FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

馬足軽と騎馬武者の中間的な 騎乗する徒武者的な者も居るのかだが 士鉄砲組・士弓組・槍侍が騎乗している例も有ると言う事なのかだが
04-10 11:15

そうした者も乗馬戦闘は 基本的に無いと言う事なのかだが
04-10 11:16

敗走した敵を追撃する際或いは敗走時に 弓・鉄砲足軽や士鉄砲・士弓組が一時停止させた馬上から射撃する例なら有るかも知れぬが 槍侍は追撃・敗走時に馬上戦闘はしたのかどうかだが 槍や弭槍の無い雑魚歩兵・奉公人相手なら或いは行った可能性も有るのかだが
04-10 13:13

https://t.co/toksP6t9pw 左の様な形で馬足軽や士鉄砲組が 追撃時や敗走時に停止させた馬から長筒を放つ例も戦国期に有ったのかだが
04-10 13:22

https://t.co/R7smywZq2u 停止した馬上からの射撃も 前九年合戦絵巻に書かれるが 騎乗した弓足軽・士弓組がこうした事をしていたと言う事なのかだが
04-10 13:32

垣盾を持つ馬足軽等は居るのかどうかだが 下のセンゴクの姉川合戦の様に そうした兵が馬に乗りながら部隊を防護したと言う様な例は有るのかだが 馬にも装甲が完備される様な関東の騎馬武者が 緊急的にこうした事をした例は有るのかだが https://t.co/wlYR9I2TQJ
04-10 13:47

同時期の関東では銃はかなり少ないだろうが 銃が増えた後は馬鎧も保たないだろうが 人のみなら小型で6cm厚等の垣盾を利用すれば 佩楯に迄鉄札が有る関東の騎馬武者の重装甲も考慮すると 可也防護出来たのかだが
04-10 13:59

https://t.co/gAKgD2l6SY 左の鎌倉期の騎馬武者が持つのは手盾だろうが こうした騎馬武者は戦国期には関東でも居たのかだが 防弾可能な物は馬上で利用されていたのかだが
04-10 14:07

https://t.co/4pskpdtC8M https://t.co/XhOi4iUL0g 依然足利尊氏の物かも知れぬ肖像画の下絵には 弓が左肩に掛けられていたと言う事なら 同時期にはこの状態で大太刀が振るわれていた例も有ると言う事なのかだが
04-10 14:52

この大太刀は腰に抜かれていない太刀が有る事を見ると 居合抜きはされない様だし 弓の使用時には弓と同時に手で持たれていたのかだが 清水寺縁起絵巻の様に従者が持っていた可能性も有るのかだが
04-10 14:54

https://t.co/jV2Qnma58R 聖徳太子絵伝の歩兵は 弓を持った儘刀で突撃しているのかだが 近接戦時も弓は極力持った儘にしていると言う事なのかだが 弓は乱戦突入前に従者や後方の者に渡している例も多いのかだが
04-10 16:06

歩兵では上の様に大鎧装備で袖を盾としても 佩楯の無い腿部を狙撃されていた例も多いのかだが
04-10 16:09

https://t.co/oCYa13HLpx 前九年合戦絵巻の馬上の短刀組討では 弓は左腕に掛かるのかだが 肩に掛かる例も有るのかだが https://t.co/5MGtRvApo6 上の様に太刀の鞘部分に 弓が掛けられる例も有ったのかだが https://t.co/2ZaPOKXkdF 此れは後三年合戦合戦絵詞に有るだろうか
04-10 16:23

文禄・慶長の役の足軽も 刀や貸具足は完備されないだろうが そうした者にも明・朝鮮軍から鹵獲した 綿襖甲や腰刀が装備されていた可能性も高いのかだが 腰刀は両手持ちに改造されていた可能性も有るのかだが 騎兵用綿襖甲は重いので 此れは佩楯部分を外していた可能性も有るのかだが
04-10 17:47

腰刀以外にも 倭寇図巻に有る柳葉刀や 剣も両手持ちに改造され利用されていた可能性も有るのかだが 手銃は近接戦用に使われたか 弾丸が溶かされて日本の火縄銃用弾に利用された可能性も有るのかだが 短弓も予備的に利用はされたのかだが
04-10 17:50

騎兵用の鉄板札利用の籠手は サイズが合う物は槍足軽に利用された可能性は有るのかだが
04-10 17:54

奉公人が手銃を近距離で利用していた可能性は有るのかだが 短弓は扱いが難しいので奉公人の利用は無いと言う事なのかだが
04-10 18:21

元寇でも鎧や刀の無い様な雑魚歩兵は同様に 鹵獲した宋・高麗や少数のモンゴルの装備を利用し 腰刀は両手持ちに改造して利用していた可能性も有るのかだが
04-10 21:06

https://t.co/JSAeIug6qU 唐沢玄蕃が盗んだ 中山安芸守が関東管領の上杉憲政から拝領した金の馬鎧と言うのは 只の金の革小札が有る物とは異なると言う事かも知れぬが 秀吉の金の瓔珞の馬鎧と同種の物の可能性は有るのかだが
04-10 21:38

https://t.co/C22umVqvhm 平治物語絵巻には刀では無く短刀で近接戦をいきなり仕掛けようと言う者も居るが 組討に可也自信が有る者なのかだが 短刀抜刀後弓は左腕或いは肩に掛けられたのかだが
04-10 22:46

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10762-be8cfb16