ有るが モンゴル的に馬を走らせて斬ると言う事は 中国の騎兵では少なかった故なのかだが
04-14 11:41

https://t.co/vgqPGfoxu8 モンゴルの剣も 一部湾曲が浅い物も有るが 歩兵用と言う訳でも無いのかだが
04-14 11:45

https://t.co/4pskpdLd0k 左の南北朝期の大太刀なら 一部のモンゴルの剣程度の湾曲は有るかも知れぬが 馬を走らせての斬撃を考慮していると言う事なのかだが 乗馬戦闘の多い関東では室町期でもこうした物は残ったのかだが
04-14 11:56

https://t.co/X1HABQ3y6D モンゴルの剣よりトルコ的なシミターの方が湾曲が強い物が多い様に見えるが 此れはモンゴル馬よりアラブ馬の方が高速故に 湾曲を強くする必要が有る故なのかだが 直剣型シミターも有るが 歩兵用なのかどうかだが
04-14 12:04

https://t.co/lF5NkAJuKw >また瀬戸内海賊の村上氏の戦闘砲や砲術をまとめた「合武三島流船戦要法」に船中での戦では槍では後先がつっかえて不便であり、太刀打ちで船首から船尾まで斬ってまわるべきであるとあり、
04-14 12:14

>河川回路の運航に関わりのある武装集団を中心として発達したのが徒歩「太刀打ち」であり、そのための「大太刀」とも考えられる。  レパントの海戦の絵でもスペイン・トルコ両軍は槍は無く剣+盾が多いが ボーディングパイクの様な短槍なら利用されていると言う事だろうか
04-14 12:15

日本の海戦でもボーディングパイク的な短槍が利用された可能性は有るのかだが 蒙古襲来絵詞で振るわれる船上の薙刀は 通常サイズより短いのかだが 元軍の槍はどうなのかだが
04-14 12:16

三尺五寸(1.06m)の刃長の大太刀を船内で使う場面も 村上海賊の娘に有るが https://t.co/cGlPxFQrJ4 レパントの海戦の絵には https://t.co/UAv5JUrxHa 更に長いモンタンテが船上で振るわれる例も有ると言う事だろうか https://t.co/n2exzQuKiA
04-14 12:30

モンタンテを狭い甲板上で使う技も有るから 海戦で此れが使われた事は確実と言う事なのかだが 船内でも同様の技が使われたのかだが 安宅船船内でこうした技が使われる例は日本で有ったのかだが https://t.co/KJWlM8lpH0
04-14 12:43

https://t.co/mDuRmIrovw とは言え安宅船の天井は可也低いなら https://t.co/MYgXz6f9Ef 左の様な事は低く構えないとやり難いのかだが
04-14 12:54

世界最大の航空機が初飛行、ロケットの空中発射に向けて前進 https://t.co/GrNXfyDuyT スペースX的な再利用型のロケットが 飛行機から打ち上げられる可能性は有るのかだが
04-14 13:12

https://t.co/urvsIElZxY 戦国期小田原の刀工・相州住康春の刀は 騎乗戦向きの湾曲の強い刀が多いと言う可能性は有るのかだが
04-14 13:37

https://t.co/8JKZWPr0FA 左の相州住康春の刀は 太刀的な湾曲が有るが こうした物以外も有るのかだが
04-14 13:39

https://t.co/1iVB0B1RS1 >太刀 銘「相州小田原住義助作」 義助は島田鍛冶の棟梁で16世紀前半に小田原北条氏の招きにより小田原に来住した刀工です。義助の作品の中でも「小田原住」と見える作例は少なく、本資料はとても貴重です  これは湾曲はやや小さいが 通常の打刀よりは曲がるのかだが
04-14 13:52

中国の騎兵も馬を走らせた場合は長物を使い 刀は足を止めての乱戦で利用した可能性も有るなら 直剣的でも問題は無いと言う事なのかだが 騎士の直剣も同様に馬を走らせては利用しない訳だろうか
04-14 13:55

一方でスウェーデンの騎兵の直剣は馬を走らせて突いていたかも知れぬが こうした利用は中世では有るのかだが
04-14 13:56

https://t.co/c58e8wWkmU 絵だとかなり曲がっている腰刀も有るが 現実の物を反映しているのかだが
04-14 14:30

騎兵用の曲がった腰刀と 歩兵用の直線的な物が有る可能性も有るだろうが 直線的な物の高級品も有るだろうか
04-14 14:33

https://t.co/VkH6AzNAtn 歩兵剣も騎兵同様に 絵では曲がって書かれているが 現実は直線的だったと言う事なのかだが
04-14 14:36

https://t.co/GgCuUSAMFU  皮鉄の有る刀は折れ易いと有るが 側金を柔らか目の物とすれば 曲がり易く成るが折れ難くは成るのかだが 側金は折返しは通常は12回だろうし 焼入れも刃よりは無いだろうから 折返し15回で焼入れの強い刃金よりは硬度は無い訳だろうか
04-14 15:21

https://t.co/Pww8AXa1J6 >室町後期の応仁・文明の乱以後の戦国期、刀剣の大量の需要に応ずるため、俗に「末備前物」、「末関物」と呼ばれる中に、注文打ちとは区別される数打物・束刀(既製品)と言われる安価な量産品が備前と美濃で生産された。
04-14 15:30

>鍛冶の分業化による工房作品とも言えるもので、折り返し鍛錬の回数も少なく、造り込みも、割り込み、まくり、甲伏せと呼ばれる比較的簡易な方法で作られた。    https://t.co/cNzGspGQr5 新刀の数打物は左の側金と刃金が分割されないタイプの 簡易な造りだったのかだが
04-14 15:36

そうした物も折返しは少ないと言うし 全体的に柔らかく作れば 折れ難くは成ったのかだが
04-14 15:37

https://t.co/3ktqNQ2SeG 割り込み造りと言うのは中国の剣と同様に 柔らかい鉄で刃鉄を包むタイプの物だろうが 此れは曲がり易いが折れ難いと言う事だろうか
04-14 15:41

雑兵物語に有る足軽の刀も兜を打つと曲がるが 柔らか目に調整されているので折れる例は少ないと言う事なのかだが https://t.co/hRJUfhAurU
04-14 15:52

https://t.co/mA7USAyBi9 荒木又右衛門の折れた新刀と言うのも 直剣的な大太刀であるから 硬めに調整して有れば特に折れ易かったと言う事なのかだが
04-14 15:53

https://t.co/eswIMQBcoE 折れた山南敬助の刀も86cmの太刀であり直線的だから 硬目に調整されれば折れ易かったと言う事なのかだが
04-14 16:02

折れた双方の大型の刀も 試斬の重視で硬度が重視された結果 折れ易く成っていたと言う可能性も有るのかだが 通常の耐久性試験はパスしては居たと言う可能性も高いのかだが
04-14 16:30

https://t.co/6LYWJ1NJ7e 左の天正・文禄期の相州の刀も 割に曲がる方だろうか
04-14 17:34

https://t.co/WcCvu2bTRq 左の文禄期の相州の刀も 反りは上と同程度かやや浅い程度だろうか
04-14 17:42

https://t.co/B10iNflS0y 切れ味は悪いが折れる大慶直胤の刀は 刃部の硬度が低く 他の部分は堅過ぎると言う事なのかだが 曲がる物は特段硬い訳では無いが 刃部の硬度は低いと言う事なのかだが
04-14 17:54

山浦真雄の刀も只刃部以外を柔らかくしているだけ共思えぬし 曲がり難くは成っているのかだが 側金・芯金・刃部の硬度のバランスと言うのが考慮されていたのかどうかだが
04-14 17:59

https://t.co/B10iNflS0y >この5振りの大慶直胤は、いずれも城方常備として納められた品である。そのうち、辛うじて合格といえる物は、たった一振り、第二の匂出来の刀だけで、あとはすべて腰が弱すぎて実用にはならない。   長巻は1本も折れていないが 柔らかすぎると見られたのかだが
04-14 18:18

https://t.co/CGfHtUWp9w >我身は其次に纐纈の鎧直垂に、精好の大口を張せ、紫下濃の鎧に、白星の五枚甲に八竜を金にて打て付たるを猪頚に着成し、銀の瑩付の脛当に金作の太刀に振帯て、  此れは長崎高貞の兜に 八竜が有ると言う事なのかだが 鎧本体にも有るのかどうかだが
04-14 18:48

https://t.co/qdHVW9vyOl 左の様な形で 鎧本体と合わせて八龍が入ると言う可能性が高いのかだが 只の龍では無く八大竜王が入る可能性も有るのかだが
04-14 18:51

>一部黒とて、五尺三寸有ける坂東一の名馬に塩干潟の捨小舟を金貝に磨たる鞍を置て、  対高160cmのこの馬は 南部馬なのかだが https://t.co/4OwBlJhSqo 盛号でも151cmだが 輸入品のアラブ馬やアハルテケと言う可能性は低いのかだが
04-14 18:53

秀吉がスペイン船から接収した南蛮胴と言うのは 南蛮胴具足に改造されたのかだが 献上されたポルトガルの鎧はフルプレートかも知れぬが こちらは改造は無いと言う事なのかだが 仁王胴は果たしてローマ的な鎧の模倣なのかどうかだが https://t.co/Fw4SZdjFQh
04-14 20:01

関ヶ原に二枚胴は無いと言う意見も有るが https://t.co/JVuJf1hVEK 左の松平忠吉の胴は 二枚胴と言う事なのかだが 井伊直政は雪下胴を利用と言う事だっただろうか
04-14 20:38

秀吉がスペインに贈った仁王胴と類似の二枚胴も 関ヶ原では有ったと言う事なのかだが
04-14 20:40

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10766-74d37d7a