FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

04/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/yNeEz07eaI 左の釘抜繋ぎ紋は 具足の家地に入る例は有るのかだが
04-07 08:52

https://t.co/6PJ9WLL38l 御手杵の消失前の写真が有るが https://t.co/xzyIhic09j 左の復元品に有る鍔は装備されていないと言う事なのかだが
04-07 09:27

御手杵も身幅2.6cmなら 刃部を打撃に利用するのは困難と言う事なのかだが 刃長60cm程度の物ならどうなのかだが
04-07 12:11

カズより21歳年上! 73歳GKがプロ公式戦出場でギネス新記録認定  https://t.co/QjEeGv47w7  運動量が低いGK以外では 困難と言う事なのかだが 三浦和がGKに転向する可能性も或いは有るのかだが
04-07 13:36

https://t.co/mXRHnHgYKv 龍造寺の日足紋は 佐藤氏の源氏車紋の内部を抜き出した物なのかだが 此れ以前に日足紋は無かったと言う事なのかだが
04-07 18:18

https://t.co/GvGvHyYQoW >北九州にこの紋を使用する家が多い。これはむかし菊池一族が鷹の羽紋を用いる前にこの紋を用いていた。  と有るから 龍造寺より前に利用された例が有ると言う事なのかだが
04-07 18:22

16-17世紀のスペイン軍の日本人傭兵も 日本製武器は何処迄フィリピン等で手に入るのかだが 西欧剣は果たして利用したのかだが 両手持ち可能に改造されていた可能性は有るのかだが 大型の両手剣モンタンテはその儘利用されていた可能性も有るのかだが
04-07 22:31

甲冑は武器に比べ消耗し難いだろうが スペイン製鎧が装備された例も多いのかだが 円盾は何処迄利用されたのかだが
04-07 22:32

銃は日本製が利用されるとしても スペイン製の10匁程度の弾丸がその儘使える様な物も多かったのかだが
04-07 22:36

10匁士筒でもスペイン軍の緩発式火縄銃よりは高精度かも知れぬが 10匁狭間筒迄は利用されていたのかどうかだが 遠距離狙撃には日本製弾丸を使う3-6匁筒が利用されていた可能性も有るのかだが
04-07 22:43

弓は矢の調達を考えると フィリピンや東南アジア的な物が使われたか これの矢が使える日本製短弓が使われていた可能性も有るのかだが
04-07 22:45

https://t.co/I06ubkFEWC タイの山田長政の日本人部隊の絵では 日本兵は和服を着ているのかだが スペインや東南アジアの服が着られる例も多かったと言う事なのかだが
04-07 22:47

3-6匁弾も スペインの鉛を利用すれば 型が有れば現地で容易に作れる可能性も有るだろうが 手に入り難い日本製銃の消耗を考えて 精度が不要な接近戦ではスペインの銃が利用された可能性も有るのかだが
04-07 22:53

https://t.co/mHdV5HNpgH >フィリピンにもマニラなどに日本人町が作られた。1570年には20人ほどだった日本人居住者も、17世紀には1500人、最盛期には3000人にもなった。  マニラにはこうした人数が居たなら 日本製武具が現地で製造されていた可能性も有るのかだが
04-07 23:05

https://t.co/pJE4tCW56d >少し補足すると、インドはポルトガルの植民地であり、軍事拠点には多くの兵士を必要としたのだが、特にゴア市には大きな要塞があり、その防衛に日本人奴隷が用いられていたのである。  ゴアでポルトガル人に雇われた日本人傭兵が インド人と戦った例も有るのかだが
04-07 23:13

https://t.co/pJE4tDdGuN >ゴア市から1 人の妻帯者 が、鉄砲と槍を持ったこれら従者7、8 人を従えて出征した。  ゴアでは流石に 日本製の銃は製造されていないだろうから 接近戦ではスペイン製の銃が多用されていた可能性も有るのかだが インドの弓矢が利用された可能性も有るのかだが
04-07 23:17

ゴアの日本兵は鉄砲と槍を持っていたと有るが 槍は西欧製の物以外も有ったのかだが 日本的な柄が容易に製造出来ないなら 袋槍が利用されていた可能性も有るのかだが 日本刀も手に入り難いだろうから インドのシミター的な剣を両手持ちに改造し 利用していた可能性は有るのかどうかだが
04-07 23:22

>またゴアは火薬の原料となる硝石の産地でもあり、かなりの日本人奴隷が採掘に従事させられていたと思われる。そのためゴアでは「一時期白人より日本人が多く居住するような状況であった」というから驚きである。 ゴアでさえ相当数日本人は居ると言う事だろうが 日本製武具は製造されていたのかだが
04-07 23:28

https://t.co/zwRa8pHO5G >当時のゴアの人口は20万人に達し、市内には壮麗な教会や修道院、総督府などの建物が立ち並んで、ヨーロッパの都市にも引けを取らなかったとされる。  ゴアの日本人も20万は兎も角 万単位等で居た可能性は有るのかだが
04-07 23:34

>オランダはゴアを何度も包囲したが、ゴアを陥落させることはできなかった。その後、イギリスがインドに植民地帝国を建設した時も、ポルトガルはゴア、ディーウ、ダマンなどの都市の領有を保持した。  こうした戦いの際もオランダ軍・ポルトガル軍・英軍に日本兵が 相当数居たと言う事なのかだが
04-07 23:36

https://t.co/pJE4tCW56d >日本の平戸商館は、オランダの軍事行動を支える、東南アジア随一の兵站基地と化し、主力商品であった日本の銀とともに、平戸から積み出された軍需物資は、武器・弾薬のほか銅・鉄・木材・食糧・薬品にわたった。
04-07 23:42

>1615年末から翌年2月まで、わずか3ヵ月に出港した三隻の船の積荷目録だけで、日本製の鉄砲120・日本刀223・槍57、鉄丸など銃弾11万斤、火薬用の硫黄8250斤・硝石2225斤などが、平戸からシャム、バンタンに積み出されていた。  ゴアに迄こうした日本製武器は 届いていたのかどうかだが
04-07 23:44

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10759-338e0fe7